二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「健全な動機に基づく、正しい方向への努力は報いられる」

「第三の道」を考えて見ましょう・・・という声が、日本ではなかなか出てこない。
出てきているのかもしれないけど、それを、マスゴミは無視しているのか、気づかないのか、取り上げないんでしょうね。

白か黒か、右か左か・・・人間の世界って、そんなに単純なものではないし、Aさんには「正解」でも、Bさんには「間違い」という場合もあるし。

「頑張れば夢かなうは幻想、傲慢」 山田太一発言ネットで大反響
 〔J-CASTニュース 22208/02/17〕
「頑張れば夢はかなう」とは良く聞く言葉だが、脚本家で作家の山田太一さんが雑誌のインタビューで「(これは)傲慢だと思っている」「頑張れば何でもできると思うのは幻想だ」などと発言したことが大反響を呼んでいる。インターネット上でも「その通り」という意見から「頑張らなければそこでおしまいだ」という意見まで様々だ。
山田太一さんのインタビューが掲載されたのは2008年2月19日号の『日経ビジネス アソシエ』。「あれもこれもやろうとしているビジネスパーソン」にむけたメッセージ、らしい。(特集のテーマが『できる人の「しないことリスト」』ということで、それにそったインタビューだったわけね )

「J-CASTニュース」が引用している部分を、さらに転載(笑)すると・・・
 『あきらめるな』とよく言います。だから誰でもあきらめさえしなければ夢がかなうような気がしてきますが、そんなことはあまりない。頑張れば何でもできると思うのは幻想だと僕は思う。成功した人にインタビューするからそうなるのであって、失敗者には誰もインタビューしないじゃないですか。

そんなにうまくいかないのが普通なんです。その普通がいいんだと思わなければ、挫折感ばかり抱えて心を病んでしまう。

僕は一握りの成功者が『頑張れば夢はかなう』と言うのは傲慢だと思っています。多くの人が前向きに生きるには、可能性のよき断念こそ必要ではないでしょうか。

私は、元の文章全体を読んだわけではないので、ごく一部だけ取り上げても誤解を生むだろうし、「幻想」「傲慢」「可能性のよき断念」という言葉に、山田太一氏が、自らの長い人生の中でつかんだ、深い意味があるかもしれないし、このインタビュー自体には、あまり深入りしません。

まあ、「固定概念を捨てろ」くらいの意図で、発されたんじゃないかと、推測しますけど(^^;

凡人であっても「頑張れば夢はかなう」の代表格は、『プロジェクトX』かもしれない(笑)
「最近の若者は、我慢ということを知らん」と、お怒りの壮年世代のオジさんたちが多い時代に、「あきらめも大切だ」という山田氏の発言は、禅の「一転語」みたいなものか。
その発言を受けて、「はてな」や「2ちゃん」で、ちょっと盛り上がったらしい。

それにしても・・・たくさんある山田太一脚本のドラマを、『ふぞろいの林檎たち』も含め、私は、ほとんど見たことがない(苦笑)
『藍より青く』(NHK朝ドラ)は、テーマソングはなぜか覚えてるけど、小学4年生だったし、『獅子の時代』(NHK大河)は、菅原文太と加藤剛が出てたのは、おぼろげに覚えてるけど、どんな話だったか、ぜんぜん思い出せない。このあたりから、大河ドラマも見なくなってたかなあ。


ただ、「頑張れば夢は叶うか、否か?」の議論の前に、「夢」とか「頑張る(努力する)こと」や、「成功」の意味や質を、はっきりさせる必要があるのではないかと思う。

成功するコツは、「成功するまで努力を続けること」だという、名言もある。
その際の「努力」は、「正しい方向性をもった努力」でないといけない。

涙ぐましい努力が報われない悲劇
成果を上げるには「正しいモデル」を選択すべし

 〔NBOnline 2008年2月15日 宮田 秀明〕
(記事抜粋)
 間違ったモデルを使った製品は失敗する。間違ったモデルを使った経営も失敗するだろう。モデルは大切なものだ。間違ったモデルをソリューションで何とか使えるものにしようとするのも無駄なことだ。
 (中略)
 幸いたくさんの経験と研究から、正しいモデルを選ぶことができたのだと思う。正しいモデルを選ぶのが、最大の成功要因だ。

 モデルは時代の中で創造されるとともに、時代とともに陳腐化して淘汰される。このことに対しては、常日頃感度を高めていないと、時代に取り残されてしまう。
つまり、「あ、この方向は間違ってるな」と気づいたり、助言されたら、さっと方向転換できるだけの「あきらめの良さ」は必要だと思う。

それから、「不純な動機」からの努力は、自分自身も周囲も不幸にするので、これもダメ。

スマイルズの『自助論』に、「靴下編み機」を発明したウィリアム・リーという人物が登場するが、彼は、熱心に言い寄った自分をふった少女に復讐するために、その機械を必死で発明したのですね。
見習い牧師でありながら、少女の家に足しげく通って言い寄るんだけど、彼女はいつも靴下を編んだり、他の少女たちに教えたりして、「忙しいから」と、リーを追い払う。
「機械でじゃんじゃん編めるようになったら、彼女は失業して困るに違いない」というのが、発明の動機。
スゴイ発明で、フランス王室に重用されたり、後々の織機の開発の原型にもなってゆくんだけど、不運続きで、失意のうちに死んでしまう。

個人的な見解で、無理矢理まとめると・・・
「成功」を素晴らしいものと認めることは大切。
お金持ちになることだけが「成功」ではないけど、成功した結果、お金持ちになることまで忌避する必要はないでしょう。
このあたり、日本人って、すごく嫉妬深いから、たいへんなんだけどね(^^;

自分自身が持って生れた才能に気づき、それを活かす天職を見つけて、正しい方向や方法で努力を続けることが大切。
自分自身も幸福を感じ、世の中に幸福をもたらす貢献のできる「成功」を目指すのがベスト。

・・・こんなところでしょうか?

私自身ですか?
こんなブログをボソボソと続けてるくらいですから、考えたり、文章を書いたりすることは好きだし、死ぬまで一歩でも能力の向上を目指して続けられるかなあ・・・と。
若い頃は、早く親離れしたくて「成功」することを焦っていましたが(苦笑)、まあ、死ぬまでには「何か」残せそうな予感がしてきたところです (^_^)
 
  
a0037706_12134580.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2008-02-20 12:16 | 日本の社会問題

「沖縄・米兵暴行事件 補足」

前項で取り上げた、沖縄の事件について、今日発売の『週刊新潮』が取り上げています。

週刊新潮 2008年2月21日号
 「危ない海兵隊員」とわかっているのに暴行された沖縄「女子中学生」

ハドナット容疑者は、日ごろから、自宅によく女を連れこんでいたらしい。

女子中学生が友人2人と「うろついて」いたのは、午後8時半頃
ハドナット容疑者が、彼女らと出会ったのは、国が「基地」の負担を強いているお詫びにと、全額税金で作った「コザ・ミュージック・タウン」という場所だった。

女子中学生は、自分から「バイクに乗せて!」と声を掛けたという。
ハドナット容疑者が乗っていたのは、ハーレーダビッドソン。
そのまま、ハドナット容疑者の自宅へ連れて行かれ、肉体関係を迫られた中学生は、逃げ出そうとしたがかなわず、スキをみて、男友だちに「助けて」と電話をした。

友人たちと、中学生の曾祖母が沖縄署へ出向いたのが、午後10時過ぎ。
その後、再び電話をかけてきた中学生は、一人でいるところを無事保護された・・・。

今回、被害に遭った女子中学生は、実家のある宜野湾市から、沖縄市の曾祖母のもとに預けられて、中学に通っていたそうで、地元で育った人たちが身にしみて知っている「コザ(沖縄市)の米兵のコワサ」を知らなかったのではないか、と地元の人たちは言っているという。

--- --- --- --- ---

「基地があるから、沖縄がこんな苦しみを受けるのだ」という感情論で、アメリカとの同盟関係を弱めてしまうのは、軍事・外交において自立できていない日本にとって、賢い選択ではないと思うが、「泣き寝入りはしない」という、毅然とした態度を示すことも、日本としては必要だろう。

ただ、国際情勢は、ますます多極化し、日本も、いつまでも「アメリカさんの後ろ」に隠れて、事をやり過ごしてばかりもいられなくなっているので、「では、日本一国として、いかに諸問題に対峙してゆくか?」ということを、自分の頭で考えなければならない時が来ている・・・と自覚しなければならない。

アメリカとの関係はもちろん、中国や韓国・北朝鮮や他のアジア諸国との関係も、日本が主体的に良い方向へ進めて行かなければならない。
いつまでも、「周囲の空気を読んでばかり」では、独立国家として、あまりにも情けない。

 ※「日米地位協定」 外務省HP

 ※「日米地位協定とは」 NHK「週刊こどもニュース」('01.07.07放送)


a0037706_23421128.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2008-02-14 23:45 | 日本の社会問題

[あまりにもタイミングが良すぎる?」

「タイミング」が、良すぎるというか、悪すぎるというか・・・

容疑者は、「暴行」は否認しているのですよね。
罪が確定していない時点で、あまりにも騒ぎ過ぎでは?

少女強姦容疑の米兵「成人だと思った」 沖縄県警に供述
〔アサヒコム 2008年02月13日〕

・・・というか、「母親」の一人としては、中学生の女の子が、夜の10時頃に、“コワイ”アメリカ兵が通りかかるような場所でうろついていたことの方が、気になります。
しかも最初は、声を掛けられて、友だちを置いて、自分からホイホイとバイクに乗ったわけでしょう?

朝日の記事は、事件の経過が詳しく書かれていますけど、友人がケータイに電話したら、ちゃんと自分でそれに応答して、「助けて」と言う余裕があった・・・らしいけど?

岩国市長選 米軍機容認の福田氏初当選 反対の前職破る
 〔アサヒコム 2008年02月10日〕
 在日米軍の再編に伴う厚木基地(神奈川県)から岩国基地(山口県)への空母艦載機部隊移転の是非が争点となった山口県岩国市の出直し市長選が10日投開票され、移転容認派が擁立した前自民党衆院議員の新顔福田良彦氏(37)が接戦の末、移転に反対する前市長、井原勝介氏(57)を破り、初当選した。これで05年秋以降膠着(こうちゃく)していた移転計画が進むのは確実で、当初の国の予定通り14年までに完了する可能性が高まった。

女子中学生に暴行の疑い 米海兵隊員を逮捕
 〔アサヒコム 2008年02月11日〕
 ハドナット容疑者は同日午後8時半ごろ、同県沖縄市で友達2人といた女子生徒に「自宅へ送ってあげる」と声をかけ、バイクで同県北中城村島袋にある同容疑者の自宅に連れて行った。その後、自分の車に乗せて、北谷町に移動。路上に止めた車内で暴行したという。

 心配した友達が午後10時前、女子生徒の携帯に電話をかけたところ、「助けて」と話したため、県警に通報。同10時45分ごろ、女子生徒から友達の母親に「今、逃げてきた」と連絡があり、県警が北谷町北前1丁目で女子中学生を保護した。女子中学生が車の特徴などを覚えていたことから、ハドナット容疑者を割り出した。

米兵暴行事件、普天間移設に暗雲
 〔産経新聞 2008月2月12日〕
 沖縄の米海兵隊員による女子中学生暴行事件を受け、政府が進める在日米軍再編にも暗雲が漂い始めた。普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、政府と沖縄県は移設先となる名護市のキャンプ・シュワブ沿岸部の環境影響評価(アセスメント)調査の月内開始で合意している。ただ、繰り返される同種の事件に対し、政府が抜本的な再発防止策を打てなければ、再び県民世論の反発を受け、移設計画が暗礁に乗り上げる可能性もある。



a0037706_1143734.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2008-02-13 11:05 | 日本の社会問題

「死因不明社会ニッポン」   

『チームバチスタの栄光』の原作者・海堂尊が、『死因不明社会』という書を出したという。
 ※「チーム・バチスタ」の本当の敵は~『死因不明社会』 海堂尊著(評:後藤次美)
  〔NBOnline 2008年1月25日〕

日本の解剖率の低さの主な原因は、「遺族の了承が取りづらいこと。厚労省の怠慢な医療行政」の二つだそうだが、異状死の遺体に対して、遺族の了承を得ずに解剖を執行できる強制力をもっている「監察医制度」が設置されているのは、東京23区、横浜市、名古屋市、大阪市、神戸市の5都市だけ。一方、それ以外の自治体は、異状死の遺体であっても、自治体は解剖の強制力をもっていないのが実情だそうだ。

「犬山市」で、元力士の若者が、集団暴行を受けて亡くなった「出来事」が、「事件」として扱われるようになるまで7ヶ月もかかったのには、そういう事情もあったのだろうか。
(まあ、第一の原因は、警察署の怠慢だと思うけれども。怠慢というより、もっと複雑な裏事情があるのかも・・・と勘繰りたくなる。)

しかも、日本では「火葬」があたりまえで、遺体に残った証拠も消滅してしまう。
元時津風親方も、「こちらで火葬にします」と、親御さんに了解を取ろうとしていた。
 ※「変死体とともに葬られる犯罪」
  ~死因不明国家ニッポンの危険すぎる検視精度と法医学の未来
  〔Newsweek 2008/02/06号

最近、CATVで、アメリカのTVドラマ『CSI(科学捜査班)』のシリーズをときどき見るが、「ここまで分かるのか?!」と驚く。日本の刑事ドラマなど、“ままごと”のように感じる。
もちろん、科学分析の技術だけでは不十分で、鋭い推理力と想像力も必要だが。


「検死」の手法や技術もお粗末だが、状況証拠や人間関係を調べて、きちんと分析し、加害・被害関係をはっきりさせ、適切に対処するのもお粗末。
だから警察も、「自白」を絶対視することになるんだろうと思う。

「いじめと無関係」 白樺高生自殺で校長
 〔北海道新聞 2008/02/08〕
十勝管内芽室町の私立白樺学園高校の男子トイレで六日、一年生の男子生徒(17)が首をつって自殺した問題で、同校の木下修校長は八日、校内で記者会見し、昨年六月に上級生からこの生徒に対し、いじめがあったことを認める一方、このいじめと自殺とは「まったくかかわりない」との見方を示した。

 校長によると、生徒は昨年六月、上級生一人から殴る、けるなどの暴行を受けたが、木下校長は「上級生には死亡した生徒に接触しないよう言って聞かせた。見えないところで接触していたかもしれないが、定期的に観察した結果では接触していなかったので、自殺の直接の原因ではない」と述べた。その上で自殺の原因は「分からない」とした。

北海道の私立高校、校舎内で高1男子が自殺
 〔読売新聞 2008年2月8日〕
 生徒は昨年度、出席日数が足りずに留年。昨年5、6月には、かつての同級生にからかわれたり、殴られたりしていたことがあったという。先月末には、母親が学校に「校外の知人に金をせびられているようだ」と相談。生徒自身も母親に「人生に疲れた」と漏らしていた。


学校内での子供の「自殺」・・・「学校」を選ぶということが、強いメッセージになっていると思うけれども、「関係ない」(校長)って?

こういう「悲劇」を、無くしてしまおうと心から願ってくれる大人が、日本には少なすぎるのか。
前にも書いたかもしれないが、せっかくこの日本に「生れてきてくれた」生命を、大切にしない国に、明るい未来なんか来ないと思う。


a0037706_13292331.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2008-02-09 13:31 | 医療/生命倫理
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite