二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「温泉・・・実は水道水や井戸水だった?」


a0037706_22352422.gif「プラシーボ(偽薬)効果」というのがある。
「これは○○病にたいへん効く薬です」と医者が効能にお墨付きを与えた上で、なんの薬効もない“偽薬”を与えた時に、その病がほんとうに治癒する効果のことだ。

テレビで、伊香保温泉に来ていた宿泊客にインタビューしていたが、ある女性は、「ニュースを聞く前には、なんだか肌がスペスペして温泉が効いてるような気がしてたのに」と、残念そうだった。

確かに、「ウソをつく」のはいけないことだろう。先の白骨温泉の一件がもとの、全国一斉の泉質調査が入らなければ、もしかしたら、このまま「バレずに」やり過ごせたかもしれない。それがどれくらいの程度の“罪”であるのかは、関係者があの世で閻魔様に聞いてもらうしかないだろう。

しかし、「なぜこの時期に?」という疑問が湧いてくる。白骨温泉も、夏休み直前に発覚したために、キャンセルが相次いだという。
今回も、「お盆休み」という、絶好の稼ぎ時を目前にしての発覚であったから、その影響は小さくないはずである。今現在も、やり場のない憤りを感じている人もいるだろう。気まずい雰囲気が漂っている家庭もあるかもしれない。

情報操作・・・言葉そのものにはあまり良い響きは無いが、もし、真実を知らずに伊香保温泉での休暇を十分に楽しんでくることができた後なら、「なあんだ。ヤラレたのか」と、笑い話で済んだのではないか・・・そう思わずにはいられない。

~~~~~~~ ~~~~~~
◆水道水沸かした湯を「温泉」表示 群馬・伊香保温泉
 〔アサヒコム 2004年8月9日 20時53分〕

 群馬県の伊香保温泉(同県伊香保町)で、少なくとも二つの宿泊施設が水道水などを沸かした湯を「温泉」と表示していたことがわかった。同町の関口俊二町長らが9日、記者会見で明らかにして謝罪した。同県は不当景品類及び不当表示防止法違反(不当表示)の疑いもあるとみて、調査を始める。
(以下略)
--- --- --- --- ---
◆井戸水加熱で「温泉」…福岡県「天然の温泉村」に警告
 〔読売新聞 2004年8月9日 21時28分〕

 公正取引委員会は9日、ボイラーで沸かした井戸水を温泉と偽っていたとして、福岡県二丈町の公衆浴場経営会社「天然の温泉村」(鹿田修史社長)に対し、景品表示法(優良誤認)に基づく警告を出した。
 公取委が公衆浴場に警告するのは全国初。
 (以下略)
[PR]
# by rabbitfootmh | 2004-08-10 22:23 | 日本の社会問題

「さまざまな商品を一元管理し、新法で物流を支援」


a0037706_15482254.gifうーーん・・・現在の日本の商品物流は、かなり複雑できめ細やかなシステムになっていると思うので、国交省のこの“たくらみ”は、「支援」になるのか単なる「邪魔」になるのかは、推して知るべし、だと思うのだが・・・。

コンビニやスーパーが商品管理や物流に関して、顧客の多様なニーズに応えるために、どれだけ企業努力を続けているか、国交省のお役人たちは知っているのだろうか? この法案を思いついた言い出しっぺがいったい誰なのかは報じられていないが、呆れてモノも言えない。

もう一つ、この「法案」の目的が、「CO2排出量削減と物流コスト引き下げ」だというから笑ってしまう。もちろん、環境問題の解決のための知恵は、国民上げて出さねばならないとは思うのだが、そのために、結局、国が物流量に限度を設けようということではないか。
「CO2」が排出される元凶は、東京の都心部や京阪神地方の膨大な交通量をさばけない、高速道路施設の貧困さと、高額な高速道路料金を嫌って、一般道路を走る大型トラックが引き起こす渋滞である。これを解決するための最も簡単で、最も効果的な方法は、「高速道路無料化」だと思う。

今さら、「国による一元管理」などという“統制経済”を復活させようという思惑の裏に何があるのか、心あるマスコミ人たちは、ぜひとも調査・取材して日本国民の前にに明らかにしてもらいたいと思う。

~~~~~~~ ~~~~~~

◆さまざまな商品を一元管理 国交省、物流を新法で支援へ
 〔産経Web 2004年8月7日 18時27分〕

 国土交通省は7日、メーカーの枠を超え、飲料や衣料品、日用雑貨などさまざまな商品を一元的に保管・管理して、効率的に小売店へトラック輸送する物流業者を支援するための新法案を、2005年の通常国会に提出する方針を固めた。

 「物流拠点法」(仮称)で、同年9月施行を目指す。地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出量と物流コスト引き下げが狙いで、国交省はそれぞれ2割程度の削減が可能としている。
 (以下略)
[PR]
# by rabbitfootmh | 2004-08-10 15:51 | 日本の社会問題

「クローン猫ビジネス、米でスタート 1匹550万円」


a0037706_10192876.gifクローン羊「ドリー」がイギリスで誕生したのは96年。だが、培養細胞から「生命」が誕生させられたのは、その前年の95年が初めてだったという。

クローン技術は、現在、他人からもらった臓器を移植した際に起きる拒絶反応を回避するものとして注目されている。だが、羊などの高等動物で成功したクローン技術が、人間に応用されることの危険性や生命倫理の問題から、アメリカなど、研究を法的に禁止する国もある。

「脳死」が、「人の死の瞬間は“いつ”であるのか?」という問題を投げかける一方で、「クローン技術」は、「人の生命の始まる瞬間は“いつ”であるのか?」という疑問を、私たちに問い続けている。

SFの世界では、すでに実現しているクローン人間や人造人間の誕生。だが、あまり幸福な姿に描かれることはない。
クローン人間の存在に降りかかるであろう未来像をできるだけ多様に想像し、シュミレートして、もし、どうしても「幸福な未来像」が描けないならば、やはり研究そのものも中断すべきではないかと思う。

~~~~~~~ ~~~~~~
◆クローン猫ビジネス、米でスタート 1匹550万円
 〔読売新聞 2004年8月7日 14時27分〕
--- --- --- --- ---
 ☆クローン胚についての分かりやすい説明が、下記の雑誌に
  掲載されていました。
  『ザ・リバティ』9月号(7月30日発売)
  「人工臓器と再生医療―その現状と未来」
[PR]
# by rabbitfootmh | 2004-08-09 10:25 | 医療/生命倫理

「『小学六年生』に、アダルトサイトにつながる特集記事」


a0037706_22162165.gif 小学館といえば、「ネコ型ロボット」で有名な出版社であり、親世代も、自分自身が読んでいた30年ほど前に出版されていた同じタイトルの雑誌のイメージから「優良雑誌」という思い込みがあるが、一度、自分の子どもたちが買って読んでいる雑誌に、目を通してもらった方が良いと思う。

今回の一件は、「たまたま」?保護者が紹介されていたURLに接続したことから発覚したが、「親より子どもの方がPCの扱いに詳しい」家庭が多いという状況の今、そして、「いちいち調べていられない」ということで放任しているだろう保護者が大半であるだろうことを考えると、子どもを取り巻くネット社会の問題の「氷山の一角」ではないのか、と思われる。

インターネットの世界は、「Web(クモの巣)」という言葉に象徴されるように、今や人間社会の表と裏とにかかわらず、さまざまな場所を一緒くたに結んでいる。インターネットも「道具」であるので、それがすぐに「危険な世界」への入り口になるとは思わない。だが、大人から適切な“関心”
を持たれず、危険な世界へあと何歩かで踏み込もうとしている人間〔大人も子どもも〕にとっては、「悪の世界」へ直結するワナとなるということを、私たちは知っておく必要があると思う。

~~~~~~~ ~~~~~~
◆「小学六年生」にアダルトサイトにつながる特集記事
 〔毎日新聞 2004年8月7日 11時38分〕

 小学館発行の児童向け月刊誌「小学六年生」の最新号(9月号)の特集記事に、出会い系サイトなどにつながるサイトが掲載されていることが分かった。同社は謝罪広告を載せるとかえって子供がつないでしまう可能性があるとして、次号に電子メールに絡んで最近発生した事件などインターネットの危険性を知らせる特集記事を掲載する。
 (中略)
 同誌の赤星一朗編集長は「広告があることは分かっていたが実際にどんなサイトにつながるかまでは調べなかった。認識が甘く反省している」と謝罪している。 【山本建】
[PR]
# by rabbitfootmh | 2004-08-07 22:32 | 日本の社会問題

「中教審が答申、大検見直し“高卒程度認定試験”に」


a0037706_22143216.gif 「共通一次試験(現・大学入試センター試験)」第二期生の筆者としては、大学入試に関する制度の度重なる変更には否定的な立場である。子どもたちを振り回し、無駄なエネルギーを浪費させるような改革は、できるだけ少ない方が良いと思うからだ。

今回、「大検」が見直されるに至った要因には、義務教育ではない高校が、少子化の影響などもあって、ほぼ「全入」状態となりながらも、中退者が増えていることと、いわゆる「不登校児童・生徒」の急増がある。それら、これまで日本では常識であった「用意されたレールに乗ってさえいればゴールまで一直線」だった社会制度から、“途中下車”する人たちに対する救済措置的な「大検改正」である。

つづきを読む....
[PR]
# by rabbitfootmh | 2004-08-06 22:20 | 子育て/教育

「さい帯血ビジネス急増3~子どもの将来に備え保管」


a0037706_2235484.gif非血縁者間の臍(さい)帯血移植は、昨年、骨髄移植とほぼ同じ数になったそうである。
〔血液難病で移植が必要な人は年間約2千人。非血縁者間の臍帯血移植は03年度に695件〕

この記事を読む限りでは、公的バンクは「そもそも移植が必要になる確率は10万人に1人と低い」と、臍帯血の公的保存の緊急性を自ら否定しつつ、「民間企業が少ない“パイ”を奪うのはけしからん」と難クセをつけているような印象を受ける。

ビジネスとは、何らかのニーズがあり、そのニーズに応える能力のある製品やサービスに価値を認めた人たちが金銭対価を支払うことで成り立つシステムのことである。
だから「お金持ちの生命が優先的に救済され、貧乏人が救済の網から漏れるのは不公平である」という共産主義的発想とは相容れない。ビジネス活動そのものは、消費者の経済力とは無関係に成立するものだし、そこに公的な権力(組織)が規制をかけるのはおかしい。

厚労省は「臍帯血ビジネスは、薬事法などの対象外なので、規制はできない」というが、科学や医学の技術革新が日進月歩で進んでいる現在、古い法律の見直しや改正を先延ばしにしていて良いのかという疑問も感じる。指を加えて見ている間に、「医療」の世界に、さまざまな「ビジネス」が入り込んでくることであろう。

~~~~~~~ ~~~~~~
◆さい帯血ビジネス急増 子どもの将来に備え保管
 〔アサヒコム 2004年8月4日 12時19分〕

 赤ちゃんのへその緒から採れるさい帯血を冷凍保存し、将来子ど
もが白血病になった場合に治療に使えるよう保管しておくビジネス
が急成長している。さい帯血移植には出産時に多くの人から集め、
発病して治療が必要な人に提供できるよう一時保存する公的バンク
がある。バンク側は「善意で提供され、必要な人に無料で配分する
社会全体での支え合いが崩れかねない」と懸念する。
 (以下略)
[PR]
# by rabbitfootmh | 2004-08-05 22:47 | 医療/生命倫理

「夏の海外旅行 白い薬はクロ!?」 他


「麻薬密輸で日本人男性起訴(中国)」
「夏の海外旅行 白い薬はクロ!?」
「“自爆”の英単語メモしたら拘束」


a0037706_19903.gifこれらのニュースを聞いて思うことは同じ。「日本人の危機感の無さ」である。ある意味で、みんな“自己チュー”なのだ。街中でケータイ片手に暴走する自転車も、大阪名物・駐車違反も、「自分ひとりくらいならかまわないだろう」という意識の現れであると思う。

1000人に1人の人間が「自分ひとりだけなら」と思っているのならばいいかもしれない。しかし、社会問題が顕在化してくる背景には、半分以上の人間がそう思っているに違いない。

アメリカの徹底したテロ対策は、「自分が軍隊を持たなければ、他国が日本に攻撃を仕掛けることはない」という“信仰”を持っている日本人には、不可解にしか感じられないだろうが、「事故・事件は未然に防ぐことこそ肝要」という意識が、国民一人ひとりや国を守っていることは確かである。

そうした意識を日本人が持っていたならば、兵庫・加古川での陰惨な事件など、起こりはしなかったのではないか・・・そう思わずにはいられない。

~~~~~~~ ~~~~~~

◆ 「軽い気持ちで購入」

 〔毎日新聞 2004年8月3日 13時03分〕

 【北京・大谷麻由美】中国遼寧省大連市で今年4月、40歳代の日本人の男性会社員が微量の合成麻薬MDMAが含まれた錠剤を所持していたとして、大連市税関当局に麻薬密輸容疑で逮捕、起訴されていたことが3日、分かった。日中関係筋によると、男性は先月27日に大連市内で開かれた公判で「バイアグラ(男性用性的不能治療薬)を買うような軽い気持ちで購入した」と話していたという。

 (以下略)
--- --- --- --- ---
◆夏の海外旅行 白い薬はクロ!?
 睡眠薬など麻薬と疑われるトラブル多発

 〔産経新聞・東京朝刊 2004年8月1日〕

 米国本土やハワイなどに入国する際、睡眠薬などを麻薬と疑われるトラブルが多発している。米国の空港では米中枢同時テロ以降、入国審査が厳格になり、抜き打ちで手荷物検査が行われている。このとき、表示がない薬を所持している場合、鎮痛剤や整腸剤でも「麻薬でない」という証明は困難。特に睡眠薬や精神安定剤の一部は米国で麻薬に指定されている。日本旅行医学会では「夏休みでも抜き打ち検査はある。大量の薬や睡眠薬が必要な人は主治医の英文証明書を用意するように」と呼びかけている。
 (以下略)
--- --- --- --- ---
◆「自爆」の英単語メモしたら拘束 米航空機内で邦人客
 〔アサヒコム 2004年8月3日 09時35分〕

 米国シカゴのオヘア空港を離陸しようとしていたユナイテッド航空機内で1日、60代の日本人男性乗客が紙に英語で「Suicide bomb(自爆)」と書いているのを、他の乗客が見つけ、乗務員に通報した。同機は離陸を中止、男性は同空港警察に拘束されたが、新聞にあった言葉の意味を調べようとメモを取っただけだったとわかり、釈放された。
 (以下略)
--- --- --- --- ---
[PR]
# by rabbitfootmh | 2004-08-04 19:13 | 日本の社会問題

「長嶋監督、アテネ断念へ」


a0037706_15465626.gif子どもの頃、「野球大好きオジさん」の父といっしょに、テレビで『巨人の星』を食い入るように見ていた世代には、長嶋さんというのは「永遠の現役選手」というイメージが強い。
最近は日本のプロ野球界がどうなってるのか、選手の名前はおろか、球団名さえもよく分からなくなっている、というのが正直なところ。

そういう野球についての「ど素人」が、このニュースを見聞きして何を思っているのかというと、長嶋ジャパン? オリンピックの主役はいったい誰なんだ?」ということだ。

つづきを読む....
[PR]
# by rabbitfootmh | 2004-08-03 15:54 | 日本の社会問題

「全国唯一のイスラム教徒用鶏肉業者が倒産」


a0037706_0523181.gifこれだけ世界的にさまざまな問題が起きているというのに、イスラム教については、私自身もあいかわらず無知なままである。「事件」が起きること自体は悲しいことであるが、それによって、今まで見過ご
してきたことに気づかされる場合も多い。

何年か前、インドネシアで、日本で有名な化学調味料にイスラム教で許されていない「豚のエキス」が含まれていたことが、大事件になったこともあったが、悪意はなくとも、他国や他民族の宗教や文化・伝統・慣習などに無知であることが、結果的に相手を傷つけたり、または侮辱することになるという視点は、常に目覚めさせておかねばならないであろうと思う。

ユダヤ教も、数千年にわたって伝えられてきている古い教義や文化的伝統を持っているはずだが、少なくとも、進歩的で合理的なアメリカ社会の中で暮らすユダヤ教徒たちが、日々の生活を送ることに不都合を感じているという話も、あまり耳に入っては来ない。〔それも、単に知識が無いからかもしれないが〕

アメリカ社会の中にとけ込み、宗教的伝統を捨てることで、経済的な繁栄を謳歌しているように見えるユダヤの人びとの姿は、複雑な教義を真摯に守り通す生活を続けているイスラムの人びとの目に、「頽廃的」と見えるのだろうか。根強い対立と抗争の原因は、案外そうしたズレの中にあるのかもしれない。

~~~~~~~ ~~~~~~
◆全国唯一のイスラム教徒用鶏肉業者が倒産(熊本)
 〔アサヒコム 2004年8月3日 00時03分〕

 熊本県山鹿市の鶏肉卸売業熊本チキン(深川英一社長)が熊本地裁に民事再生法の適用を申請したことが分かった。負債額は14億8000万円。同社はイスラム教徒(ムスリム)用に処理した「ハラールチキン(認められた鶏肉)」を全国で唯一生産しているが、再建方針によっては切り捨てられる可能性もあり、「もう食べられないのでは」との懸念も出ている。
 (中略)
 ムスリムが食べる牛や鶏などは、アラーに祈りを唱えながら頸動脈(けいどうみゃく)を切断しなければならない。熊本チキンによると、月1万5000羽のハラールチキンを卸しており、「これまで通り生産を続けたい」としているが、流動的だ。
 (以下略)

==参照==
 ※「ハラール食品」(認められた食品)と「ハラーム食品」(許されない食品)
  についてのサイト「イチャのホームページ」
[PR]
# by rabbitfootmh | 2004-08-03 00:58 | その他もろもろ

「虐待察知、医師だけでは限界~うそつく親大半」

a0037706_21274314.gif
休日にスーパーなどへ買い物に出かけると、多くの家族連れと遭遇するが、そんな時必ずといって良いほど耳に入ってくるのは、10歳未満の子どもたちに向けられた“罵声”である。その大声の主は、その子らの若い母親たち。近くで聞くと、まるで私自身が何か咎められているようで、思わず首をすくめてしまうような叱声である。

「幼児虐待」という言葉が、メディアなどを通じて広く知れ渡るようになってきた今、親から子へ向けて発せられる「言葉の暴力」も注目されるようになってきた。マイナス・エネルギーを帯びた言葉が、子どもたちの「心」を蝕んでしまうことが分かってきた。

だが、それと同時に、日本では「躾けの延長」ととらえられがちな、物理的・身体的虐待もかなり多いことが、ようやく専門家の取り組みによって明らかにされてきた。治療にあたる医師でさえ、
「虐待」の有無を判断するには、けっこう日数がかかるという。
乳幼児には、自分自身に起きている“事実”を認識し、周囲に“説明”、“主張”する能力は無い。

親に虐待された乳幼児が「脳死」状態に陥った時、移植医療のために、その親の同意さえあれば、乳幼児の臓器が提供されることが容易になったとしたら、いったい何が起きるのか・・・今、小児科医たちが心に抱く憂いは深いようだ。


 ※「しつけと暴力」
  ▲▽ ゴッゴルな愛欲の解毒場 ▽▲ by うな さん

~~~~~~~ ~~~~~~
◆虐待察知、医師だけでは限界 うそつく親大半 学会調査
 〔アサヒコム 2004年8月1日 10時15分〕

 虐待を受けたと疑われる子どもが脳死状態や重度障害になったケ
ースの大半で、親が医師にうそをついていたことが、日本小児科学
会の全国調査で分かった。親らが虐待を告白した先は医療者よりも
警察の方が多く、医師だけで虐待を見抜くのが難しい実態が浮き彫
りになった。
 (以下略)
--- --- --- --- ---
◆小児救急医療:24時間対応地域センター構想 小児科学会
 〔毎日新聞 2004年8月1日 03時00分〕

 日本小児科学会(会長、衛藤義勝・東京慈恵会医科大教授)は、
小児の救急医療を充実させるため、24時間対応の「地域小児科セ
ンター」(仮称)を全国各地に設置する構想をまとめた。地域の開
業医も診療の応援をするなど協力し、夜間や休日でも小児科の専門
医が救急診療できる体制を整える。
(以下略)
--- --- --- --- ---
[PR]
# by rabbitfootmh | 2004-08-01 21:33 | 医療/生命倫理
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite