二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「アニメ関連2題」   

ブログに書くほどのことではないんですが、「王さまの耳はロバの耳!」と、頭の中から出してしまいたかったもので・・・(^^;


その一) 1月14日(月)から始まった『ヤッターマン』第一話を、つい、見てしまった
      のですが、「エキストラ」で、なんと、『ガッチャマン』の大鷲ケンと白鳥ジュンが
      出演しているのを発見してしまいました。

      それにしても、「ドロンジョ様」(小原乃梨子サン)のお声が、30年前と
      変わらず、艶っぽいこと!  「この~スカポンタン!」
      山寺(宏一)サンなら、富山敬サンの後を継いでもらってもOKです(^_^)


その二) ユーキャンのCMで、玉木宏が出てるやつじゃないバージョン・・・ファミレス
     で主婦(?)たちが「何か新しいこと始めたいなー」とおしゃべりしていると、
      突然、隣の席の人がパーテーションの向こうから立ち上がって、ユーキャン
      の通信講座をおすすめするのですが、その人のしゃべりが「アムロ調」で、
     よく見たら、物真似の人じゃなくて「本人」(古谷徹サン)だったので、笑って
     しまいました。

      ついさっき、「ゴクウ」?(野沢雅子サン)パージョンも見てしまった(笑)
 
 
 
a0037706_1103589.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2008-01-28 11:01 | アニメ/芸能

「できれば、お安い公立にしたいのですが・・・」  

「当事者」として、私立中学受験を実体験しました。

朝早くから、大手塾の先生やスタッフが、受験会場の門前に陣取り、「常在戦場!」(H学園)とか、「がんばれ!」(N能研)などと染め抜いた、塾の大きな旗を掲げ、塾生たちと保護者を励まし、試験直前まで注意事項を語りかける様子には、やはり、「ちょっとヘンだよなー・・・」と苦笑してしまいました。(うちはこぢんまりした塾だったもので、旗は無かったです・笑)

今年の受験生(小学6年生)は、小学校入学時に、「ゆとり教育」が一段と進み、うすーーーい、絵と写真ばかりの教科書で勉強してきた子供たちです。

チラチラと、「お受験仲間」から漏れ聞いただけでも、同じ小学校から7~8名の同級生が受験しているということでした(1割ですね)。
公立の小中学校は、それほど荒れているでもなく、比較的のんびりとした地域だと思うのですが、小3~4年生くらいから、子供たちが自主的に受験塾へ通うことも珍しくありません。
ニュースを聞いたり、親の話を聞いたり、ネットで「ゆとり」が差別用語になっているのを見たりして、本人たちも、危機感を持っているのです。
受験直前の1週間は、担任の許可を取って、堂々と学校を休んで塾に行ってますしね。
「こんな時に、学校なんか行ってられるか!」と。

「詰め込み教育=悪」なんてぬるい発想は、「なあにを言ってんだか?」というのが、未来ある子供たちの親の本音です。

国・私立中受験、最多更新へ 大手進学塾、首都圏の推計 公立一貫校は人気
 〔産経新聞 2008年1月23日〕
 (略)・・・・
 独自推計のため数値は異なるが、いずれも前年を上回って数、率ともに過去最多と予想する。

 中学受験事情に詳しい森上教育研究所の森上展安所長は、例年「ゆとり教育」への不安から公立中を敬遠する層の私立駆け込み受験が、今年は景気の先行き不安からほとんどないため、上乗せが少ないとみている。

 早稲田アカデミーの古田信也教務部長は、数年前から公立不信は広まっており、すでに準備を進めていて駆け込み受験が少ないのではないか、という。

大阪は、まだ、公立の上位高校はしっかりしていると思うのですが、中学で「ゆとり」のまま過ごしてしまうと、今年度からの学区の統合で、上位層と下位層の二極化がグンと進んで、上位校に食い込めなくなる恐れも出てきているようです。

それなら、思春期のややこしい頃にキツイ受験をやらせるよりは、親への反抗心もほとんど無く、まだ「春に目覚めてないお年頃」の時に、ちょっとがんばらせて、中高一貫の学校へ入れた方がラクかも・・・と考えるわけです。

うちの子が受験した某中高一貫校は、3回、受験ができるのですが、2日目は、約1000人が受験していました。ダブっている子もいますが、延べで1500人くらい・・・募集枠は200人ですよ(^^; 少子化なんて、ウソでしょう(笑)

それにしても、試験問題が発表されると、熱心にメモを取ったり、カメラやケータイやビデオ(!)で問題を撮ってる親御さんたち・・・帰って、答え合わせでもしてるんでしょうか? なぞです。



a0037706_2243681.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2008-01-24 22:43 | 子育て/教育

「いじめを理由に転校・・・簡単じゃないらしい」   

わが家の娘は、3月で小学校を卒業するのてすが、先日、住所地の役所(大阪市内)から、保護者宛に「ちゃんと中学に通わせてくださいよ」という、通知書が送られてきました。

公式発行の通知書には、B5裏表のワラ半紙(死語?)が添付されてまして、「就学校の変更に係る手続きについて(新入学)」という説明が書いてあります。

まあ、その通知書をもらった後で、引っ越しとか、家の改築などで一時転居する予定があれば、通知されている中学校とは別の学校に変われますよ、という説明が主なんですが、その中の一つに、「いじめ」が原因で、住所地の校区外の学校へ転校を希望する場合、という事項があります。
 <許可事項>
⑤ いじめにより心身の安全が脅かされるような深刻な悩みを持っている児童生徒の転校について、学校長が教育委員会と協議をする必要があると判断した場合
 <許可期限>
当該学年末まで
次年度以降も引き続き必要な場合は年度毎に申請を要する
 <必要な書類等>
教育センター・児童相談所・カウンセラー等の意見書
 <手続き場所>
・就学予定の小学校
・在籍する小学校

<許可事項>の文章の意味がよく分からないのですが・・・

「いじめ」の被害を受けている子供の悩みは、「今ここ」の問題なのに、「学校長が教育委員会と協議をする必要があると判断」するのを待たなければいけない?
校長の考え方に左右されるということ?
で、協議して、「転校はダメ」となったら、ダメなわけ?

そもそも、「いじめられている」子供がいるということは、「いじめている」子供がほかにいるはずですが、「いじめられている」子供だけが、カウンセラーなどの診断?を受けて、「問題あり」という意見書を出してもらって、しかも、1年毎に「こっちの学校に通いたいです」と申請しなければいけないなんて・・・めちゃくちゃ面倒くさいじゃないですか。

その下には、
なお、いじめによる就学校の変更については、
 小学校への就学については指定された就学予定の小学校、
 中学校への就学については現在在籍する小学校、
または、教育委員会中学校教育担当(生活指導)(電話***)にお問い合わせください。

とあります。

学校側が真摯に対応してくれる場合は、手続きがすんなりと進むのでしょうが・・・。

また、枠外に、「許可については当該児童生徒についてのみ認めるものとします。」と但し書きがあるので、もし、兄弟の中で、一人だけ「いじめ」で悩んでいて転校を考えたとしたら、その子だけはOKで、他の兄弟は、今通っている学校に行きなさい、ということですよね。

ちょっとネット検索してみたら、読売オンラインの「教育相談」のページに、ありました。

「いじめがつらく、転校したい」(2006年10月13日 読売新聞)
その回答に、
義務教育の場合(公立学校)、「学区制」が原則だから、転校はあくまでも特別・特殊の場合であるが、できるとのことです。

 まず父母と本人がその学校(担任、校長)にいじめを受けていることを訴え相談する、そして学校が「転校という方法がこのケースの場合一番必要なこと」と考えたら、学校は教育委員会に「転校させたい」と申し出るのだそうです。

 しかしもし学校がとりあってくれなければ、地域の教育委員会に直接に訴えてもいいとのことです。

 しかし「A校に転校したい」というように特定の学校を希望してこれがそのまま実現できるかどうかは微妙です。このことも含めてあなたと、お父さんお母さんとが一致して学校や教育委員会に対して主張できるか、が最も重要です。

とありますので、やはり、すんなりといくものではない・・・ということでしょうね。

大阪府知事に立候補した橋下徹氏が、「究極のいじめ対策は円滑な転校手続き」と言ったそうで、私は、転校が「究極のいじめ対策」だとは思いませんが、モタモタしていては、本当に、切羽詰まった子供たちを救えないのではないか、とも思います。

 ◇橋下氏、自公詣で7時間…大阪府知事選   〔2007年12月19日 スポーツ報知〕

これは私の「想像」ですが、手続きを簡単にして、何らかの理由付けをして転校を希望する子供が増えると面倒だ・・・という、役所側の都合じゃないんでしょうかね。
大阪市は、毎年、「越境入学は法律違反です」(住民票の虚偽申請などのことらしい)という警告文書を配布してます。

学校によって、人気・不人気の差ができて、入学希望者数にバラツキが出るのも、「学校間格差が進む」「差別が広がる」という理由で、学区制を廃止したくないという自治体(教育委員会?)がほとんどでしょうし。

小中学校ではありませんが、大阪府では、今年度から、府立高校の学区が、2つずつ合併されたのですが、うちの該当校区では、大阪市内の地域と、市の東側に隣接するいくつかの市とが一緒になったところ、大阪市外の生徒がドッと大阪市内の学校へ流れ込んできて、競争率がめちゃくちゃ上がってしまったそうです。
トップ校はもちろん、昨年度までは「定員割れ」を起こしていた学校までが、いっぱいになったとか・・・そんなもんなんですよ、人の心理って (^^;


まあ、もう少し、弾力性というか多様性を持たせてはくれまいか、と思う、日本の公教育の現状です。


「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2008-01-17 14:16 | 子育て/教育

「明けまして・・・もう明日は鏡開き?!」     

年末・年始と心身ともにバタバタで、休眠状態でしたが、ようやく、2008年の初投稿です。

とはいえ、学校もすでに始まってますし、明日はもう「鏡開き」だそうです。
 ※せわしない昨今の風潮で、「松の内」も「鏡開き」の日にちも、
   早まっているそうですが → 『常識ぽてち』

で、「鏡開き」ににじつけたようなネタですが、「モチさん」の話題です >^_^<

タキシード、鏡もち…いろんな「ひこにゃん」 全国からうれしい年賀状
 〔東京新聞 2008年1月10日〕
 “ゆるキャラ”の代名詞として、全国的な人気者になった彦根市のキャラクター「ひこにゃん」あてに、続々と年賀状が届いている。9日には100通を超えた。
  (中略)
 うれしそうに目を通しながら「住所が分かる人には、返事を出すから楽しみに待っててにゃん」と話すひこにゃん。ことし6月に開幕する「井伊直弼と開国150年祭」でも、メーンキャラクターを務める。
    ☆ネタ元の記事には、モチさんの写真が載っています
昨年、ブームに乗って「住民登録」したので、ちゃんと届いたそうです。

ところで、ひゃにゃんって、しゃべれたっけ?(^^;

昨年の終わりには、ひこにゃんのキャラクターを創作した「原作者」が何やらゴネて、すったもんだしてましたが、結局は、彦根市が自由に使っていいということになった・・・のよね?

栗原潔のテクノロジー時評Ver2 > ひこにゃんのその後について : ITmedia オルタナティブ・ブログ
[PR]
by rabbitfootmh | 2008-01-10 11:53 | その他もろもろ
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite