二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「また・・・? 父親はどこにいる?」

2LDKなのか3Kなのか・・・産経新聞には母子5人が暮らしていた市営住宅の間取りが掲載されていたけれど、50㎡超くらいの広さではなないだろうか?
  ※読売新聞の記事に、「56㎡」とありました。
そんな部屋の一室で、もはや手がつけられないほど火の手が上がるまで、何も気付かないということがあるんだろうか?

市営住宅で火災 女児2人死亡、男児2人軽傷 京都
 〔アサヒコム 2007年04月22日〕
 22日午前11時5分ごろ、京都市西京区大原野東竹の里町3丁目の市営住宅団地で、61棟最上階の5階の504号室に住む無職中麻澄(なか・ますみ)さん(23)方付近から出火、同室約50平方メートルが全焼し、真下の1室のベランダにあったエアコン室外機が燃えた。中さんの長女真鈴(まりん)ちゃん(3)と次女で生後11カ月の鈴華(すずは)ちゃんが死亡、長男(5)と次男(4)がのどにやけどなどを負って軽いけがをした。西京署は、室内から火が燃え上がったとみて出火原因を調べている。
去年、2歳児を家に置き去りにして、若い母親が友人たちとスノーボードをしに出掛けている間に火事が起き、子供が亡くなるという事件があって、母親を非難する声がけっこう上がっていたけれど、その母子の父親は「別居中」だった。

今回亡くなった子供たちの父親も、ニュースを見聞きする限りでは、その存在が不明。
 
母親は23歳、無職。
子供の年齢は、上から、5歳、4歳、3歳、0歳・・・一番最初の子供は、17歳で身籠もってる計算になるけど、中卒か、高校中退か?

どうやって生活していたんだろう?
どうやって、子育てしていくつもりだったんだろう?


a0037706_12424170.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-04-23 12:45 | 子育て/教育

「関東地方って・・・八王子だけかいな?」

「皆勤賞」が大好きな日本人の意識構造が、感染症を拡大させるのでは・・・東京を中心に、満員電車で、ウィルスが運ばれてしまうのでしょうか。

でも、いくつか「不気味」なニュースもあって、イヤですねえ。

創価大学と北朝鮮・・・不気味ですよね?(^^;

関東ではしかが流行 10代前半や大人に多いのが特徴
 〔アサヒコム 2007年04月18日〕
 東京都や埼玉県など関東地方ではしかが流行していることが、国立感染症研究所感染症情報センターがまとめた定点調査でわかった。例年より流行は早く、人の移動が活発になる連休に向けてさらに広がることが予想されるとして、同センターは緊急情報を出して注意を呼びかけている。

麻疹の流行
 〔blog 飯島医院  2007-03-30〕
都立井草高校(練馬区上石神井2)で20人以上の麻疹が発生し保健所が介入しています。そのほかにもあちこちで発生しており、今週ぱるむでも麻疹の子がまぎれこんできました。幸い熱が下がっていたのと、スタッフがすぐ色素沈着に気づいて隔離したため2次感染は防ぐことが出来ました。今年は全国的にも多いようで、これから夏まで注意が必要です。

創価大学、はしか流行で全校休講
 〔J-CAST ニュース 2007/04/19〕
創価大学(東京都八王子市)は2007年4月18日、学生と職員が、全身の発疹と発熱が特徴の「はしか(麻疹)」に感染したことを受け、大型連休明けまで全授業を休講にする、と発表した。国立感染症研究所も「例年より流行が早い」と注意喚起をした矢先だった。

北朝鮮で「はしか」が流行
 〔朝鮮日報 2007/02/21〕
 北朝鮮全域で「はしか」が流行し、3,000人余の住民が感染。これまでに4人が死亡した、と国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)が19日、明らかにした。

 スイスのジュネーブに本部を置くIFRCによると、昨年11月初めの発病以来、3,000人余の北朝鮮住民がはしかに感染。このうち1,013人が現地の保健当局から治療を受けている、とロイター通信が報じた。IFRCは「発病患者が増え、他地域へ拡散する可能性が高まっている」と話している。

 これに対し、北朝鮮の保健当局は、IFRCや世界保健機関(WHO)などの国際機関に、はしかのワクチン500万人分を支給するよう要請した、とIFRCは付け足した。

シン・ヨングァン記者

朝鮮日報/朝鮮日報JNS



a0037706_14541263.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-04-21 14:54 | 日本の社会問題

「教育行政の適性化と人権侵害」

小中学生が、自主的にそういうこと↓を申し立てるとは思えないので、彼ら・彼女らの周囲の大人がやっているんでしょうが・・・こういう「人権屋さん」とか「過激な競争を煽り立てると人間性が失われる」とかいう人たちは、自分たちが「正義」を振りかざすことで、国が教育現場の実情や子供たちの学力を把握し、それを次に活かしてゆくこと(つまりは、子供たちが幸福になる道を拓くこと)をかえって阻害しているということが、分からないんでしょうかね?

全国学力テストは個人情報の侵害 小中学生が仮処分申請
 〔アサヒコム 2007年04月16日〕
 全国の小学6年生と中学3年生を対象に文部科学省が24日に実施する「全国学力・学習状況調査」はプライバシーの侵害になるとして、京都市と京都府京田辺市在住の児童と生徒計9人が16日、両市に自分たちへの学力調査の取りやめを求める仮処分を京都地裁に申し立てた。代理人の弁護士によると、学力調査の中止を求める裁判は全国初という。
ちなみに、完全週5日制となった「ゆとり元年」・・・2002年(平成14年)に小学校に入学した子が、小学校6年生となって、今回この学力テストを受けることになるんですよ。

うちの娘もその一人です。
先日、学校からプリントが配布されてきました。


※画像をクリックすると拡大されます
a0037706_22145773.jpg
 

*文部科学省HP 「全国的な学力調査について」
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gakuryoku-chousa/index.htm

生活状態に関するアンケート調査ですが、子供たちは「正直に」書くのでしょうか?(^^;
小学生くらいなら・・・でも、中3って年頃は、どうよ?
 


a0037706_22201241.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-04-19 22:20 | 子育て/教育

「時間とお金、労力がかかった社会科見学・・・はぁ?!」

「代理母出産」と「離婚後300日以内」のニュースは、テレビや新聞で見かけるたびに気になりつつ、忙しさにかまけて更新をサボっておりました。

個人的には、「向井さんの言い分」って、よく理解できないんですけど・・・。
「戸籍上(書類上の)養子」とすることと、DNA上の両親が日本人で、本人も日本に住んでいるのに「在日アメリカ人」であることと、どっちが子供たちに理解させやすいでしょうか?
パスポートも、「アメリカ」に発行してもらうわけですよね?

代理出産の向井亜紀さん夫妻が会見 日本国籍取得を断念
 〔アサヒコム 2007年04月11日〕
 男児は米国人として外国人登録し、この春から幼稚園に通い始めている。このため、具体的には、特別養子縁組のうち外国人を養子とする「国際特別養子縁組」が考えられる。この場合、米国法上は実の親の向井さん夫妻が「同意者」になり、同時に申請者にもなるという不自然な形をとって申し立てることを余儀なくされる。
 (中略)
 向井さんは「時間と労力をかけたのに得るものが少ない『社会科見学』だった」と裁判を振り返り、「代理出産に関する立法にあたっては、経験者の意思を聞いてほしい」と話した。
代理出産で親子認めず「がっかり…」向井亜紀さん夫妻会見
 〔読売新聞 2007年4月11日〕
 タレントの向井亜紀(42)さん夫妻が11日、東京都内で会見し、代理出産で生まれた双子の男児(3)との母子関係を認めなかった先月23日の最高裁決定について、「正直、がっかりした。子どもたちが成長した時に、なぜ認められなかったのか、説明しても理解出来ないと思う」と語った。
「社会見学」という言葉、すごく違和感あります。自分自身が真剣に“闘った”と考えるなら、こんな自虐的で軽い表現で自ら茶化してはいけないのではないでしょうか?

「性道徳、貞操義務」崩れる 長勢法相、300日問題で
 〔アサヒコム 2007年04月06日〕
長勢法相は6日の閣議後会見で「性道徳や貞操義務についても考えないとならない」と述べた。法務省は同日に一部見直しをする民事局長通達案を正式発表。同省側は「通達を出せば立法は必要ない」と対決姿勢を強めている。
「性道徳や貞操義務」?! 誰の? 妻の? 夫の?

民法の300日問題、公明が議員立法めざす考えを強調
 〔アサヒコム 2007年04月11日〕
公明党の北側一雄幹事長は会合後の記者会見で「戸籍上は夫婦関係にあっても、様々な理由で婚姻解消ができないケースはある。貞操義務の次元の話でなく、法制度の不備をいかに是正していくかだ」と議員立法をめざす考えを強調した。
こっちの考え方の方が「現実的」ではありますよね。

以前にも書いたかもしれませんが、「女性の再婚禁止期間6カ月」も「離婚後300日以内に」生まれた子は前夫の子と推定する」というのも、医療技術が発達する前の話です。
「子供は夫の家の後継ぎ」という考え方の強い社会慣習に合わせた法律だと思います。
離婚後直ぐに元妻が産んだ子は「夫の家のもの」という慣習が、乱されないためのものでしょう。

熊本の「こうのとりのゆりかご」の一件も、根っこは同じだと思いますが、日本というのは、はっきりとした宗教の教義が無い国である上に、戦後は「国家神道徹底排除」で、他の多くの諸国が「宗教」の力によって守っている、倫理的・道徳的な社会規範がありません。

だからといって、「性道徳」や「貞操義務」を、法律の文言で規定してしまって大丈夫なんでしょうか?
「法の規定が緩くなったら、国民のモラルが崩壊する」という発想は、ちょっとコワイような気がします。


 ※参照ブログ
◆(まめ)たぬきの雑記 「国民と考え方のずれた人たちに任せてよいのかな」(4/10)
               「男性に貞操義務はないのか?」(4/7)
◆ぶるうすかい blueskyblue の保健室
  最高裁敗訴した向井亜紀 自ブログに責任転嫁と言い訳  向井亜紀のこと(4/13)
 


a0037706_13462.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-04-11 23:55 | 医療/生命倫理
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite