二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「現行民法は古い・・・でも現実に媚びる必要は無い」

この裁判が話題になった去年の10月にも、自分の意見をまとめたのですが、こうしてマスコミが「大騒ぎ」に加担するにつれ、「いいんじゃないの?」という容認派が増えているのだとしたら・・・そして、そういう世論の勢いで、なし崩し的に法改正が行われて、「場外乱闘」的な代理出産の事例が増えることで何か社会問題が起きたとしたら、向井・高田夫妻は、その「責任」を負っていけるのでしょうか? そこまで考えているのでしょうか?

 ◆「向井さんちだけ、なぜOKなの?!」(2006/10/01)
 ◆「親子の絆とは?」(2006/10/10)

付和雷同が好きな日本という国においては、「有名人」というのは、何をするにしても、自分たちが世間に広く与える影響と、それによって引き起こされると予想される結果について、できる限り慎重であってもらいたいと思います。

【主張】代理出産 速やかな対応を求めたい
 〔産経新聞 2007年3月24日〕
 代理出産の事実を伏せて区役所に出していれば、出生届は受理されたはずである。実際、海外の代理出産で生まれた100人以上の子供が、実の子供として受理されているという。

 向井さん夫妻は代理出産の事実を公表した。隠していれば、実子となり、正直に申請すると、親子になれない。向井さん夫妻は、こうした矛盾点に一石を投じた

・・・いや、そういう問題じゃないでしょ? それは、問題の本質をすり替えてるんじゃないのか?

現実が先行 生殖医療 「借り腹」容認4割超
 〔読売新聞 2007年3月24日〕
 厚生労働省の生殖補助医療部会が同月にまとめた報告書でも、「代理出産は、人を生殖の道具として扱い、第三者に多大な危険性を負わせる」として、罰則付きで禁止すべきだとする方針を打ち出している。

 代理出産を規制する考え方の背景には、倫理面での問題に加え、妊娠・出産のリスクがある。医療が進歩したとはいえ、日本では出産10万件あたり6人程度の妊産婦が死亡している。海外では、代理母が流産後に死亡したケースも報告されている。50歳代の祖母に娘の子を産ませた根津医師の医療にも、リスクが高いとの理由で疑問の声がある。

 また、米国では、代理母に約300万円の報酬と、同額の手数料を仲介業者に支払うのが一般的。渡航費などを含め、出産までに数千万円かかるのが常識で、「裕福な依頼者が、経済的に弱い立場の代理母を、産む道具にしている」という批判は根強い。

確かに、日本の「家族」に関する民法の内容は、かなり「現代社会」の実情や国民の心情とはズレてきていて、それによる「不都合」がいろいろと生じてきていることについては、法律の方を改めてゆく必要があるとは思うけれども、今後数十年経った時に、法改正がきっかけとなって、社会全体のモラル(良識的な歯止め)が失われてしまった、早まった、失敗だった、と後悔するこ日が来ないように願いたい・・・というのが私の個人的意見です。


a0037706_1325235.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-03-27 01:33 | 医療/生命倫理

「ボンバルディアとタミフル/国交省と厚労省」

アタマは大丈夫なのか、「産経抄子」は?

冒頭の2節は、記者時代の自分の手柄話?を披露してるだけなのですが、「薬害エイズ」の話にしても、「ボンバルディア機」の話にしても、被害者や利用者の感情を傷つける「鈍感力」が遺憾なく発揮されてます。

【産経抄】3月22日
(前略)
 ▼軍用機でさえ、事故があればしばらくは飛ばないのに、前輪トラブルの“前科者”ボンバルディア機はまだ飛んでいる。高知空港では胴体着陸の離れ業に成功したばかりだ。あのときに「でかした」と喜んだが、大惨事だったらどうだろう。ボンバル機はまだ飛んでいられたか。

 ▼今度は、姉妹機の車輪すべてが下りないという事態が熊本で起きた。機長は手動操作で車輪を下ろして無事着陸した。この事故で、国土交通省の役人が運航停止ではなく、緊急点検の通報だけ出していたと世間によーく知られた。

 ▼それに比べて、10代のインフルエンザ患者に治療薬タミフルの投与中止を呼びかけた厚生労働省はどうか。服用後に10代の患者が異常行動を起こす事例が続いたからだ。まあ、薬害エイズという「羮(あつもの)に懲りて」、タミフルという「膾(なます)を吹く」ことにしたわけでもなかろうが。

 ▼世の中には、「因果関係は明白でない」としても、人知で分からないことはある。国交省の方は、大惨事に至らなければ、搭乗客とその家族に、何度でもスリルを満喫させる魂胆なのだろう。まさか、ボンバル機の惨事を待っているわけではあるまい。そうなら搭乗客は覚悟して乗った方がいい。


タミフルに関する厚労省の「投与中止」は、これまでさまざま報道され、批判が噴出したことを受けて「ようやく」という判断だし、しかも、「因果関係は明白ではない」と、あいまいな言葉で逃げたままなのに。(異常行動はタミフルが原因であるとは断言できない、と発表した研究者についての“疑惑”とかもあるし、中外製薬に厚労省の役人が天下りしている、という話も出てきているし)

参照ブログ
 ◆「真夜中の緊急記者会見とタミフル関係官僚の天下り」
 〔5号館のつぶやき 2007-03-21〕
 ここからは、完全な推測にすぎませんが、厚労省の中でタミフルが10代の患者に異常行動を引き起こすという確実なデータが発見されたのではないでしょうか。前に薬害エイズ事件の時にも・・・

 上記ブログエントリーに紹介されている話を読むと、さらに複雑怪奇なウラがありそうですけど・・・真実はどうなのよ?!(マスコミ報道は、真実もしくは事実を伝えてない・・・ってことは分かりましたけどね)

 ◆タミフル問題への疑念・・・製薬会社の寄付、厚労省の天下りからラムズフェルドまで
 〔日本がアブナイ! 2007-03-22〕
 実は、私はたまたま知人に「タミフルの安全性ってどうなの?」ときかれたことが
きっかけで、タミフルに関してちょこまか調べたりしているうちに、「あら?」と思う
ような事実を知って、個人的にタミフルへの関心を抱くようになっていた。
<日本にはタミフルの大量備蓄(2500万人X5日分)があるのだが、どうもその背景に
アメリカ(ラムズフェルド氏とか)&規制緩和が絡んでいるかも知れないとか。>



a0037706_17363068.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-03-22 17:37 | 日本の社会問題

「駿と吾朗・・・華麗なるジブリ一族戦記?」

これじゃあ、吾朗さんが可哀相になってきますね(T_T)
どういう背景があって、この発言が出てきたのか知りませんけど・・・。

なんか、「華麗なるジブリ一族」の骨肉の争いみたい(苦笑)


『ゲド戦記』はまだ観てないので、どうこうとは言えないんですけど、「作品の出来が良くなかった」というなら、それはそれで吾朗さんも受け止められるけど、40歳にもなって「二度と吾朗みたいな子をつくらないために」なんて、父親に自分の存在そのものを否定されたのも同然じゃないですか。

自分の作ったアニメ作品を「失敗だった」ということは、プロとして言ってもいいと思うけど、自分がこの世に送り出した子供を「失敗だった」なんて、この人のアタマは大丈夫なのかな?

自分が子育てに関わってこなかったことで、息子がダメなヤツになったというなら、暗に「母親(妻)」の教育が失敗だったと言ってませんか?


もう、死ぬまで自分一人で「職人芸」を発揮してって下さい、って感じですねぇ。
自分の血を分けた息子だけじゃなく、アニメ界の後進の育成・指導もお得意じゃないんでしょうね。
でもそれって、故・手塚治虫さんと同じことしてるんじゃないのかなあ???

宮崎駿氏“長男教育”反省し次作製作
 〔スポニチAnnex 2007年03月20日〕
 タイトルは「崖の上のポニョ」。人間になりたいと願う金魚の姫ポニョと、5歳の男子・宗介の物語。(略)
 宗介のモデルは宮崎監督の長男吾朗氏(40)。吾朗氏が昨年、「ゲド戦記」で映画監督デビューしたことを、宮崎監督は自分への反抗ととらえ、「こんなことになったのは吾朗が5歳の時、仕事ばかりで付き合っていなかったからだ。二度と吾朗みたいな子をつくらないために」と反省の気持ちを込めているという。


ところで、視聴率で「紅白」も抜いてしまった『華麗なる一族』は、第2回以外は全部見たんですけど、なんか、最終回はガッカリ・・・。
なんで、鉄平が自殺しなきゃいけないのか、ぜんぜん理解できない私。

原作も読んでないので、よく分からないけど、「なさぬ仲の男女」の間に生まれた子供たちが、運命に翻弄されていくとか、「お家のために」政略結婚させられるとか、昭和という時代はもはや「時代劇」としてしか描けないのかなあ、という気がしてしまいました。

同じ昭和の「時代劇」なら、有吉佐和子の『紀ノ川』あたりの方が共感できますね。

 ※追記(3/22)
新作アニメのテーマは父と息子との相克?
 〔JANJAN  松村宏のNEWSな顔 2007年3月22日〕

ファザコン男たちに振り回される周りはたまらない(華麗なる一族)
 〔J-CAsTニュース 2007年3月20日〕
待てよ、よく考えてみれば、もともと悪いのは祖父さんの敬介なんじゃない? 昔、鉄平と想い合っていた芙佐子(稲森いずみ)も敬介の子だったし。敬介が見境なしの男だったからこうなったのよ(怒、怒、怒)! 

鉄平に石をぶつけられて死んじゃった鯉の「将軍」が、ロボットでもちょっとかわいそうだった。



a0037706_14303986.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-03-20 14:31 | アニメ/芸能

「産経も物好きじゃのう・・・(^^; 」

明日(16日)は、テレビは1日中コレなんでしょうか?
でも、熱心に見る人は、どれくらいなんでしょうか?

産経としては、「こーんな悪いヤツが、オレたちの仲間をいじめやがったんだぜ、よく見ろよ!」って感じなんでしょうか?

そんな「突撃ルポ」なんかやってるヒマがあるんなら、産経の朝刊をもう少し読み応えのある記事で埋めてちょーだいな。最近、3ページに1ページくらい、広告とかPR記事とか、そんなんばっかりだし(プラス、素人同人誌も真っ青なくらいしょーもない連載小説w) 

堀江被告あす判決 イザ!はやります!突撃ルポ「その日の東京地裁」

 〔産経イザ! 2007/03/15 18:27〕
 ライブドア事件で証券取引法違反の罪(偽計・風説の流布、有価証券報告書の虚偽記載)に問われた前社長、堀江貴文被告(34)の判決公判が16日午前10時から、東京地裁(小坂敏幸裁判長)で開かれます。
 (略)
 イザ!はこの「時代の寵児(ちょうじ)」といわれた堀江被告の判決公判に記者を派遣、注目の裁判をめぐる人々の1日をルポします。ご期待ください。
≪イザ!編集部≫


追記:
阿曽山も大噴火! 初雪の地裁、アツ~い1日
 〔産経イザ! 2007年3月16日〕
 行ってみましたホリエモンの判決公判。時代の寵児(ちょうじ)に下った司直の重い裁きの現場を、イザ!が誇る取材班3人が突撃取材してみました。世紀の裁判の裏側は、意外や意外で…。(イザ!編集部)
3人も行ったの? 人材に余裕があるんですねぇ(^^;

「裁判オタクの大川興業、阿曽山大噴火さん」・・・誰?



a0037706_011868.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-03-15 23:58 | 日本の社会問題

「窮余の策としての女性活用?」

「なんか、都合良過ぎるんじゃないの?」と言いたくなる、最近の「女性活用」の方針。

団塊の世代がゴッソリ現役を退職する(はず)から、「もっと女性を採用しよう」とか、年金保険が足りないから、パート(多くは女性だと思うが)から年金保険を徴集しようとか、女性が(男性はほとんど関係無さそうだ)働きながらでも出産・子育てができるような制度を作ろうとか・・・。

まあ、動機が「いかがわしい」ものであれ、この社会が女性にとって「優しい」ものになってくれれば良いのですが。

増やせ公認会計士 計画5万人「女性活用」
 〔産経ウェブ 2007/03/11〕
 カネボウや日興コーディアルグループなどの粉飾決算で何かと風当たりが強くなっている監査法人業界は、実は深刻な人手不足だ。さらに、平成20年度決算からは、上場企業の内部統制も監査の対象となるなど、公認会計士不足に拍車がかかる。こうした状況に公認会計士・監査審査会などが人材確保に本腰を入れ始めた。すでに社会人が受験しやすいように試験制度が改革されたが、新年度からは女子校での“出張授業”も検討されている。日本公認会計士協会でも、現役会計士を大学に講師派遣するなどリクルーティング活動に取り組む方針だ。
パート20万人に年金適用拡大、月内にも法案提出
 〔読売オンライン 2007年3月10日〕
 パート労働者への厚生年金適用拡大に関する厚生労働省の最終案が9日、明らかになった。「週20時間以上」働くパートのうち、〈1〉月収9万8000円以上(年収117万円以上)〈2〉勤務期間が1年以上――などの条件を追加して対象を絞り込む。パートを抱える小売業界などの負担増に配慮したものだ。

 厚生年金が新たに適用されるパートは最大で20万人程度にとどまる見通しだ。政府は与党の了承を得た上で、厚生年金適用拡大を盛り込んだ「被用者年金一元化法案」(仮称)を月内にも国会へ提出する。


 ※参照記事
◇数字で見る男と女の働き方【第3回】
  「女性活用」のウソを見抜く  「ワークライフバランス企業」の「本気度」
  〔日経ビジネスオンライン 2007年3月22日〕


a0037706_2175494.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-03-11 20:53 | 日本の社会問題

「まあね・・・自分ところの学校に口出しされたくないし?」

公明党の支持母体団体の創価学会は、中学から大学まで持ってるんでしたっけ?
そりゃあ、「口出し」なんかされたくないわね。
「ボス」が日本の政権を牛耳る日のために、身を挺して働く人材を育成しているんでしょうから。

教育関連3法案:教委の私学関与規定に公明党反発
 〔毎日新聞 2007年3月9日〕
 与党教育再生検討会が9日開かれ、中央教育審議会(中教審、文部科学相の諮問機関)が10日答申する教育関連3法の改正骨子案を協議したが、公明党が教育委員会の私立学校に対する関与規定の新設に反対したため、教委制度を定める地方教育行政法(地教行法)改正の骨子案の了承を見送った。学校教育法と教員免許法の骨子案は了承した。
私学の方も、少子化が止まらなくて、「口出しされたくないので、助成金も要りません」とは、タンカを切れないのだろうし・・・。

でも、文科省も、私学にあれこれ口出しする前に、公立学校をきちんとした「学びの場」として復活させてくれませんかね?

公立学校の現場が崩壊してるから、親も私立学校や塾を頼りにせざるを得なくなってるんだしね。

順序が違うんではないか、と思いますよ。

そんなに、公私全部「同質」にしたいですか?(^^;


a0037706_2324812.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-03-09 23:03 | 子育て/教育

「中学校の英語教師の英語力が無いのは昔から」

中学に上がるまで、英語になぞ触れる機会のほとんど無い時代でしたから、学校の先生だけが頼りなのですが、1年生で英語の担当になったのは、先生不足で、7クラスのうち2クラスだけ臨時に英語科を担当したベテラン教師でしたが、新出単語は10回ずつ、教科書の本文を5回ずつ、筆写させる宿題を出すしか能のない人でした。

いったい何を習ったのか、ぜんぜん記憶がありません(苦笑)
でも、授業がぜんぜん理解できないので、クラスの4分の3くらいの生徒が、授業ボイコットをしたため、罰として、ボイコット生全員が自分の席の横で、床に1時間正座させられたのだけは覚えています。

2年の担当教師は、「ゼアラー(There are...)」とか「アペン オアラペンスー(a pen or a pencil ?)」というようなヒドイ発音で、それを自覚はしていたのか、テキストの単語や本文の発音練習は、必ず「カセットテープ」を使っていました。
当時は「斬新」だった、「LL(Language Laboratory)教室」もよく利用していました。

3年生の教師も、「英語専門」ではなかったように思います。
でも、3人の中では一番マシだったかな。


教師のレベルの低さを噂で知ったのか、英語のテストの点数が悪くて心配したのか、母が英語塾を探してくれたようです(なぜか、その経緯が記憶に残ってないのですが)

3月2日のエントリーのコメント欄にも書きましたが、私に英語力の基礎を叩きこんでくれたのは、中学時代にお世話になった、自宅近くの私塾の先生で、学校の英語教師ではありませんでした。

当時、まだ20代後半だったと思いますが、ご自身も英検1級をクリアー、大阪万博で外国のパビリオンでコンパニオンを務めた経歴の持ち主で、それでも飽き足らず、大阪から東京の某私大の英文科へ編入して、新幹線で「通学」し続けたという“猛者”(女性ですが)でした。

授業中でも、疑問がわくとすぐに分厚い英和辞書のページを繰って、間違いのないようにと確認していました。その愛用の辞書は、使い込まれて厚さが3~4倍にも膨れあがり、きちんと閉じられない状態になっていました。

その「精進」の姿に憧れ、女子生徒の何人かは、先生と同じ大人用の辞書を購入し、「先生の辞書のようになるまで勉強しよう」と意気込んだものでした。
私もその一人ですが、30年経った今も、まだ新品とほとんど変わらない厚さのままです(笑)

【産経抄】3月5日
・・・▼学生の語学力の低下を嘆く声は、当時からあったらしい。英語教師だった漱石によれば、あらゆる学科を英語を通じて学ばなければならなかった時代が終わり、日本語で学問ができるようになったからだ。「日本の教育の進んだ証拠」でもあった。
 (略)
▼留学中友人たちに書き送った泣き言から、漱石は英会話が苦手だったことが“定説”となっている。確かにコックニーと呼ばれるなまりには苦しんだものの、教養のある人々との会話に不自由はなかった。読解、作文を含めた総合的な英語力では、日本人として傑出しているという(『英語教師 夏目漱石』川島幸希著)。
今でも、世界中の文献が翻訳されているので、日本語が読めるようになれば、かなりの研究が網羅できるそうですが、発展途上国のように、「まず、母国語を後回しにしても英語を学ばなければ、抽象的な知識を身につけたり、高度な学問ができない」という状況にない日本では、「外国語の修得」は、「趣味・教養」の域に分類されるのではないかと思われます。

それにしても、漱石が「コックニーなまりには苦しんだが、“教養のある人々”との会話には不自由はなかった」って文章は、いかがなものでしょうか。

「コックニー(Cockney)」と比較して「教養ある人々」と並べるのは、OK?


でもまあ、今の時代に漱石がタイムスリップしてきて、アメリカ英語を聞いたら・・・ほんとと聞き取れないんじゃないかと(^^;


a0037706_1375575.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-03-05 13:08 | 子育て/教育

「売“金”奴・・・犯人は日本人ですか orz 」

ちゃんと正規ルートで、それなりのお金払って買ってくださいよ・・・なんて、お行儀のいいこと言っても、「彼ら」には通じないんでしょうかね(^^;

金属盗、滑り台まで 北京五輪「特需」で高騰か?
 〔アサヒコム 2007年03月02日〕
 今年に入り、全国各地でステンレスや銅などの金属泥棒が急増している。火の見やぐらの半鐘、公衆トイレの屋根、滑り台や墓地の線香皿……。あきれるほど多彩だ。一体だれが、どうやって、何のために。背景を探ると、「五輪景気」にわく中国各地の建設ラッシュや、それをあてこんでの投機による金属相場の「高騰」にいき着いた。
児童公園の滑り台の滑降部分、休業中のテーマパークのアルミ製サッシ、火の見やぐらの半鐘、公園にある公衆トイレの銅製の屋根、墓のステンレス製線香皿、給水管の蛇口、水門の支柱・・・ったく、なりふり構わずって感じですね。

こんなニュースを見ていると、「無理して北京でオリンピックやらせない方がいいんじゃないの?」と思ってしまいます。隣近所がいい迷惑を被ってますよ。

株の暴落の「引き金」になってるし・・・。



a0037706_15451218.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-03-04 15:45 | 外交・国際問題

「子供よりレベルが低くて、何を教えてくれるの?」

英語教諭だからといって、検定試験の資格取得が義務化されているわけではないのだし、検定資格を持っていないからといって、能力が劣るかどうかは判断できませんから、これだけのデータではなんとも申せませんが・・・(^^;

中学教員の英語力、「英検準1級」以上は4人に1人
 〔日経新聞 2007年3月2日〕
 調査は4回目で、全国の公立の小中高計約3万6000校を対象に昨年12月に実施。今回初めて中学と高校の英語教師の語学力を調べた。

 英検準1級や英語能力測定テストの「TOEIC」で730点以上、「TOEFL」で550点以上を取ったことがある英語教師の割合は、中学で全体の24.8%、高校で48.4%だった。

 一方、中学3年生で英検3級以上の英語力があるのは全体の33.7%、高校3年生で英検準2級以上なのは27.8%だった。
高い能力を修得している教師が、これだけのパーセンテージを占めることは分かりましたが、もっと能力の低い教師の存在も、明らかにしてもらいたいですね。

教師の能力の「二極化」が存在しない・・・とは言い切れませんから。


ところで、最近の子供たちは、けっこう検定試験を受けているってことなんですね。
塾や英語教室などが勧めてるのかな?
ある程度の人数と会場が確保できれば、「準会場(団体)」扱いで受験できますし。

昔は、学校の教師が受験を勧めるということもあまりなかったので、英語の好きな子が自分で書店なんかに行って申し込んでたと思います。

私が取ったのは、25年前の「英検2級」が最後ですが、今、「2級」を受験しても合格できる自信はありません(苦笑)

鳥飼久美子さんによると、文科省の「英検」は、級の設定が大まか過ぎるのだそうです。
昔は、4級~1級の4段階しかありませんでした。
いつのまにか、5級、準2級、準1級というのができてますね。

先日、娘が「英検」の2次試験を受けに行ったのに付き添って会場へ行ったのですが、高校生あたりもけっこうたくさん3級を受験しにきてましたよ。


それにしても、英語の授業が「必修」の中学校の英語教師でさえ、本当に英語を修得できているかどうか分からないというのに、それでどうやって、小学校まで「必修」化しようというんでしょうか?

明らかに、「人材不足」でしょう?

英語実施状況:公立小で増加 6年生は年間14.8時間
 〔毎日新聞 2007年3月2日〕
 文部科学省は2日、公立小学校での英語活動の実施状況調査(06年度)を発表した。全国2万2031校のうち2万1116校が「歌やゲームなど英語に親しむ活動」「簡単な英会話(あいさつ、自己紹介)の練習」などを行い、実施割合は前年度比2.2ポイント増の95.8%だった。6年生の年間平均実施時間数は14.8時間で、前年度比1.1時間増。学級担任が指導するケースが9割を超え、外国語指導助手(ALT)が参加した授業は6年生で66.0%となっている。
うちの子の小学校では、今年度に初めて、6年生だけが「英語活動」を実施したのですが、大阪市の教育予算の都合で、来年度は、時間数が大幅に削減される予定らしいです。

「削減」といったって、今年度だって「2時間×10回」ですよ。(あれ? 1時間×10回かな?)

あいさつ、自己紹介、時刻、色・食べ物・身体の部位などの英単語を知る・・・ってことらしいです。

イマドキの子供たちは、「カタカナ英語」が、もともと「英語」だとは認識していないような感じがする時もあって(まあ、和製英語も多々ありますが・笑)、昔よりたくさんの英語(外国語)に囲まれているから「英語」に抵抗感が少ないだろう・・・と思うのは、大人の偏見かもしれません。


a0037706_23385356.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-03-02 23:50 | 子育て/教育

「石原慎太郎都知事」

大阪・毎日放送の『ちちんぷいぷい』をよく見てるんですが、今日(1日)は、コメンテーターに軍事アナリストのO川氏が出てらっしゃいまして、石原慎太郎都知事のこと、ちょこっとネタばらししてました(^_^)

「彼はショービニストで、うちへ電話を掛けてきた時には、家人が取るとイヤーな顔をするから、すぐに分かる(苦笑) 女性が出ると、ぜったいに自分の名前を名乗らない。“小川さん、いる?”とか言う」

いっしょにいた堀ちえみさん、寿美花代さん、女子アナの松川さんが、唖然としてました。


でも、ある意味、徹底しててすごい、と思う(苦笑)



a0037706_164822.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-03-01 23:58 | その他もろもろ
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite