二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「“臓器移植推進”に偏向した、産経新聞の情熱はなにゆえ?」

とにかく、「臓器移植」に関する記事が、他紙に比べて多いように思う。
しかも、「臓器移植が受けられず亡くなった幼い子」「可哀そうなこの子の生命を助けてください」という記事、「臓器移植を受けて元気になりました」という、記者個人の思い入れが強い情緒的なコラムもある。

毎日と読売は、反対派・慎重派の意見も、わりあいバランスよく取り上げている。
今月21日日には、「衆院厚生労働委員会の臓器移植小委員会」が開かれているのだが、その中で出された意見を詳しく報じているのは、毎日だけ。
読売も、全体の要旨を伝えているが、朝日と産経は、「開かれました」という事実だけしか報じていない。
 ※この小委員会も、実は「移植ありき」の前提で進められていて、反対派・慎重派の意見は「まあ、参考までに聴かせてください」という感じだったらしいが。

【主張】臓器移植法 ドナー増加を促す改正に
 〔MSN産経ニュース 2009.4.21〕
 長い間たなざらしにされてきた臓器移植法の改正案を成立させようとする機運がやっと盛り上がってきた世界的なドナー(臓器提供者)不足の中で、移植する臓器がなく、命を失う患者が後を絶たない。人の生命にかかわる重要な法案だ。きちんと審議し、一刻も早く実現させるべきだ。
 (中略)
 日本は臓器移植法の施行(平成9年10月)後も脳死ドナーの数が異常に少なく、欧米の移植先進国に頼ってきた。とりわけドナーが15歳以上に限られる子供の場合は渡航移植しか術(すべ)がない。このため国内外から「どこの国でもドナーが足りないのに外国に頼るのはおかしい」との批判が出ていた。
 (中略)
 自分の心臓や肝臓、腎臓などの臓器を死後に無償で提供しようとする善意のドナーと、その臓器がなければ命を失う患者とを結び付けて支えるのが、臓器移植法の本来の姿だろう。ドナーの増加を無理なく促す改正となるように、国会で知恵を絞ってほしい。

いや、だからね…移植先進国も含めて、「世界的なドナー不足」なんだから、日本だけが「異常に少ない」と表現するのも、どうかと思いますけど?
「ドナーの増加を無理なく促す」のも、不可能でしょう。

「欧米の移植先進国に頼ってきた」というのも、15歳未満の子供たちは、欧米へ行ってますけど、大人は中国とか、東南アジアとか中東とか、そういうところで「ヤミ移植」や「臓器売買」に関わっている事例が多いのでしょう?

それから、「生命のリレー」とか「善意のドナー」とか、そういう「美しい表現」もやめてもらえませんかね?
臓器を摘出するお医者さんたちは、心臓が元気に拍動して温かい身体を切り裂いて、臓器を切り取るのは「コワイ」と思います。
「人の生命を助けるために医者をやってるのに、これは、“殺人”になるのではなかろうか?」と、疑問を抱きながら…。

「脳死」状態では、まだ、本当には「死んでいない」のですよ。

そこを、きちんと知らせてくれないと、多くの国民は判断を誤ることになり、将来に禍根を残しますから。
法的に「この状態で線引きする」とか「推進派と反対派の妥協点を 見出す」というような問題ではないのです。


私は、「生きたまま」心臓を切り取られるのは、ぜったいにイヤですから。
そんなことされたら、きっと「化けて出ます」よ…ホントに。



a0037706_145328.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2009-04-25 23:55 | 医療/生命倫理

「恣意的編集ない」 NHKスペシャルへの抗議に放送総局長

これは、「開き直り」なのか「居直り」なのか…?

総局長さん、あなた自身が「承知していて、それを前提」にしていたつもりでも、映像にした時点で、その「つもり」がぜんぜん違っていたか、最大限NHKに好意的に解釈して、「視聴者が誤解した」ならば、やっぱりそれは、謝罪すべきではないのでしょうか?

MSN産経ニュース
2009.4.22 18:43
 5日に放送された「NHKスペシャル シリーズJAPANデビュー 第1回『アジアの“一等国”』」の放送内容が偏向していたとして、「日本李登輝友の会」(小田村四郎会長)が同局に抗議したことをめぐり、同局の日向英実放送総局長は22日の会見で「台湾の人たちが親日的であることは当然、十分承知していて、それを前提にして伝えた」との認識を示した。

 その上で「番組の趣旨、文脈がある。全要素を平等に個別の番組で伝えねばならないとなると、クリアに物事を申し上げられない。(NHKの)放送全体の中で考えていただきたい。恣意(しい)的に編集することはない」と説明した。

 NHK広報局によると、同番組に対し、21日までに電話やメールなどで1900件を超える反響が同局に寄せられ、「戦前の台湾統治の状況をよく伝えていた」「日本は台湾によいこともしており、一方的に悪いという描き方は納得できない」などがあるという。



「ブログランキング」
 
[PR]
by rabbitfootmh | 2009-04-22 18:43 | メディア

「民主党では、日本の安全は守れない (T_T)」

まったく…日本の外へ出るのが、コワイですね。

何か起きても、すぐに助けに来てはくれないんですよ。
自衛隊を派遣するかどうか、国会でグダグダと議論するって?

自民党が与党でないと、「憲法9条」を変えることは不可能でしょうから、今のうちになんとかしないと…。

民主党の鉢呂氏という人は、「農業の鉢呂」と言われる御仁で、外交はまったくの門外漢なのだそうですが、旧社会党議員であるため、「与党に断固反対できる」能力を、小沢一郎に買われたとか(苦笑)

民主党は結局、自民党の古色蒼然たる部分と左翼政党が合体した「キメラ」みたいなもんですから、彼らに「新しい日本の未来」を開く展望や手法が具わっているとは、思えませんね。

もちろん、本当に日本のための政治をしたい、という賢明な議員さんもいるのでしょうが、トップの面々がアレではねぇ(^^;


与党、国会事前承認に応じず 海賊法案21日修正協議入り
 〔47NEWS 2009/04/19 17:22〕
 与党と民主、国民新両党は19日、ソマリア沖などでの海賊対策のため自衛隊派遣を随時可能にする海賊対処法案について、21日から修正協議に入ることを決めた。(中略)
 民主党の鉢呂吉雄「次の内閣」外相はNHK番組で「事前承認は必要。他の野党とも連携し与党と修正協議をする」と表明した。自民党外交調査会長を務める山崎拓前副総裁は「事前承認は無理」と指摘。公明党の山口那津男政調会長も「ねじれ国会の状況下で国会の事前承認に委ねられると非常に不安定な制度になる」と難色を示した。

 海賊対処の主体については鉢呂氏が「一時的に海上保安庁の装備が足りなければ自衛隊派遣も必要だが基本的には海保だ」と主張。与党側は「自衛隊を活用する以外に対応できない」(山崎氏)と反論した。 【共同通信】 (記事抜粋)



a0037706_2315356.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2009-04-19 22:28 | 外交・国際問題

売国奴NHKの洗脳番組 「150年前世界デビュー JAPANの軌跡」

4月5日、たまたまチャンネルを合わせたNHK総合チャンネルで、「150年前世界デビューした JAPANの軌跡」という、スペシャル番組をやっていたので、イヤな予感を抱きつつも見た。

イヤな予感は的中しました。

5日の特集第一回目は、「アジアの“一等国”」のタイトルで、「台湾統治」の話ですが、これが、「日本が第二次世界大戦へと転がり落ちてゆく始まりであった」みたいなナレーションが、冒頭に流れたのです。
(すいません、冒頭5分ほどは、録画し損なったため、うろ覚えです)

で、日本の学校教育を受けた台湾の年配の人たちに街頭インタビューする画が流れると、10人ばかりの人たちが一つのマイクに群がるようにして集まり、日本ではパチンコ屋でしか聞くことのできない『軍艦マーチ』を朗々と歌い、「教育勅語は今でも全部暗唱できるよ! 朕惟フニ…」、「私は日本国民でした。日本軍の兵士でした」と誇らしげに(と私には見えましたが)しゃべっていました。

今、70歳以上くらいの人は、90歳を過ぎても、まだ立派な日本語をしゃべっておられますね(というか、中国語では、論理的な話を読み書きできなくなっているのだそうです)。
 あとでご紹介するブログ記事で、「台湾語には書き言葉がない」ということを知りました。

ところが、その後、台湾統治(侵略)が、いかに過酷で非人道的であったかを延々と…。
沖縄も、日本が「侵略」して同化した土地だと…。

そりゃあ、100%の人道的配慮による「植民地政策」は無いのでしょうが、この時から、日本は、欧米列強に対して、「自分たちはあなたたちに征服されるような、劣等の弱小国ではない」と必死でアピールしていたということですね。
当時の政府が頑張ったおかけで、日本は、フランス領やイギリス領にならずに済んだのでしょうから。

当時の皇太子、裕仁親王が12日間にわたり、台湾中100箇所を行啓し、台湾の人びとの前に、直接姿をお見せになったそうです。
皇太子とはいえ、病気の大正天皇に代わって、摂政としての公務です。内地人だって、天皇陛下のお姿を直接見ることなんて、できなかった時代でしょう。
イギリスのビクトリア女王が、インドやアフリカでそんなことをしたでしょうか?

日本人からの差別はあったものの、国民学校で日本人といっしょに高等教育を受けられ、日本の公務員になる道が開かれていたというのですから、アメリカの黒人差別とは比べ物にならないほどの好遇でしょう。
「いじめられた」と証言はされていますが、それは、日本人同士でもあるような「いじめ」の部類だと思いました。

でも、台湾の人たちを「天皇の臣民」にしたk が、NHKが一番気に入らないことのようですね。
道教の寺院が、日本の神社に建て替えられたとか、神像が焼かれたとか、同化政策と言いますが、内地でも明治期に廃仏毀釈をやって、戦中は同じ方法で「天皇の臣民」を作っていたんですからね。
外交政策というよりは、神道の「布教」が、民族間の摩擦を引き起こしたということでしょうか。

最後に、冒頭の街頭インタビューに出てきたおじさんたちが怒っていました。
戦後、日本が出ていった後にやってきた蒋介石が、「日本の奴隷」であった台湾のエリートたち数千人を虐殺したが、「私たちは、日本に捨てられた“みなしご”のようなもんだ。“お国”(日本)のために生命を尽くして戦ったのに。日本に帰ったら、若い人たちには分からんだろうが、80歳以上の人たちに、よく言っておいてくれ」と、一生懸命訴えておられました。

が…恐るべし、NHKの演出。
締めくくりには、フランス人の歴史学者が出てきて、「(民族によって優れているとか劣っているというような考え方は誤りであり)、日本はなぜ、他の国々からこのような見方をされるのかを、よく考えなければならない」とのお説教……フランス人に言われたくはない!

そして、局アナの声で「親日とも言われる台湾に、今も残る日本統治の深い傷跡。それは、今後アジアの中で生きてゆく日本が、分かち合わなければならない現実てす。過去と向き合う中から見えてくる未来。150年前に世界にデビューしたJAPANの歴史が私たち一人ひとりの明日を問いかけています…」のナレーション。
映像には、平和な日本の繁華街を歩く若者たちの姿が流れています。

きっと、何も知らない若者たちは、「やっぱり日本人は残虐だ。日本は悪い国なんだ」と洗脳されたことでしょう。

第2回は、5月3日、憲法記念日に、「天皇と憲法」だそうです。
立花隆氏が予告編にチラと出てきました。

「中国電視台・東京支局」のNHKを、なんとかしないといけません。


友人が、下記のブログを紹介してくれました。

番組中に、日本統治時代の「生き証人」の主要人物として登場された台湾人の方が、「プラス・マイナス、50%ずつ話したのに、日本の悪口を言ったところばかり集めて放送された」と、憤っておられる…ということです。

 ◆証言の「断片」のみ放映―台湾の被取材者が怒る反日番組「NHKスペシャル/シリーズ・JAPANデビュー」
 〔ブログ: 台湾は日本の生命線!
実は柯徳三氏は日本で『母国は日本、祖国は台湾』(桜の花出版)と言う本を出版されているが、そこにはこうある。

「今も日本の学校では、台湾のことがきちんと教えられていません。台湾が日本領だったということも、歴史の教科書に書いてはあるけれども、戦争のこともあって、近代史はきちんと教えられていません。教えられるとしたら、日本が悪いことをしたということばかりなわけです。だから、日本人は正しい歴史を直視していないと思います」

「大東亜戦争で、日本人が悪いことをした、悪いことをしたと、一生懸命、何十年も経っても謝っていますが、日本が戦争に突入していかざるを得なかった当時の状況を、日本人はきちんと学ぶ必要があるのです」(記事より抜粋)




a0037706_1381210.gif 「ブログランキング」

 
[PR]
by rabbitfootmh | 2009-04-10 13:09 | メディア

「世の中、お金は余ってる?!」

TBSが、大幅な番組改編をやって、午後6時前から、途中で地方のニュース番組をはさんで、8時までの「ニュースショー」を始めたんだけど……はっきし言って、「ぜんぜん、おもンないワ(面白くないよ)!」です。
だいたい、小林麻耶って、なんだかいつも、「今にも吹き出し笑いしそうな顔」してるので、つい、大まじめなニュース番組だということを忘れてしまいます。
演出も、『報道ステーション』の亜流だし。

おまけに、今まで、晩御飯を食べながら家族と見ていた7時台の番組が、全部8時台へ繰り下げられてしまい、結局、子供は食後にすぐ自室へ入ってしまうし、どれも見なくなってしまいました。

まあでも、NHKのニュースを含め、他局でも見たい番組がないので、ずるずると見ていますが。他局で7時台に見るのは、『ドラえもん』と『クレしん』くらいですかねぇ(苦笑)

それで、2~3日前に、俳優の平岳大さんが、アメリカに金融危機以降の様子を取材に行ったレポートが、面白かったんですよ、けっこう(最初はバカにしてたんだけど)。

で、その中で一番印象に残ったのが、アメリカの「テント村」の取材。
突然失業して、キャンプ用のテントで暮らす人たちと、その支援をしている団体が紹介されていました。
「テント」と言っても、中にベッドや生活必需品が備えられていて、共同の簡易シャワー室もあるものです。

その、「テント村」を開いて、ボランティアで支援している代表のおばあちゃん(美人でした)に、平さんが、「アメリカには、ものすごく高い収入を得ている人たちがいる一方で、こういう辛い暮らしをしている人たちもいる。それについて、どう思うか?」と質問したのです。

日本の「派遣村」でこの質問をしたら、「金持ち許せん!」という反応が出てくるだろうと思うのですが、そのおばあちゃんは、「それがアメリカという国なのよ。それでいいのよ。だって、お金持ちの人たちがいるから、私たちがこういう活動ができるの。豊かな人たちが支援してくれなければ、できないのよ」と、答えたのです。

これ、朝日系だったら、放映されなかったかな?(苦笑)


さて、オバマ大統領は、大企業の幹部の給与をグンと引き下げて、日本の企業並にしようとしていますが、日本にも、使い途の無いお金をいっぱい持っている「大金持ち」はいるのですねえ。
日本でも、もっと「寄付」の文化を根付かせれば、必要なお金が簡単に集まるんじゃないかと思います。
相続税なんかといっしょに、民間への寄付も、税金の控除が受けられるようにすれば、天下りキャリア役人の給料なんかに使われないように、みんな寄付すると思いますけど?

橋下知事の「ファン」が1億寄付 高齢女性、大阪府の再建応援
 〔2009/04/10  【共同通信】〕 

 
a0037706_12261836.gif 「ブログランキング」

記事のつづきを読む....
[PR]
by rabbitfootmh | 2009-04-10 12:27 | 日本の社会問題

「畳の上の水練」

(^_^)この1年半ほど抱えていた「大仕事」が、ようやく一段落しまして、滞っていたブログ更新を再開です。
     また、よろしくお願いします。

   *-*-*-*-*-*-*

この記事を書いている間に、「ホンモノ」が飛んだようで……(◎_◎)

「北朝鮮ミサイル:11時半ごろ発射、迎撃せず 太平洋へ」
  (毎日新聞/Excite エキサイト : 国際ニュース)

 〔2009年4月5日 12時01分〕
 政府は5日午前11時33分、北朝鮮が咸鏡北道(ハムギョンプクド)花台郡(ファデグン)舞水端里(ムスダンリ)のミサイル基地から「人工衛星」として準備していた長距離弾道ミサイルを発射した模様だと発表した。

 発射は11時半ごろで、ミサイルからの落下物は37分ごろ、秋田の西、約280キロの日本海上に1個が落下、もう一つが43分ごろに日本の東、約1270キロの太平洋上に落下したと見られる。落下物への迎撃(破壊措置)は行われなかった。政府は同37分ごろに東北地方から太平洋に通過したと推定している。

  ==以下、最初に書いていた記事です==

やはり、実際に「コト」が起きてみないと、人間はどう反応するか分からないということが判明したわけですね。
 ※畳の上の水練

終わってみれば、担当者が「情報の発信源」を勘違いしたことが発端の「騒ぎ」だったわけですが、万が一にも「危機」が及ぶ可能性を感じて、迅速に行動を取ったということは、評価されても良いのではないでしょうか?
日本人は、「失敗」を過大に受け止めすぎます。
もし、本当に半島からの飛来物であったとしたら、迅速に対処しなければならないのですし、違ったなら、「ああ、違って良かった」でいいではないのでしょうか?


最近、CATVで、アメリカの『CSI(科学捜査班)』の3シリーズにハマってしまい、ずっと観ているのですが、フィクションではありますけれど、あれでは「怪しい人物」を片っ端からしょっ引いていって、指紋、血痕や銃器を使った証拠となる硝煙反応を調べたり、尋問したりして、嫌疑が晴れれば即釈放…の繰り返しです。
それで、容疑者を真犯人に絞る可能性を、証拠を検証して消去法で一つひとつ消し込んでゆくのです。

一つ失敗したり間違えたりしたら、それを確認した上で、次に進めばいいんじゃないかと思うのですが。


日本の犯罪もののドラマでは、たいてい、「鼻の利く」ベテラン刑事とか、天才的な推理力を持った刑事や探偵が、「コイツが犯人に違いない」と、最初から真犯人が分かってしまっているパターンが多いですよね。で、大した証拠も無いのに、ほとんど犯人の「自白」で落としてしまいます。
最初の読み通りに進んで、一件落着…現実には、そんなことはほとんどありえないのでは?(^^;

『CSI』では、クセの強い、個性的な捜査官たちが、それぞれの強みを活かして、チーム力で問題を解決してゆく。人間ならば、間違うことがあるし、弱さゆえに過ちも犯す。それぞれの家族も、それぞれに問題を抱えているし。
アメリカらしいと言えば、アメリカらしい(アメリカ人好み?)なのでしょうか。

一番最近に観た、ベガス編では、主要キャストの警部が、銃撃戦の最中に、一人の巡査を誤って撃って死なせてしまうのですが、そのラストは、なんとも感動的でした。
日本だったら(まあ、銃撃戦そのものもが、ありえない設定なのでしょうが)、辞職とか、マスコミ誘導の「世論」に負けて、懲戒処分?

どっちが、個人として、組織として成長の可能性を秘めているのか、じっくりと考えた方が良いと思います。


◇ 「発射」情報、自衛隊の連絡ミス=政府が陳謝、関係者処分を検討-北ミサイル
 〔時事通信 2009年04月04日 21:24更新〕
 北朝鮮が「人工衛星」と主張する長距離弾道ミサイルに関し、政府が4日昼に発射情報を発表し直後に「誤探知だった」と撤回した問題で、防衛省は同日午後、誤発表は自衛隊内部の情報伝達ミスが原因だったことを明らかにした。河村建夫官房長官は首相官邸で記者団の質問に答え、「国民の皆さんにも心配を掛けたことは率直におわびしたい」と陳謝した。政府はミサイル発射への一連の対応が終わった段階で、詳しい原因を究明するとともに、関係者の処分を検討する方針だ。
記事の続きは↓


a0037706_11563515.gif 「ブログランキング」

つづきを読む....
[PR]
by rabbitfootmh | 2009-04-05 12:07 | 外交・国際問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite