二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「小沢の腕力の本質は、カネの力か?」

1票でも多く獲得するために、きめ細かい?活動をしようとすれば、カネの力は不可欠なんでしょうが……

小沢氏、きっと、国民一人ひとりも、自分の野望を実現させるための「駒」としか、考えてないんじゃないのかな?
あんたは、「国民に幸せにしてもらう側」の人間じゃなくて、「国民を幸せにする側」の人間でしょう?

 いいのか、こんな人に、日本の舵取りを任せておいて……

国会議員秘書:「小沢氏秘書が寄付を強要」 経験者証言
 〔毎日新聞 2009年11月19日〕
 民主党の青木愛衆院議員(東京12区)の複数の公設秘書経験者が「小沢一郎幹事長の秘書から、秘書給与の一部を青木氏の政治団体へ寄付するよう強要された」と毎日新聞の取材に証言した。国会議員秘書給与法は、公設秘書への寄付の勧誘や要求を禁じている。

 証言した1人は、青木氏が参院議員だった08年4月から公設秘書に採用された。この元公設秘書によると、採用決定後、小沢氏の政策秘書から、国から支給される秘書給与の一部を青木氏の政治団体に寄付するよう求められた。小沢氏の政策秘書は、青木氏の事務所運営を実質的に取り仕切っていたという。(続く…)

小沢一郎氏への権力一元化
  山崎元のマルチスコープ【第104回】 〔ダイヤモンド・オンライン 2009年11月04日〕
 小沢氏の選挙の方法は、たとえば最近刊行された『小沢選挙に学ぶ 人を動かす力』(野地秩嘉、小塚かおる著、かんき出版)に詳しいが、故田中角栄氏に学んだ、徹底的なドブ板選挙が基本だが、選挙情勢を見つつ、資金の投入先を変えたり、選挙のプロ集団である「小沢秘書軍団」のサポートを付けたりといった、カネとヒトの配分によって、候補者の当落を大きく左右することができる。
 また、選挙は現代では珍しいくらい人間を(特に候補者を)興奮させるイベントであり、そこでの成功体験に小沢氏が関わることで、当選者が小沢信者になることは想像に難くない。「辻立ち50回」や、有権者と触れあって「政策よりも自分を売る」といった「教え」を実践して当選に至るプロセスには、宗教的な感動に近い感情があるのではないか。

 「ブログランキング」 a0037706_1224869.gif

(…記事の続き)
[PR]
# by rabbitfootmh | 2009-11-22 13:05 | 日本の社会問題

「法改正して減った? 脳死ドナー→臓器移植」

だいたい、7月の改正案の採決の経緯が、胡散臭い感じだったし……

それにしても、いったい「どこ」でストップがかかってるんでしょうか?
 臓器移植者やその家族らで作る特定非営利活動法人(NPO法人)「日本移植者協議会」の大久保通方理事長は、「普通では考えられない事態」と空白の長期化に危機感を募らせる。大久保理事長は「臓器提供の意思を示したカードを持っていた脳死者もいたはず。法改正にあたり『いまは積極的にかかわるべきではない』という考えが広がったのではないか」と懸念する。
――大久保氏は、「脳死者の家族が、提供を拒んだ」と言いたいんでしょうか?

臓器提供の数を左右するのは、ドナー側だけでなく、病院の対応にもあるのではないかと思いますが?

臓器移植8カ月ゼロ更新中 法改正で議論高まる影響?
 〔MSN産経ニュース 2009.10.14〕
 脳死臓器移植の実施が2月を最後にパッタリと途絶えている。ゼロの更新はすでに8カ月を超えた。7月に国会で臓器移植法が改正されるにあたり、脳死に関する議論が高まりを見せたことが、かえって移植実施を慎重にさせているとみられている。おりしも10月は臓器移植普及推進月間。移植への理解を求める関係者らの努力が続く。
(つづく…)


a0037706_1240561.gif 「ブログランキング」

 

<記事の続きを読む>
[PR]
# by rabbitfootmh | 2009-10-15 13:41 | 医療/生命倫理

「オバマが社会主義者なら日本のサヨクは超極左?」

アメリカの民主党というのは、「左寄りの右翼」ぐらいのポジションらしいので、社民党などの「ホンモノの社会主義」政党と仲良くできる日本の民主党とは、名前は同じでも、中身は全然違う。

ところが、そのアメリカ民主党の中でも、「極左」に位置するオバマ大統領の演説が、物議をかもしたらしい。

他のメディアの記事では、問題の本質が、もう一つ分からないのだが、下記に引用した記事が、一番「事情」がよく分かった。

つまりは、「社会主義的思想」のオバマ大統領を助けるために、何ができるか考えよう(要するに、大統領の政策に賛成する意見を述べさせる)、という学習活動が、子供たちに「一定の偏向した思想を押しつける政治活動である」と解釈された――ということらしい。

アメリカの思想・信条の自由を守る気概は「ここまでやるのか?」と驚くと同時に、日本の「二大政党制」が、いかに中途半端なものであるかを思い知らされる。

また、教育現場への「政府の介入」ではないが、保護者の思想・信条を問わず、日教組の「自虐史観」教育が幅をきかせている日本の公立学校での偏向教育が、おかしなものであることも、よく分かるのではないだろうか。〔この辺は、韓国も同じような事情を抱えているようです〕

オバマ米大統領、高校の始業式で演説-保守派は「社会主義の押し付け」と反発
〔IBTimes 2009年09月09日〕
 オバマ米大統領は8日、バージニア州アーリントンにある高校の始業式で演説し、生徒たちに勉学に励むように呼び掛けた。

 CNNやインターネットで米全域に放送された同演説で、オバマ大統領は「学校を辞めることは、自身だけでなく国まで諦めること」と強調した。また、経済的な理由で一時的に学校に通えなかった大統領自身の経験を交え、「どんな逆境にいても、学業を辞めてはいけない」と述べた。

 一方、米教育省が演説の発表と同時に米国内の全校に送った「学級活動のメニュー」に「どうすれば大統領を助けることができるかという題で作文を書く」という課題が含まれたことを受け、共和党や保守派は「医療保険改革の正当性を強調するなど、社会主義的な政策を押し付けようとしている」と強く反発していた。
(続く…)



a0037706_20504970.gif 「ブログランキング」

記事の続きを読む…
[PR]
# by rabbitfootmh | 2009-09-23 21:10 | 外交・国際問題

「改めて、“脳死”とは?」

1か月半ぶりの投稿です――生きておりました(^^;


さて、やはり、人間の寿命というものは、物理的な現象一辺倒の現代医学では、解明し尽くせないということではないのでしょうか?

16世紀初頭のフランスの外科医、アンブロワーズ・パレは、自身が外科的な治療を施した後、「神が癒してくださるように」と祈ったそうです。
〔"SELF HELP" by Samuel Smiles, Chapter 5〕

その謙虚さが、今の医学にも必要ではないかと思います。

韓国初・尊厳死判決の女性、自発呼吸で存命
 〔AFP BBNEWS 2009年09月21日 19:22 発信地:ソウル/韓国〕
【9月21日 AFP】韓国初の「尊厳死」を認める判決に従い6月、75歳の脳死状態の女性から生命維持装置が外されたが、約3か月が経過した21日現在も、この女性が自発呼吸で生存していることを、入院先である首都ソウル(Seoul)のセブランス病院(Severance Hospital)が明らかにした。

 女性の生命維持装置が外されたのは6月23日。病院側は当初、装置を外せば女性がすぐに亡くなることを予期していたといい「われわれも驚いている」と発表した。
(続く…)(c)AFP


 =関連ニュース、ブログ記事=

「親子と配偶者」限定 臓器移植、優先提供で合意 厚労省部会委
 〔イザ! 2009.9.16〕
「脳死と臓器移植」
 〔リスクウォッチャー軒猿 2009.9.21〕
脳死・臓器移植は是か非か(記事一覧)
  「脳死患者は有機的統合性を失っていない?」
「脳死に興味を持てないわけ」
 〔「生き方」の探求 2009.9.19〕
「Dr.中川のガンから死生をみつめる:/13 臓器移植法の改正論議」
 〔全てのフコイダインを超えるSOLWEED療法 2009.9.18〕
1985年
 〔Don't Let Me Down 2009-09-26 〕
脳死は「人の死」でよいのか
 〔東京おくりびと 2009/10/11〕


a0037706_14104953.gif 「ブログランキング」
 

記事続き…
[PR]
# by rabbitfootmh | 2009-09-22 12:44 | 医療/生命倫理

「選挙と報道のアヤシイ関係?」



■「たかじんのそこまで言って委員会」
(大阪・読売TV/2009年8月2日放映)

一応、見るんだけど、“ようつべ”で確認したり、友人たちに紹介していたのに…どうやら、最近、読売TVが「著作権法違反」だということで、削除しまくっているようです。

文字情報で残ってるので、こんなの拾いましたけど、誰がしゃべってるのかがぜんぜん分からない(^^;
私自身は、見たんで、だいたい分かってますけど。

あ、あった(笑)
でも、これも時間の問題かなあ…

選挙報道について1
選挙報道について2
選挙報道について3

マニフェストに入れろ1
マニフェストに入れろ2


「ブログランキング」
 
[PR]
# by rabbitfootmh | 2009-08-06 00:15 | メディア

「ピョンヤンでやってみれば?」

「コノヤロー! 話し合うぞ!」という人たちのお仲間ですね(^^ゞ

「餃子とビールがあれば、ピース!」という人たちに訴えるよりも、どうぞ、ピョンヤンへ持って行って、あちらの「将軍様」に訴えて下さい。

先端が曲った主砲に花が咲く-天神にバルーンの「巨大戦車」出現 - 天神経済新聞
2009年6月18日
先端が曲った主砲に花が咲いている巨大戦車が6月17日、イムズ(福岡市中央区天神1)地下2階に登場した。戦車の主砲や機関銃の銃口から花を咲かせたシンボルで、デザインを通じて「ピース」を呼びかけるプロジェクト「リタイアード・ウェポンズ」(東京都港区)が手掛けた。
a0037706_12443319.jpgリタイアード・ウェポンズは、広告プロデューサーの石川淳哉さん、アートディレクターの徳田祐司さんが2005年に立ち上げたピースデザインプロジェクト。グッズのデザイン・販売やイベントなどを通じて、国内外で活動を展開している。

縦約3.2メートル、横約10.3メートルの戦車型バルーンは、東京、ミラノ、ベルリン、ロンドン、京都で展示され、福岡は初上陸。会場では、真ん中に出現した巨大戦車の姿に携帯電話で撮影する買い物客の姿も多く見られる。

a0037706_1241255.jpg併せて、高さ約20メートルのボードに願い事を書いた花型のメッセージカードを貼りつける参加型企画「1万人のピースツリー」も実施。「世界が平和になりますように」「餃子とビール」など、来場者それぞれの「ピース」な言葉を自由につづっている。

石川さんと徳田さんは「この戦車や、ピースツリーに書くメッセージなどが、『平和』を少しでも考えるきっかけになれば」と話す。



「ブログランキング」
 
[PR]
# by rabbitfootmh | 2009-06-19 12:18 | 日本の社会問題

北朝鮮は「ヤクザ」…ブッシュJr.は正しかった(^^)

ブッシュ前大統領の政策に厭きたアメリカ人は、オバマ大統領の「CHANGE!」に期待したけれど、最近、オバマ大統領は、中東を廻り、アラビア語で挨拶をし、『コーラン』の一節を引いて演説したようだが、なんだか「あまりアメリカに手間をとらせないでくれよ」と言っているような感じを受ける。

ブッシュ父子の外交政策が、すべて正しかったとは思わないけれども、少なくとも、日本にとっては、「平和ボケ」のままのんびりしていられたのは、アメリカが「ならず者国家は許さん!」と、「世界の警察」をやっていてくれたからだった。

ところが、オバマ大統領は、アジアといえば、十数億人の消費者を抱える「中国」にしか目が向いておらず、朝鮮半島のことも、「中国がなんとかしてくれるだろう」と、思っているらしい。

  ※続報 米政府、北朝鮮のテロ支援国家再指定を検討=クリントン国務長官
  〔ロイター 2009.6.8 08:18 JST〕

「中国がなんとかして」くれたら、日本はとーーーっても困ることになると思うのだが…。

わが国の麻生首相は、「北朝鮮を、どーしたらいいのか分からん」などとうそぶいていたが、ようやく強気に出ることを覚悟した…らしい(^^;


a0037706_051126.gif 「ブログランキング」
 

北朝鮮への制裁「強めるべき」88%…読売世論調査 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

記事全文を読む…
[PR]
# by rabbitfootmh | 2009-06-07 23:59 | 外交・国際問題

「ハマーが中国へ…米中の蜜月時代の始まり?」

「ハマー」といえば、アメリカの人気ドラマ『CSI マイアミ』のホレイショ・ケインの愛車として有名(?)ですが、バカデカ過ぎだし、燃費は悪そうだし、日本の道路事情には向かないみたいだけど、中国ならOKということか。

これからも、オバマ=アメリカは、自国だけでなく、中国人に対しても「Buy American!」と言い続けるつもりなのでしょうか?

GMのハマー売却先、中国・四川省の重機メーカー
 〔AFPBB 2009年06月03日 発信地:上海/中国〕
経営破たんした米ゼネラル・モーターズ(General Motors、GM)が2日、同社の多目的車(SUV)ブランド「ハマー(Hummer)」売却交渉で、中国重工業メーカー「四川騰中重工機械(Sichuan Tengzhong Heavy Industrial Machinery)」と暫定合意したことが明らかになった。四川騰中も同日、GMとの共同声明で、ハマーの管理部門や販売部門を引き継ぐことを発表した。これにより、米国内の3000人の雇用が守られる見通し。




「ブログランキング」
 

記事のつづきを読む....
[PR]
# by rabbitfootmh | 2009-06-04 15:40 | 外交・国際問題

「“臓器移植推進”に偏向した、産経新聞の情熱はなにゆえ?」

とにかく、「臓器移植」に関する記事が、他紙に比べて多いように思う。
しかも、「臓器移植が受けられず亡くなった幼い子」「可哀そうなこの子の生命を助けてください」という記事、「臓器移植を受けて元気になりました」という、記者個人の思い入れが強い情緒的なコラムもある。

毎日と読売は、反対派・慎重派の意見も、わりあいバランスよく取り上げている。
今月21日日には、「衆院厚生労働委員会の臓器移植小委員会」が開かれているのだが、その中で出された意見を詳しく報じているのは、毎日だけ。
読売も、全体の要旨を伝えているが、朝日と産経は、「開かれました」という事実だけしか報じていない。
 ※この小委員会も、実は「移植ありき」の前提で進められていて、反対派・慎重派の意見は「まあ、参考までに聴かせてください」という感じだったらしいが。

【主張】臓器移植法 ドナー増加を促す改正に
 〔MSN産経ニュース 2009.4.21〕
 長い間たなざらしにされてきた臓器移植法の改正案を成立させようとする機運がやっと盛り上がってきた世界的なドナー(臓器提供者)不足の中で、移植する臓器がなく、命を失う患者が後を絶たない。人の生命にかかわる重要な法案だ。きちんと審議し、一刻も早く実現させるべきだ。
 (中略)
 日本は臓器移植法の施行(平成9年10月)後も脳死ドナーの数が異常に少なく、欧米の移植先進国に頼ってきた。とりわけドナーが15歳以上に限られる子供の場合は渡航移植しか術(すべ)がない。このため国内外から「どこの国でもドナーが足りないのに外国に頼るのはおかしい」との批判が出ていた。
 (中略)
 自分の心臓や肝臓、腎臓などの臓器を死後に無償で提供しようとする善意のドナーと、その臓器がなければ命を失う患者とを結び付けて支えるのが、臓器移植法の本来の姿だろう。ドナーの増加を無理なく促す改正となるように、国会で知恵を絞ってほしい。

いや、だからね…移植先進国も含めて、「世界的なドナー不足」なんだから、日本だけが「異常に少ない」と表現するのも、どうかと思いますけど?
「ドナーの増加を無理なく促す」のも、不可能でしょう。

「欧米の移植先進国に頼ってきた」というのも、15歳未満の子供たちは、欧米へ行ってますけど、大人は中国とか、東南アジアとか中東とか、そういうところで「ヤミ移植」や「臓器売買」に関わっている事例が多いのでしょう?

それから、「生命のリレー」とか「善意のドナー」とか、そういう「美しい表現」もやめてもらえませんかね?
臓器を摘出するお医者さんたちは、心臓が元気に拍動して温かい身体を切り裂いて、臓器を切り取るのは「コワイ」と思います。
「人の生命を助けるために医者をやってるのに、これは、“殺人”になるのではなかろうか?」と、疑問を抱きながら…。

「脳死」状態では、まだ、本当には「死んでいない」のですよ。

そこを、きちんと知らせてくれないと、多くの国民は判断を誤ることになり、将来に禍根を残しますから。
法的に「この状態で線引きする」とか「推進派と反対派の妥協点を 見出す」というような問題ではないのです。


私は、「生きたまま」心臓を切り取られるのは、ぜったいにイヤですから。
そんなことされたら、きっと「化けて出ます」よ…ホントに。



a0037706_145328.gif 「ブログランキング」
[PR]
# by rabbitfootmh | 2009-04-25 23:55 | 医療/生命倫理

「恣意的編集ない」 NHKスペシャルへの抗議に放送総局長

これは、「開き直り」なのか「居直り」なのか…?

総局長さん、あなた自身が「承知していて、それを前提」にしていたつもりでも、映像にした時点で、その「つもり」がぜんぜん違っていたか、最大限NHKに好意的に解釈して、「視聴者が誤解した」ならば、やっぱりそれは、謝罪すべきではないのでしょうか?

MSN産経ニュース
2009.4.22 18:43
 5日に放送された「NHKスペシャル シリーズJAPANデビュー 第1回『アジアの“一等国”』」の放送内容が偏向していたとして、「日本李登輝友の会」(小田村四郎会長)が同局に抗議したことをめぐり、同局の日向英実放送総局長は22日の会見で「台湾の人たちが親日的であることは当然、十分承知していて、それを前提にして伝えた」との認識を示した。

 その上で「番組の趣旨、文脈がある。全要素を平等に個別の番組で伝えねばならないとなると、クリアに物事を申し上げられない。(NHKの)放送全体の中で考えていただきたい。恣意(しい)的に編集することはない」と説明した。

 NHK広報局によると、同番組に対し、21日までに電話やメールなどで1900件を超える反響が同局に寄せられ、「戦前の台湾統治の状況をよく伝えていた」「日本は台湾によいこともしており、一方的に悪いという描き方は納得できない」などがあるという。



「ブログランキング」
 
[PR]
# by rabbitfootmh | 2009-04-22 18:43 | メディア
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite