二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「オバマ新大統領は、宗教指導者?」

アメリカ人の多くを魅了し、「英語が苦手」な日本人の多くまで魅了した、オバマ新大統領の演説ですが、「演説集」(CD付)もバカ売れだそうで、しばらく「ブーム」になりそうですね。

確かに、ブッシュ大統領の、ごにょごにょした英語よりは、はっきりと聞き取りやすいし、難しい単語も少ないし(これから、政策論議などし始めると、難しい単語も増えるのでしょうか?)、「嬉しい英語」ではあります(^^)
 Today I say to you that the challenges we face are real. They are serious and they are many. They will not be met easily or in a short span of time. But know this, America: They will be met.

 On this day, we gather because we have chosen hope over fear, unity of purpose over conflict and discord.
  ※meet (困難に)立ち向かう
    conflict 衝突、対立   discord 不一致、不調和

さて、就任演説の内容ですが、かなり理念的なものになっています。
 われわれが立ち向かう挑戦(★)は新しいものかもしれない。われわれが立ち向かう手段も新しいかもしれない。しかし、われわれの成功は誠実、勤勉、勇気、公正、寛容、好奇心、忠誠と愛国心といった価値観にかかっている。これらは昔から変わらない真実だ。これらは歴史を通じて、進歩を遂げるための静かな力となってきた。求められているのはこれらの真実に立ち返ることだ。
  ★challenges 「難題、困難」という意味の訳もあり
政治指導者というよりは、宗教カリスマって感じですね。

【オバマ大統領就任演説全文(1)】世界は変わった。われわれも変わらねば
 〔MSN産経ニュース 2009.1.22〕
 われわれの旅は続いている。われわれは依然として地球においてもっとも栄えた力強い国である。われわれの労働者は、この危機が始まったときより生産性が低いわけではない。独創性が少ないわけではない。米国のモノとサービスは先週にも先月にも昨年にも劣ることなく求められている。われわれの能力は変わらない。しかし、現状を維持し、限られた利益を守り好まない決定を先送りするときは終わった。きょう、われわれは起き上がり、ほこりをはらい、米国再生の仕事を再び始めなければならない。
【オバマ大統領就任演説全文(2)】ありがとう。みなさんに神の祝福を
 〔MSN産経ニュース 2009.1.22〕
 われわれは自分たちの生き方について謝ることはしないし、それを守ることに躊躇(ちゅうちょ)はしない。テロを起こし、罪のない人々を殺して目的を達成しようとする人たちに告げよう。われわれの精神はより強く打ち砕かれることはない。われわれはあなたがたを打ち破るだろう。
オバマ大統領就任演説全文(英文) Remarks of President Barack Obama
 〔MSN産経ニュース(国際) 2009.1.21〕

オバマ支える、27歳スピーチライターの素顔
 〔MSN産経ニュース 2009.1.22〕
 オバマ米大統領とともにホワイトハウス入りした青年がいる。20日の就任演説など一連の演説原稿を二人三脚でまとめたジョン・ファブロー氏。新大統領の主任ライターを務める童顔の27歳も、オバマ氏の弁舌に魅せられた一人だ。

 マサチューセッツ州の私大ホーリー・クロス大を卒業後、2004年大統領選に出馬したジョン・ケリー民主党上院議員の演説草稿に携わった。ケリー氏が落選し、脚本家を目指していたファブロー氏は政界から離れる心づもりだった。

 「陰口や中傷を経験し、政治に対する理想主義や熱意が砕け散った」。こう米誌ニューズウィークに語るファブロー氏のもとに、上院議員に当選したばかりのオバマ陣営から電話がかかってきた。「スピーチライターを探しているんだ」。

 2人は同年夏の民主党大会で会っていた。「リズミカルに直した方がいい」といって基調演説の練習を遮ってきた丸刈りの青年をオバマ氏は覚えていた。ファブロー氏も、自分の人生を語ったオバマ氏の演説を「党や国について、今まで触れられていなかった部分に踏み込んだ」と評価していた。
使われている言葉は、オバマ大統領自らが口にしたものが核になっているそうですが、感動を起こさせる演出を含んだ「シナリオ」でもあるということでしょうか。

アメリカ国民の熱狂が冷めず、アメリカが国際社会での「責任」を果たす強さを維持してくれるよう、同盟国・日本の国民の一人としては、願いたいですね。


a0037706_1252571.gif 「ブログランキング」

引用した英文の日本語訳はコチラ ↓
[PR]
by rabbitfootmh | 2009-01-23 12:10 | 外交・国際問題

「なぜビッグ3はダメなのか……“あの人”の分析」

昨年末に、 「米国ビッグスリーは、日本の旧国鉄…なるほど?」 という記事を書いたのだけど、実は、それとおんなじことを、十数年前に指摘してた文章を“発掘”して、かなりびっくりしている。
 少し長いけれど、引用する。
 去る1月7日(’92年)、ブッシュ米国大統領が日本へやって来た。その目的は冷戦後の新世界秩序における日米のグローバル・パートナーシップについて話すためであった、はずだ。
 しかし、僕にとっては不可解な成果を残し、ブッシュ大統領は選挙が待つアメリカへと帰っていったのである。
 今回の来日には多くのアメリカの経済人が同行した。その中でもアメリカ三大自動車メーカーであるGM、フォード、クライスラー(以上の三者をビッグスリーと呼ぶ)の首脳の存在が大きかったようだ。(中略)
 アメリカ側の主張はこんなところだ。
 日本はアメリカでたくさん車を売ってるんだからさ、日本でもアメリカの車をもっとたくさん売ってよね、と。

ここで登場している「ブッシュ大統領」というのは、もちろん、先日ホワイトハウスを去った「ジュニア」の方ではなくて、「シニア」----「パパ・ブッシュ」の方ですね。
会談した日本の首相は、宮澤喜一氏。この翌年(’93年)夏に、自民党は分裂、衆議院総選挙で敗れて、弱小野党が手を組んで、細川護煕政権が誕生しました。
小沢一郎が絡んでたのよね。なんだか、今の日本の政界事情と似ているような気が…。

つづきを読む....
[PR]
by rabbitfootmh | 2009-01-23 09:52 | 日本の社会問題

「マスコミの“支持率”も計ってみたら?」

発言の内容が的確なのか、発言の“TPO”が適切だったのかどうかは、ひとまず置いておくとして…

マスコミが、政治家や官僚などの発言を、いちいち「失言」だの「暴言」だのと叩いて、「弱者保護」・「人権尊重」の立場と対立する意見を、一切封じ込めてしまうような風潮は、困りものだと思う。

特に、政治家の場合は(最近は、官僚でも処分されるケースが出てきてはいるけれども)、マスコミに作られた負のイメージによって、次の選挙で議員生命を断たれることもあるから、正論であっても、発言するにはかなりの勇気が要る。

また、近ごろは、割合と小さな会合や会食の場での、“非公式な”発言が、関係者のリークなどで(?)マスコミに流され、揚げ足取りをされることも多いような気がする。

こうして、どんどん政治の力が弱体化してゆくと、日本の国自体が、シロアリに食われた家のように、見えないところで腐っていって、気づいた時には崩壊…という、恐ろしいことになるのではないかと、心配である。

家の柱を食い尽くしたシロアリは、また別の家に引っ越ししてゆけばよいだろうが、日本という国の体を食い尽くすマスコミは、瓦解した日本の国の下敷きになって、自らも滅ぶ運命だということが、まだ分からないんだろうか?

もう一つ言えば、そんな「おバカ・マスコミ」が吹かせる「お上を倒せ!」という追い風に乗って、「政権奪取」などという時代錯誤的な政治活動をしている民主党も、いざ、自分たちが政権を握った時に、今の自民党と同じ目に遭うだろうことを予想し、覚悟していないのではないか、ということも、ご心配申し上げているところである。

野党各党が更迭要求 坂本総務政務官発言で
 〔47News 2009/01/06 17:27〕
 野党各党は6日、年越し派遣村をめぐる自らの発言を撤回、謝罪した坂本哲志総務政務官について「人の心を傷つけた発言は、撤回して済むものではない」(民主党の鳩山由紀夫幹事長)として政府側に対して一斉に更迭を求めた。鳩山邦夫総務相は記者団に「(批判を)真摯に受け止め反省しているから問題ない」と辞任の必要性を否定したが、麻生太郎首相は新たな難題を抱え込んだといえる。

 鳩山幹事長は、国会内で記者団に「野党4党が一致して行動し、早期の罷免を求める」と強調。共産党の市田忠義書記局長は「自公政権が進めた雇用政策への反省がまったくない。政務官の資格はない」と反発した。

 社民党の福島瑞穂党首も「懸命に生きている人に対する許し難い侮辱だ」と指摘し、国民新党の亀井久興幹事長は「発言に責任を感じているなら自ら辞任するべきだ」と述べた。
【共同通信】

派遣村「真面目な人なのか」発言 ネットでは擁護論目立つ
 〔J-CASTニュース 2009年1月6日 19時47分(Excite エキサイト)〕



a0037706_191135.gif 「ブログランキング」
 
 

関連ニュース…
[PR]
by rabbitfootmh | 2009-01-05 23:57 | メディア
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite