二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧

「死にたくないから、中国産は避ける・・・」     

のんきに信用してたら、日本でもエライことになってますが、中国の非道ぶりは、日本人には想像もできない規模ですから・・・(^^;

最近、食品を買う時は、慎重に「原材料」の表示を確認するようにしていますが、魚介類なんかは、どういうルートで小売店までたどり着いているのか、よく分からないんですよね・・・だから、できるだけ、「安い!」と飛びつきたくなるものは(苦笑)避けるようにしてるんですけど、庶民にはなかなか辛いところですよね。

中国産養殖魚の輸入を規制、大規模な薬物汚染 米FDA
 〔CNN.co.jp 2007.06.29〕
米食品医薬品局(FDA)は28日、ウナギなど中国産の養殖魚5種に大規模な薬物汚染がみられるとして、輸入の規制を発表した。

規制されるのは、ウナギのほか、ナマズ、エビ、バサ(ナマズに似た魚)、デース(コイに似た魚)の5種の養殖魚。FDAは、中国の18業者から輸入した養殖魚5種のうちの15%で、米国が使用を禁止している発がん性のある薬物や食品添加物による汚染が確認されたとしている。



a0037706_16154468.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-06-30 16:10 | 外交・国際問題

「他人事のような記事・・・視聴者や広告主に謝ったの?」 

「約7億1000万円の申告漏れ」の方がデカイことなんじゃないの? 「900万円着服」よりも?

イザ!の記事見出しの「2億円所得隠しも」ってのは、「2億円の所得を誤魔化した」んじゃなくて、「7億1000万円分」がバレて追徴されたのが(重加算税も含めて)2億円」ということなのに、ややこしい書き方ですね。記事にも数字出してないしぃ。

「着服」は個人の犯罪だけど、「申告漏れ(脱税?)」は、企業の信用問題に関わることで、社会への影響が大きいんだから。
トカゲのシッポ切りして、世間様からの組織への批判の目を逸らせようという魂胆か?

フジテレビのニュース番組なんて、ここんところ見たことないけどね(笑)
・・・ってゆーか、フジで見てるのは『IQサプリ』だけ。伊東四朗さんが好きだから(^^)

フジ前報道局長が900万円着服、2億円所得隠しも
 〔産経イザ! 2007/06/29〕
 フジテレビは29日、3年間にわたって会合費を不正請求し、約900万円を着服したとして鈴木哲夫・前報道局長(54)を同日付で懲戒解雇処分にしたと発表した。監督責任者として報道担当の小櫃真佐己常務も3カ月の減俸処分とした。
 フジテレビによると、鈴木前局長は領収書を偽造するなどの手口で、平成16年5月から2年10カ月間にわたって、計153件、約913万円を不正に請求し、着服した。今年3月、東京国税局による税務調査で疑惑が発覚。本人に事情を聴いたところ、不正を認めたため、4月28日付で報道局長の役職を解き、人事局付きとしていた。
 着服した金は私的な飲食費などにあてていたという。すでに全額を返却している。刑事告訴するか否かについて、フジテレビは「検討中」としている


フジTV前報道局長を懲戒解雇、913万円不正流用
 〔読売新聞 2007年6月29日〕
 不正請求は、東京国税局の税務調査で明らかになったもので、同社は、鈴木前局長の私的流用分も含めて2006年3月期までの3年間に約2億円の所得隠しを同国税局から指摘され、追徴課税(更正処分)された。申告漏れ総額は約7億1000万円で、追徴税額は重加算税を含めて約2億3000万円。同社はすでに全額納付した。


a0037706_1674179.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-06-29 23:55 | メディア

「激発物破裂容疑!?・・・そんなん“遊び”とちゃうやろ!」 

「夜回り先生」こと、水谷修さんは、「薬物」中毒の恐ろしさを訴え続け、ライターのガスとかシンナーの吸引から、麻薬へ行ってしまう子供たちは多いとおっしゃっていたように記憶しています。

「遊び」というのは、子供たちが自分のやってることを「軽いもの」と誤認しての呼称なんですから、それを教師やマスコミが同じように使うのは、ニュースを見聞している人たちの認識を誤らせる元ではないのでしょうか?

今回は、「死者」が出なかったものの、屋外でやっているところを見つかったから、室内に籠もってやってしまったのではないかと思われるので、「4日前」に発覚したときに、もっと厳しい処置をすべきだったのでは・・・?

それから、「ガス」と「火」がいっしょになったらどうなるのか、ちゃんと教えてなかったんですか?

中学生、ガス吸引に喫煙か 爆発4日前に補導も 仙台マンション爆発
 〔産経イザ! 2007/06/27〕
 仙台市宮城野区のマンションで14歳の中学3年生男女6人が重軽傷を負った爆発事故で、6人が室内で制汗スプレーなどを吸引、喫煙もしていた可能性が高いことが27日、仙台東署の調べで分かった。

 同署は、シンナー代わりに制汗スプレーなどのガスをポリ袋に入れて吸引する「ガスパン遊び」をしていた際、たばこの火が引火した可能性があるとみて実況見分して調べている。

 生徒らの回復を待ち、激発物破裂容疑で事情を聴く方針。
テレビのニュースで、事件を起こした生徒たちの中学の校長が会見をしてましたけど、「鳩が豆鉄砲を食らった」ような表情してましたね。
 中学校によると、5月ごろ、「スプレーなどを吸う遊びを生徒がしている」との情報があったが、特定の生徒の話ではなかった。このため校長は「(遊びが)まん延しているなどとの認識はなく、調査の必要性を感じなかった」としている。
「???」

「特定の生徒の話」なら「蔓延している」のではないし、「蔓延している」なら「不特定多数の生徒の話」でしょ?(笑)

「悪の芽」は、早く摘み取ってしまいましょうね、先生。
(悪事を犯す生徒を癌細胞のごとく忌み嫌って、学校現場から排除するという意味ではありません)


補足情報
「ガスパン遊び」中高生に拡大 仙台・アパート爆発
 〔河北新報ニュース 2007年06月27日〕
 流行の背景は、シンナーに比べて常習性が低いとされることや、事実上、取り締まる法令が整備されていないことが挙げられる。シンナーはトルエンが毒劇物取締法の指定成分となっているが、指定成分が含まれない制汗スプレー、燃料ガスボンベなどは、吸引しても同法違反には当たらないという。

 青葉区の男子学生(23)は中学時代にガスパン遊びを経験。「クラッとして、その後に気分が高揚した」と振り返る。

 仙台市内の女子高校生(17)は「中三までやっていた。体がポーっと浮いた感じになる。制汗スプレーは吸い込みにくいけど、100円ショップで売っているライター用のボンベは味も良かった」と話す。健康への悪影響はほとんど感じていないという。

 広島県は制汗スプレーの大量万引事件などを機に、ガス吸引の弊害を訴える。同県薬務室は「スプレーはブタンガスが主な成分。吸い込むと酸欠状態となって呼吸停止を引き起こしたり、意識がもうろうとしたりすることがある。健康にも悪影響を与える」と注意を呼び掛けている。
「味もよかった」って・・・(・_・)?



a0037706_23595168.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-06-28 00:07 | 子育て/教育

「13年・・・忘れてしまってますよね」       

そういえば、まだ捕まってなかったんだ・・・という感じですね。

大阪には、オウム(現アーレフ)の道場があって、近隣住民の反対に遭ってはあっちこっちウロウロしてるようなんですけど、あんなの、最初っから犯罪・詐欺集団だと分かってる人はたくさんいたのに、マスコミやマスコミに担がれてワラワラと出てきた学者たち(注)が「宗教」だとか“解説”したばっかりに、生き延びてるんですよね。
 ◇不正受給:オウムの女性信者、詐欺容疑で書類送検/大阪
   〔毎日新聞 2007年6月6日〕


さっさと「破防法」で根絶やしにしてしまえば良かったのに。

オウム情報求めチラシ配り 松本サリン13年で長野県警
 〔47NEWS 2007/06/27〕
 松本サリン事件を風化させないため、長野県警は発生から13年の27日、長野市のJR篠ノ井駅などで、オウム真理教の特別手配容疑者に関する情報提供を求めるチラシを配った。

 午前7時、同駅のコンコースで長野南署員10人が、通勤や通学途中の人々に「情報お願いします」などと呼び掛けながらチラシを手渡した。チラシには逃亡中の高橋克也(49)ら3容疑者の顔写真が掲載してあり「忘れていませんか!」と情報提供を求めている。



a0037706_2335611.gif 「ブログランキング」

つづきを読む....
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-06-27 23:05 | 日本の社会問題

「お上の言説は信用できない、民でやります・・・宣言」

日本の「年間自殺者数」は、9年連続で3万人を超えています。
今年、劇的に状況が変わらなければ、「自殺」という不幸な死因で亡くなる人は、10年間で30万人となります。

まるで、「戦争」でも起きているのかというような数字ではないのでしょうか?
広島・長崎の原爆で亡くなった方が、およそ20万人だとのことです。

自殺の実態調査・民間団体、社会的背景を究明へ
 〔NIKKEI NET 2007/06/27〕
 年間自殺者が9年連続で3万人を超える中、NPO法人「自殺対策支援センター ライフリンク」(東京、清水康之代表)など自殺問題にかかわる民間団体は26日までに、自殺者1000人を対象に、社会的な背景、原因などについて初めての本格的な実態調査を行うことを決めた。早ければ7月にも始める。

 政府が6月にまとめた自殺総合対策大綱は、自殺の社会的背景を含め、実態把握を対策の柱の一つに掲げており、ライフリンクなどは調査を通じ有効な自殺対策や遺族支援につなげたい考え。
今回、その「ライフリンク」の清水代表が、「本格的な実態調査」をしようと考えた動機が、たぶん、ご自身のブログで5月に怒っていることなのだと思うのですが(更新がここで止まっています)。

◆ 「自殺総合対策大綱案の「削減目標」に異議あり」
  〔ライフリンク代表日記 2007年05月02日〕
大綱案の「削減目標」には、次のように記されている。

「平成28年までに、平成17年の自殺死亡率を20%減少させることを目指す。」

つまり、実数に直して単純計算すれば、「10年後までに年間自殺者数を26000人までに減らす」ということである。
これまで国としては、6年前の『健康日本21』では「2010年までに22000人以下」、2年前の『自殺予防に向けての政府の総合的な対策について』では「今後10年間で“急増以前”の水準に戻す(急増直前が97年の自殺者数24391人)」としてきたわけだから、これまでの削減目標と比較して大きく後退したことになる。

同じ大綱案の中で、「自殺は追い込まれた末の死」であり、社会的な取り組みによって防ぐことができるとしているのに、どうしてそうなるのだろうか。。。



また報道によると、内閣府は「10年間で20%減少」の根拠を「自殺対策の先進国の英国やフィンランドにならった」と説明(朝日新聞4月27日)”しているようだが、これは明らかなミスリードである。
 (以下つづく…)
安倍内閣は、どの問題についても、言うことは素晴らしいのだが、それを実行するための知恵と方法論に欠けているのではないんでしょうか?



a0037706_22112324.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-06-27 22:11 | 日本の社会問題

「中年童貞 Vs ハルヒ?」    

格差、格差って・・・コレっぽっちの自助努力もしてみないで、なんでも「時代」とか「社会」とか「制度」に責任をなすりつけてんじゃねぇよっ!・・・と、思わずケリを入れてやりたくなるような感じですねぇ。

・・・いや、読んではいないですけど、これって、結局、フジサンケイの「提灯記事」じゃない。
せっかくなんだから、著者名もちゃんと紹介しておけよなっ!

それにしても、扶桑社新書のカバー・・・趣味悪いよね(^^;


私が「お年頃」だった時代でも(大昔)、女子が「20歳過ぎて処○」だったら、「天然記念物」とか秘かに呼ばれてたんじゃなかったっけ?
それが、40歳過ぎて童貞?! ・・・なんて呼べばいいの? シーラカンス?(苦笑) 

40代の10%?受難の「中年童貞」 34歳“未体験”男性出版
 〔サンケイイザ! 2007/06/25〕
 ■恋愛も厳しい格差社会
 興味深い本が登場した。その名も『中年童貞』(扶桑社新書)-。あからさまなタイトル通り、中年にいたるまで性交渉の経験のない男性の存在と実像を紹介して、中年童貞の生きる道を模索する。著者は34歳で童貞の渡部伸さん。女性との性交渉を望みながら、なぜ中年まで果たせない男性が生まれるのか。個人に起因する問題も大きいだろうが、「恋愛資本主義」に覆われた日本女性の意識にも原因を求めることができそうだ。(桑原聡)
『中年童貞』渡辺伸・著
著者のことは、まだネット世界には、あまり情報が流れてないようです。

そんな中で、一人、大爆笑してしまったブログが----

出版評論~blog版
 「扶桑社新書『中年童貞』&明日はサンシャインクリエイション」
 この本は、「学者が中年童貞について偉そうに語る」本ではなく、中年で童貞である著者自身が語る本です。
 正直、この本に結論とか展望とかはありません!
 最後まで著者は童貞のままです!!(どうも、商業的には、仮想敵は『電波男』っぽい……)

 ただ、「中年童貞の実態」についてはとてもよくわかるし、面白く読めます。エンタメとしても充分楽しめます。データも豊富です。

 私的には、これと『涼宮ハルヒの憂鬱』を合わせて読むことをオススメしたいです。
 いやもう、なぜハルヒがウケたのか、いろんな意味でよくわかりますので。

 というわけで、今日はお仕事します。せっせせっせ。

もう、最近の若者の「恋愛観」とか「人生観」とか、ワケ分からん。

 ※『涼宮ハルヒの憂鬱』(Wikipedia)
 渡部さんは言う。「バブル期の三高の条件では、背は無理でも学歴と収入は努力でカバーできました。いまでは、経済力に加えてセンスや雰囲気、コミュニケーション能力が要求される。これは生来のもので、スキルアップは難しい…。中年童貞の問題は少子化の問題に直接つながっているとも思うのですが、どうでしょう
 〔上記イザ!記事より〕
「コミュニケーション能力は生来のもので、(後天的な)スキルアップは難しい」だって?!


だからアンタは「童貞」のままなんだよっ!

女の気持ちなんかぜんぜん感じも考えもしない、ジコチュー・ワタナベ・ズンイチ御大をお手本にしなさいw

・・・ウソ、ウソ!

スポーツ界の「W王子」をお手本にしてください <<(_ _)>>




a0037706_19281827.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-06-25 19:29 | 日本の社会問題

「トップの“搾取”は共産主義国のお得意?」    

自分の子供を誘拐された親たちが、ネット情報で繋がって広げた行動によって、当局も無視できなくなった・・・という感じですね。
ネット情報が、中国以外の国で「傍受」された、ということもあるかもしれません。

それにしても、「レンガ」ですか・・・レンガ造りの家とか工場?とか、大きな地震が起きたら、コワイですよね。

胡錦涛・政権が頭を抱えた「酷い工場」
 〔NB Online 2007年6月22日〕
 2007年5月27日、洪洞県公安局広勝寺派出所は違法爆発物の取り締まり調査中に、広勝寺鎮曹生村にあるレンガ工場で工員の挙動がおかしいことに気づいた。調べると、このレンガ工場は営業許可証も無ければ、資源許可証も税務登録証も無い家内工業的なレンガ工場で、曹生村の共産党支部書記である王東記の屋敷内にあった。派出所の警官は仲間の応援を得て、速やかにレンガ工場に立ち入り検査を行ったところ、31人の見るも無残な工員たちを発見した。
ところで、この事件が発覚してから、当局がどうしたかというと・・・
 隣接する河南省でも公安庁による同様な作戦が展開されており、6月9日から14日までの6日間で警官延べ3万5000人以上を動員して7500カ所余りで検査を実施し、被害者217人を救出した。
日本の社会保険庁も、これくらいの人手を一斉に動員して、チェックしてもらえないでしょうかね?(苦笑)



a0037706_162431.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-06-25 16:03 | 外交・国際問題

「最先端の科学や医療も、一種の信仰ですが・・・」     

夫が破門された腹いせに、妻が教会の建物に放火しちゃうなんていう信者を抱えているのでは、「まともな宗教」であるとは考えられないんですけどね。

その宗教(の教義、団体・組織)が正しいかどうかは、その果実(信者の言動)を見れば分かる・・・らしいです。

15歳未満、親拒んでも輸血…5学会指針案
 〔読売新聞 2007年6月24日〕
 信仰上の理由で輸血を拒否する「エホバの証人」信者への輸血について、日本輸血・細胞治療学会など関連5学会の合同委員会(座長=大戸斉・福島県立医大教授)は、15歳未満の患者に対しては、信者である親が拒否しても救命を優先して輸血を行うとする指針の素案をまとめた。

 「信教の自由」と「生命の尊重」のどちらを優先するかで悩む医療現場の要請に応えて検討を始め、「自己決定能力が未熟な15歳未満への輸血拒否は、親権の乱用に当たる」と判断した。
「臓器移植ドナー」の改正案でも争点の一つになっているのが、ドナーになれる「年齢」です。

現在、提案されているのが「年齢制限無し、家族の同意のみでドナーにできる」という案と、「現在の15歳以上の年齢制限を12歳以上に引き下げる」という案。
 ※参照 山陽新聞WEB NEWS 特集記事「揺れる移植医療」
  第5部 足踏み 7 二つの改正案 節目の年 行方見えず

「15歳以上」というのは、日本で「遺言書」の有効性が認められる年齢に合わせた基準らしいです。

上記の読売の記事は、こう締めくくられています。
 子どもは社会の宝であり、その命は最優先で守るべきだという考え方が強まっている。新しい指針素案は、そうした流れにも沿った判断といえそうだ。
子供は、産んだ親の「所有物」という発想が、まだまだ強いらしい日本の親子関係ですが、「社会の宝」という発想に切り替えてゆけば、「こうのとりのゆりかご」も許容範囲だと思えますね。



a0037706_13265533.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-06-25 13:29 | 日本の社会問題

「“タレント”なんて議員になって欲しくないんだけど・・・」 

プロレスはあまり知らないので、「大仁田厚」という人が、どういう人物なのかはよく分からないのですが・・・。

国民だって、勉強もせずに右も左も分からないような人たちに、ママゴト政治なんてやってもらいたかぁないんですよ。
「比例代表」なんて、もう、どの政党にも投票したくない気分だしぃ・・・。

だからね、マスコミの皆さん。
あんたらが「○○が立候補!」とか、大騒ぎするのを、まず辞めたらいかが?(笑)

【産経抄】2007年6月24日
 プロレスラーは侠気のある男たちがほとんどだと思っていたらどうやら例外もいるらしい。自民党の大仁田厚参院議員はきのう、7月の参院選出馬とりやめを表明したが、理由を聞いて噴き出してしまった。

 ▼国会の会期延長に伴い、参院選の投票日が1週間延びたことがお気に召さないようだ。
うちの子の小学校では、選挙のスケジュールが迷走するもんで、夏休みの行事日程が決まらず、迷惑被ってるのよね。
いっそのこと、夏休み明けにするとか?



a0037706_1381786.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-06-24 23:58 | 日本の社会問題

「市民ケーン・・・もう一度観てみたい」       

NHKだかで、『市民ケーン』を放映したのは、もうずいぶんと前だと思うのですが、確か、昔にジョディ・フォスターが、「一番好きな映画は?」という質問に「市民ケーン」と答えていたので、「それは名作に違いない」と思って、それ以来放映されるのをずっと待っていて、ようやくのことで観た・・・のですが、その時はよく理解できなかったんですよー。

少し「大人」になった今なら、違う評価ができるかも?


11位以下は、サイトにメンバー登録しなければ、ファイルをダウンロードできないようなんですが・・・。

蛇足ですが、ページを自動翻訳したら、こんなんでてきましたー(^^;

  1市民KANE
  2教父
  3カサブランカ
  4BULL激怒すること
  5雨のSINGIN
  6風と行って
  7アラビアの7ローレンス
  8SCHINDLERのリスト
  9眩暈
  10オズの魔法使い

AFIが選ぶ米国の優れた映画、「市民ケーン」が再び
 〔CNN.co.jp 2007.06.22〕
米国映画協会(AFI)は20日、「最も優れた米映画ベスト100」を発表、トップはオーソン・ウェルズの「市民ケーン」だった。AFIは1998年にも、同様のランキングを発表しており、この時も「市民ケーン」がトップだった。

2位は「ゴッドファーザー」(前回3位)、3位「カサブランカ」(同2位)。

4位は、前回の24位から上昇したマーティン・スコセッシ監督の「レイジング・ブル」が入った。5位はミュージカル「雨に唄えば」(前回10位)。前回4位だった「風と共に去りぬ」は6位に、前回5位だった「アラビアのロレンス」は7位だった。

8位は「シンドラーのリスト」(前回9位)で、9位には前回61位だったヒッチコックのサスペンス「めまい」が入った。10位は「オズの魔法使い」(同6位)
個人的には『風と共に去りぬ』は、あまり好きではありません。なぜなんでしょう? スカーレットは、あまりにもガツガツしてる感じだし、レット・バトラーが、自分のタイプじゃないから・・・というだけかもしれません(笑)



a0037706_13521486.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-06-23 13:27 | アニメ/芸能
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite