二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

「親が高校生の宿題チェック?」  

この英語教師は、故意にそういう教材をえらんだのでしょうか?
それとも、自分が出した宿題の中身をまったく知らずに、生徒に渡したんでしょうか?

それにしても、高校生の子供の宿題を、親がチェックしたのかなあ?(^^;

あるいは、生徒が、夏休み初日からがんばって宿題にとりかかったところ、意味不明だったので、親に「この単語、なに?」と、親にきいたんでしょうか?

わいせつ表現:英会話の宿題に 保護者が指摘…札幌の高校
 〔毎日新聞 2007年7月27日〕
 道立札幌丘珠高校(佐々木茂文校長、生徒数915人)で、1年生に英会話の夏休みの課題として出した参考資料の中にわいせつな表現があり、別の課題と差し替えていたことが27日、分かった。

 同校によると、40代の男性英語教諭が「男女の出会い」をテーマにした英会話の課題を出した。その際、市販されている英会話の本のコピーを参考資料にしたが、その中に「好きな体位は」などの表現があった。教諭は夏休みに入る前日の24日にこの資料を渡したが、翌日、保護者からの指摘で判明。同校は校長のおわび文書とともに別の課題と参考資料を1年生全員に郵送した。
ま、中学生ならともかく、高校生なら、それくらい許容範囲なんでは・・・とも思うんだけど、参考資料全体が、「そういう話題」のものばかりだったとしたら、「問題アリ」かな。

先生だって、人格を疑われるでしょうね(^^;



a0037706_15431194.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-07-29 15:46 | 子育て/教育

「なんで14年間も気がつかへんねん!?」

よほど、友だちづきあいの少ない男性だったんでしょうか?
同じ職場の誰も、その人の「離婚」に気づかなかったなんて・・・(^^;

14年間「言いにくかった」…離婚届けず460万受給
 〔産経イザ! 2007/07/27〕
 14年間にわたり離婚したことを報告せず、計約460万円の扶養手当などを不正に受給していたとして、神戸市は27日、市企画調整局の課長級の男性職員(51)を停職10日の懲戒処分にした。
 男性は「まわりから祝福されて結婚したので言いにくかった。不正受給する意図はなかった。自覚が足りなかった」と話しているという。既に全額返納した。
 市人事課によると、男性は平成2年ごろに結婚。4年9月に離婚したが扶養親族の変更届を提出せず、ことし6月までの2002年9カ月、扶養手当や手当分が反映されたボーナスを受給していた。
 市が全職員の給与を調査し、男性の市県民税に扶養控除がないことに気付き発覚した。
いや、「言いにくかった」とかなんとかいう問題とちゃうでしょ?(苦笑)


a0037706_07212.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-07-27 23:58 | 日本の社会問題

「市場主義、競争、お金・・・もっと成熟した議論ができないのかな?」  

「NBonline」で、ワタミ社長の渡邉美樹氏が、日本の社会や経済を停滞させていると思われる、「社会主義的なもの」について、連載記事で批判と、改善のための提言を述べているのですが、読者のコメントは、賛否両論、侃々諤々・・・状態になってます。
 ※日経BP社刊、渡邉氏の『もう、国には頼らない。 経営力が社会を変える!』の
  宣伝を兼ねた企画のようですけどね(^^;

ただ、今回の記事についている70ほどのコメントをざっと読んでみたのですが、否定的なコメントというのは、どれも似たり寄ったりなんですよね。
「競争」という言葉や「市場(原理)主義」という言葉に、確固たるイメージが張りついていて、その「土俵」から絶対に降りようとしない・・・という感じとでも言いましょうか。

私の考える「市場主義」と「競争」とは~お金の話は汚いですか?
  ワタミ代表取締役社長・CEO 渡邊 美樹氏
 〔NBonline(経営/人>) 2007年7月26日〕
 私は、マスコミの取材などを通じて、公的サービスに関する持論を世間に発信してきました。

 その結果、多くの方々からの賛同や理解を得ることができましたが、一方で手厳しい批判もいただくことになりました。

 批判の中でもとくに目立つのは、「渡邉美樹は、教育も医療も福祉・介護も農業も環境も、公的サービスすべてを市場原理だけで解決しようとする、マーケット至上主義者である」「どんな分野にも競争原理を持ち込んで、弱肉強食の格差社会を生み出そうとしている」という意見です。

 こうした批判をする人たちの一部は、明らかに私の主張を歪め、意図的に曲解し、悪意を持って流布することで自己保身を図ろうとする方々です。彼らには最初から私の真意など理解する気がないわけですから、こちらとしても闘志をかき立てられこそすれ、さらなる説得や説明の必要は感じません。
世の中は、白か黒か、右か左か、上か下か・・・なんて、単純に割り切れるもんではありません。「幸福」「満足」の基準も、個々人それぞれに違います。

今、この時点で「正しい」と思われていることが、十年後に「間違い」と判定されることも無いわけでもありません。 

その時、その時代に合った最善の道を、みんなでいっしょにひたすら考え続けてゆく・・・そういうことではいけないんでしょうか?

※参照記事
「投資に強くなるには・・・」 廣澤知子のやさしいマネー講座 第56回
 〔MONEX マネログ 2007年07月23日〕
 日本では「お金のことを語るのは卑しいこと」という道徳観があり、学校では投資や運用について教えてくれません。そのため大人になって株式などに出会うとギャンブルの一つ、ゲームとして取り組んでしまったりするのです。
 ギャンブルやゲームであれば、失敗すれば懲りてしまいます。つまり止めてしまうことになりますし、堅実なタイプの方であれば、そもそもそうしたギャンブルには手を出すべきでない、と考えてしまいます。
 また、ギャンブルであれば余裕な「遊び金」でするものであると考えて、興味があっても余裕なお金ができるまでは始めないという方もいらっしゃるでしょう。

「ブルドック完勝」のウソ
 本当の勝者はスティール、そしてグリーンメーラーが押し寄せる
 〔NBonline(ニュース>ニュースを斬る) 2007年7月25日〕
NBO------ブルドックの防衛策は、まずブルドックが全株主に新株予約権を無償で割り当て、一般の株主は予約権を普通株式に転換できるけれども、濫用的買収者と見なされたスティールにはそれを認めない。その代わり、予約権をブルドックが現金で買い取るというものでした。

久保利------ブルドックがあの買収防衛策を発動したことで、スティールの持ち株比率は10%程度から3%弱に下がります。けれども、スティールは予約権を約23億円という大金でブルドックに買い取ってもらうことになる。しかも、裁判所のお墨付きまでもらって堂々と胸を張って。

 スティール側から見れば、総額約18億円の投資に対して、リターンが約23億円ですよ。儲けはざっと5億円。儲けたのは誰かと言えば、間違いなくスティールなんですよ。

 要するに、あの買収防衛策はブルドックがスティールに約23億円を支払うことによって、お帰りいただくための仕掛けなんですよ。特定の株主に対して大金を支払うことによって、その株主の影響力を低下させるというものです。問題なのは、こうした行為は企業による特定株主への“利益供与”と見ることができるということです。(久保利英明弁護士)




a0037706_2241042.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-07-27 22:44 | 日本の社会問題

「大統領選挙・・・You Tube で有権者も参加」 

これ、NHK-BSでニュースを流しているのを見ましたが、面白いですね。
有権者が、You Tube で、自分の質問を録画して送り、それに対して候補者たちが討論会で答えるというもの。

老若男女が「質問」を寄せていましたが、日本人もあれくらいの質問を、政治家に浴びせるように投げかけられるようになれば、政治家ももう少しお勉強して、具体的なマニフェストを作れるようになるかもしれませんね。

有権者がユーチューブで大統領候補者に質問 民主党討論会
 〔CNN co.jp 2007.07.24〕
来年の米大統領選で民主党の指名を争っている民主党候補者らに、有権者が動画共有サイト「ユーチューブ」を通じて直接質問する画期的な討論会が、23日夜に当地で行われた。

CNNとユーチューブが連携した初の試み。有権者らは同性婚やイラク政策、教育、大型ハリケーン「カトリーナ」被災地支援における人種問題など、幅広い問題について質問を投げかけた。

ネット動画を利用するどころか、議員候補者が自身のHPを更新することさえ禁じている日本の選挙って、どうなのよ?



a0037706_21125968.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-07-27 21:14 | 外交・国際問題

「記事にちゃんと演者の名前を入れてください」  

能楽関係のニュースを見聞きするときに、いっつも不満なのは、囃子方も含め、役者(能楽師)さんたちのお名前を明らかにしてくれないことです。

「面(おもて)をかけていたら、顔が見えないから、誰がやってても同じじゃないの?」と思っているとしたら、あまりにも不見識ですよ。
同じ曲を舞っても、役者が違えば演じ方はぜんぜん違うのですから。
もちろん、流派が違えば、舞の形も謡い方も異なりますし。

・・・で、能楽師の方は無視してるのに、テレビでよく顔が知られている野村萬斎さんの名前は出すんですね。
いえ、別に萬斎さんが嫌いなわけじゃありませんが(笑)、分かりやすい狂言は取り上げるけど、“難解な”能の方はスルーってこと?

NYのビルの谷間に幽玄の世界 カブキも反響
 〔アサヒコム 2007年07月21日〕
日本の能を野外で披露する薪能が20日、ニューヨークの国連本部近くの広場で行われた。交流団体ジャパン・ソサエティーの創立100周年記念行事で、かがり火代わりの照明に浮かび上がった舞台に、観客は拍手喝采を送った。

 演目は「太閤(たいこう)能」をテーマに、能の愛好者だった豊臣秀吉が自らつくらせた「北条」や、秀吉が舞ったという「井筒」など。野村萬斎が7歳の息子らと演じたユーモアあふれる狂言「井杭(いぐい)」は笑いを誘った。
この記事についてる写真も・・・いったいなんなのか、小さ過ぎてぜんぜんわかりまへん(T_T)
「ワキ正」からの撮影ですね。「井筒」ではないみたいなので、「北条」の方・・・?

あ・・・小鼓方・大倉源次郎先生のブログに、この公演のレポート、「ニューヨーク公演1~5」が出てました(^^)
ああ、例の「水蒸気大噴出事故」の直後だったんですね。

「北条」なんて珍しい曲を・・・と思ったら、シテは、梅若六郎先生なのでした。
演者は、柴田稔先生のブログで紹介されています。


a0037706_22151818.gif
 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-07-23 22:08 | その他もろもろ

「危険察知能力の低下?」  

以前にも出した『14歳の子を持つ親たちへ』(内田樹・名越康文/新潮新書)という本の中で、名越先生が、「大阪の街は、(危険ではない)繁華街と、ホームレスがいっぱいいたり、拳銃の音が鳴ってもおかしくない場所が隣接しているので、身体感覚が鍛えられる」という趣旨のことを言っておられます。「東京は夜でもそんなにアンテナを張ってなくても怖くない」とも。

それは、とってもよく分かります(苦笑)

結婚してからいっとき、「危険な場所」に近いところに住んでいたことがあって、実際に、普段歩いてる道筋で、中国人だかが拳銃をぶっ放した事件とかありましたし、ちょっと昔、ホームレスの暴動があった警察署に用があって(住んでたところの管轄だったから、仕方なく)行った時も、ほんっとに、「空気が冷たい」んですもの・・・(^^;
警察署の玄関の扉は、銀色に輝く金属製のゴツイ仕様だし、長い警棒持ったお巡りさんが、門番で仁王立ちしてるし。

そういう「危険な場所」とか「危険な人物」を察知する感覚だけでなく、自分自身が「危険な状況」にあるかどうかを察知する感覚というか、アンテナを張ってる人が、最近は減ってるような気がしますね。

赤信号で交差点を渡るのは、別に止めやしませんけど、少なくとも左右の確認をしてから渡ってもらえませんかね・・・車を運転してて、右左折するときにコワイ思いをするもんで。

とか、狭い歩道を歩いている時も、自分の背中側に多少なりとも注意を払ってもらえませんかね・・・ど真ん中をふらふら歩かれてると、追い越しにくいですから。

大阪名物「オパチャン自転車のさすべえ」も、私が普通に歩いている時の顔の位置が、あの傘の骨の先っちょとだいたい同じ高さになるんですが、ギリギリですれ違われると、こちらの目に当たりそうでコワイんで、「車間距離」をとってほしいんですけど・・・。

でね、下のようなニュースを見聞きすると、「親はなんで注意せぇへんねん!」と思ってしまうんですよね。

電車が駅に止まれば、ドアが開く。小さい子どもが汗ばんだ手で触れていたら、動くドアにくっついていってしまう危険性がある・・・という予測が、今の若い親たちにはできないんでしょうか?

ほかにも、スーパーやコンビニなんかの出入り口の自動ドア付近で、2~3歳のヨチヨチ歩きの子がウロウロしてたり、幼稚園から小学校低学年くらいの子が、エスカレーターで遊んでたりしても、親はボヤッと見てますからね(というか、自分の用事に気を取られて、子供に降りかかる危険のことなんか、思い浮かばないみたいですけどね)。

で、つい、親が近くに居ようが、「あぶないよー。近寄ったらあんよー」と声を掛けたり、手を出したりしてしまいます。

数日前も、終業式帰りの小2くらいの男の子が2人、近くの運送会社の駐車場の入り口で、進入禁止用のポール(必要な時以外は、地面の下にスポッと降りるタイプ)を、引っぱり出したり、穴に落したりして遊んでいるのを見かけたので、思わず、「危ないよ! 手を挟んだりしたらケガするよ!」と止めたところ、一瞬、キョトンとした顔しましたが、すぐに止めてくれました。

でもって、「話せるオバハン」やと思われたのか、一人の子が「コイツ、そこでプチトマト拾って食べようとしてるねんでぇ!」と話しかけてきました(笑)
まさか、冗談やろうと思いつつ、「道で拾ったもんなんか、食べん方がええで。おなかが痛くなるかもしれへんし」と忠告したのに、その場で「パクッ」・・・えーーーっ??(◎_◎)??

危機意識の無い日本人は、絶滅種になるのかも・・・。

男児の腕が電車ドアの戸袋に挟まれる 大阪で2件発生
 〔アサヒコム 2007年07月22日〕
 22日午後1時10分ごろ、大阪市港区のJR大阪環状線弁天町駅で、停車中の大阪発加茂行きの上り快速電車(6両編成)の乗降用ドアが開いた際、先頭車両に乗っていた男児(4)の左腕がドアの戸袋に挟まった。男児は左腕に軽いけが。
 (中略)
 一方、同日午後8時35分ごろ、同市中央区の地下鉄御堂筋線淀屋橋駅で、到着した千里中央発なかもず行きの下り電車(10両編成)のドアが開いた際、9両目に乗っていた男児(5)の腕がドアの戸袋に挟まれた。男児は周囲の乗客に助けられ、外傷はなかったが、念のため救急車で病院に運ばれた。その際、現場に駆けつけた同駅の職員に、乗客の男性らが「対応が遅い」と腹を立て、左肩を殴るなどした。
「乗客の男性ら」って、その子供の家族じゃない、他人なんでしょうか?
でも、悪いのは、その子供で、地下鉄職員には責任ありませんから・・・(^^;
救急車まで呼んでくれてるんだし・・・ってか、後でイチャモンつけられたら困るから呼んだのでしょうか?

ちなみに、電車のドアの戸袋に腕を挟まれた時は、石けん水を塗って、すべりを良くしてから引っぱり出すらしいですね。



a0037706_9343013.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-07-23 09:30 | 子育て/教育

「無責任な役人たちに寿命を縮められた?」   

「飄々とした好々爺」という雰囲気を漂わせた方でしたが、高松塚古墳の「事件」は、かなりのストレスだったのでしょうか?

なんというか、「本職」とはぜんぜん関係の無い「お役所仕事」で、命をすり減らしてしまわれたのだとしたら、残念というか、もったいないというか・・・。

訃報:河合隼雄さん死去79歳 元文化庁長官
 〔毎日新聞 2007年7月19日〕
 06年8月9日、就任後初めて奈良県明日香村を訪れ、同年4月に発覚した高松塚古墳の国宝壁画損傷事故の非公表問題などを謝罪。同17日に自宅で脳梗塞を起こして入院し、意識が戻らないまま今年1月に任期満了に伴い長官を退職した。

河合先生は、ユング心理学を学ばれた方ですが、その「西洋人の臨床心理」をそのまま日本人に当てはめるのではなく、「日本人向け」のカウンセリングを考え続けておられた方ではないかと思います。

「パーン」のように、お好きなフルートでも吹きながら、天国でのんびりとお過ごし下さい。



a0037706_11223475.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-07-21 11:22 | 日本の社会問題

「主役が誰か分かってない、困った人たち」   

「生徒のテストの点数を上げるための工夫」と表現すれば聞こえはいいが、「その心は」と問えば、「生徒の平均点が上がる→学校全体の評価が上がる→教師の評価が下がらずに済む→教師の能力が問題視されずに済む→定年まで安泰に暮らせて、退職金がきっちりもらえる」と、実に短絡的で姑息で見苦しい自己保身意識のなせるワザである・・・ということだろう。

そんなことは、国民の多くはとっくにお見通しであるはずなのに、「競争をさせては児童・生徒が可哀相」だの「点数を競わせては子供たちの純な心が荒む」だの「偏差値では子どもの個性や能力は計れない」だの、美辞麗句をならべ、それをマスコミが「そーだ、そーだ!」と繰り返し報道するうちに、「あれ? そうなのかな?」と、洗脳されてしまう人もあるのではないか、とちょっと心配になる。

校長ら6人が誤答を合図、事前演習は6校 東京・足立区
 〔アサヒコム 2007年07月16日〕
 東京都足立区が昨春実施した独自の学力テストで、小学校1校が障害児3人を採点からはずしていた問題で、区教委は16日、区内の小中学校109校を調べた結果を発表した。この小学校では校長と教員5人がテスト中に誤答の児童に合図していたほか、前年の問題のコピーを取って事前に練習していたことが新たに確認された。コピーを取っての事前練習は他に4小中学校が行っていた。

 調査によると、テスト中の児童への合図は、採点はずしが最初にわかった小学校1校だけだった。この小学校では校長のほか5人の教員が、考え込んでいたり誤答していたりした児童に対し、問題文をなぞったり指さしたりした。

 校長と副校長は「全校で指示した記憶はない」としているが、管理職の主幹は「学年会で言ったかも知れない」と話しており、「校長らから指示があった」と言う教員もいるという。
この問題が発覚したきっかけは、どうやら、障害児たちのテストの点数を、平均値を算出する際に含めなかったことが知れ渡ったためらしいのだが、うーん・・・誤解を恐れずに言えば、ごく一般の児童・生徒の学習到達度を知るためのテストなのであれば、その中に障害児の点数を含めないというのは、「正しい」のではないかと思う。

この問題については、大阪日日新聞が特集記事を連載している。

問題が発覚した足立区立の某小学校では、テスト本番の3カ月前から、児童に過去問の練習を何度も繰り返させていた。中には、計算問題の答えを暗記してしまった子どもたちもいたそうである。

結果、同小学校の成績順位は、前年の44位から一挙に1位に・・・バレバレですよね(笑)

児童・生徒の「真の実力」を把握したいなら、テスト対策なんかやるのは邪道だし、発想そのものがおかしい。

それぞれの生徒の点数が、その生徒の「能力」のすべてを表すものではない。ただ、その時点での、子どもたちの「理解度」と「習熟度」を表しているだけで、もし、多くの子どもたちの点数が低いなら、「教えている教師の教え方が悪い」ということが分かるわけで、「じゃあ、もっと分かるように教える努力や工夫をしなければ」と、教師が発奮すれば良いだけのこと。

高校生ぐらいになれば、生徒自身の努力や勉強の仕方が成績に出るのだろうけれど、小・中学生の成績の善し悪しの主な要因は、教師の指導の仕方・・・ではないのだろうか?



a0037706_0275337.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-07-20 00:28 | 子育て/教育

「虐待する実の親より、愛情ある養育者」     

「FBIが逮捕」?というのもちょっと驚いたけど、これくらい「児童虐待」を厳罰に処すようにすれば、日本でも、親に虐待されて命を失う子どもの数は、ずいぶんと減るのではないかと思う。

直接の逮捕容疑は「乗務員の業務を妨害したこと」らしいけど、「禁固20年」って、すごいですね(^^;

日本だったら「酔ってて覚えてない」という言い訳が認められそうですが・・・。

機内で自分の子供を「虐待」、酔った38歳母親を逮捕
 〔CNN.co.jp 2007.07.19〕
米連邦捜査局(FBI)は18日、米フロンティア航空機でサンフランシスコからデンバーへ向かっていた38歳の母親が飛行中、自分の子供である2歳と4歳児をたびたび殴打、悪態をつくなどし、乗務員の業務を妨害した疑いで逮捕されたと述べた。幼児虐待の容疑もある。

容疑者は酒に酔っている状態で搭乗、機内で子供への殴打をいさめようとした女性乗務員の足に飲み物をかけ、追い掛けて大声で威嚇するような行動も示していた。

子供はデンバー空港に到着後、親戚に預けられた。

有罪が確定すれば、最大で禁固20年の判決が出る可能性もある。



a0037706_1313976.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-07-19 23:57 | 子育て/教育

「チャイナフリー・・・“安さ”が求められる限り、難しい?」

日本のごく普通のスーパーで売っている商品でも、「中国」が絡んでいないものって、かなり少ないような気がする。

乾物類などでも、「安い!」と思って手に取ると、原材料が「中国産」だったりする。

その上、原材料などの表示が(つまりそれを製造したり販売している企業を)、信頼できるのかが分からなくなるような事例がいろいろと明るみにでてきているので、まさに疑心暗鬼・・・という状況だし。

化学薬品の名前も、丁寧にいくつも並べて記載されているけれども、その薬品が、いったいどういう働きをして、人体に影響があるのか無いのか、すぐには判断できないものも少なくない。

中国製品(中国人)が、世界の市場の信頼を回復できる日は、来るんでしょうかねぇ。

そういえば、少し前にテレビのニュースで見たのですが、日本の河川で、いるはずのない中国のオオサンショウウオが棲息していることが分かってきたらしいです。
中国の本国でも、「保護対象」になっているオオサンショウウオなのに、「珍品」「美容と健康に良い」ということで、秘かに料理の材料にされているとか。
日本にも、「食材」として持ち込まれたものが、自然界に放たれてしまったのでは、という話でした。

そのニュースの中で、中国人の女性が、オオサンショウウオのスープを食べているのですが、「保護生物だろうとなんだろうと、美味しいし健康に良いなら、私は気にせずに食べる」と、あっけらかんとインタビューに答えていたのには、驚くというか、「やっぱり」(笑)というか・・・。

やっぱり、「北京五輪」は、中止にした方がいいんじゃないかと思ってしまいます。

米社、「チャイナフリー」表示へ 中国産への不信受け
 〔CNN.co.jp 2007.07.15〕
中国産食品や製品に対する不信感が世界的に増大するなか、米食品会社、フード・フォー・ヘルス・インターナショナル(本社・ユタ州オレム)はこのほど、商品に中国産の原材料が入っていないことを示す「チャイナフリー」のシールを導入すると発表した。

同社は、自然食品や栄養補助食品(サプリメント)、ペット用食品などを扱っている。「わが社の商品は、有機農産物を米国内で加工、包装している。化学薬品は加えていない」と、同社幹部は強調する。チャイナフリーのシールを付けることで、さらに安全性を印象付けるのが狙いだ。


a0037706_19517.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-07-15 23:55 | 外交・国際問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite