二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

「大阪府内に7人ぽっち?!」


不登校対策、大阪府が社会福祉士を小学校に派遣へ
 〔読売新聞 2005年2月25日〕
計画では、社会福祉施設でカウンセリングなどを行っている社会福祉士と契約し、府内を7つの地域に分け、7人でそれぞれを担当してもらう。
 府内の昨年度の不登校は、公立中で8655人、小学校で1842人。小学生が不登校になるきっかけは「家庭生活」が多く、府は、教師の知識や経験だけでは対応が難しいと判断し、福祉の専門家に協力を求めることにした。
「不登校」の問題は難しい。「不登校」は病気なのか? 異常な状態なのか? 「不登校」は怠学なのか? 不真面目なのか? 不登校の子供が学校へ毎日通うようになれば、問題は「解決」したのか? 専門家に頼るのは良いとして、たった7人? 認知されているだけでも、1万人強。単純に割り算すると、「社会福祉士」一人当たりの担当児童・生徒の数は、「1500人」だ。
焼け石に水どころか、本気で子供たちの悩みや苦しみ、その保護者の悲しみを癒してやろうと考えているなんて、ぜんぜん感じられない。
毎日、土日も休まずに10人ずつの話を聴くことができたとしても、丸3カ月かかる。そんなことで、苦しんでいる子供たちを救うことは不可能だ。現在すでに配置されているスクールカウンセラーに相談するためにも、予約を入れてすぐに会ってもらえる状態ではない。

「学校に行かない」という気持ちと、「学校に行けない」という気持ちの間には、大きな隔たりがある。「学校に行けない」子供たちには、居場所がない。どこにいても“居心地”が悪い。自分の存在そのものが“うっとおしく”なってくる。自分が消えるか、社会が壊れるかのどちらかしか、救われる道はない・・・そんな気分になるのかもしれない。

「ゲーム漬けの怠学の日々」

寝屋川市の事件の少年の様子は、そう見出しをつけて報道されていた。
「ゲームばかりしていたので、朝起きられず、授業中に居眠りばかりしていて、先生やクラスメートにからかわれていた」と。
本人の気持ちは分からない。だが、「ゲームの世界」だけが、彼が唯一、長く苦しい時間を耐えるために見いだした“居場所”だったのではないだろうか?

15歳で、大検に合格してしまった少年。18歳になるまで、その資格は活かされない。日本の大学(学校制度)は、「飛び級入学」を認めていない。「一芸」にだけ秀でていたわけではない。高校卒業時に必要な科目の単位を十分に満たす学力と知識が身についているのだ。多感な10代の1年は、中年期を迎えた大人の数年分の価値を持つものかもしれない。それを、3年間も何をして過ごせば良いというのか。

日本は、まだまだ規定の「レール」から外れてしまった者にとって、選択肢が少なく、居場所を見いだすことの難しい社会だ。
「不登校」の問題は、大人の「生き方」や社会の「しくみ」にまで関わってくる、大きく、深く、重い問題だと思う。少なくとも、「不登校の子供」を、肉体にできた“ガン細胞”のごとく認識し、それを無力化させるか、切除することが「治療」だと考えている間は、決して根本的な問題は無くならないと、私は思う。

◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■読売オンラインより


「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-02-28 23:07 | 子育て/教育

「大阪の恥部・・・の一つ」


大阪の○○同盟幹部らがセクハラ
 〔アサヒコム 2005年2月27日〕

・・・・「○○さんのヌード写真を撮って売り出そう」「(支部の)資金を稼ぐためや」などと繰り返した。女性は抗議したが、2次会でも「きょうは○○さんの自尊心をぼろぼろに傷つけたろうと思っとったんや」と発言したという。
 一緒に参加していた現支部長も、2次会で女性の年齢に触れて「この年では、もう売り物にならんな」などと嫌がらせ発言をしたという。


石原東京都知事の「ババア発言」は、不特定多数の「ババア」に対するものであったということで、被害対象者が特定できないために許されたようですが、この事例は、本人に面と向かって直接名指ししての発言だったようです。
「そこまで言うか?!」と目が点になるというか、吉本新喜劇のギャグも真っ青のセクハラ発言です。

しかも、「差別撤廃」を目指す活動をしてる団体の幹部の発言ですから、そこの活動の「質」も知れるというものですね。こういう手合いの活動が、大阪の発展を阻害している原因の一つだろうと思います。

◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■アサヒコムより


「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-02-28 22:25 | 日本の社会問題

「ラジオとネットの融合・・・やるじゃん、エキサイト!」


エキサイト、FMラジオでオンエア中の楽曲をリアルタイムでダウンロード
 〔NIKKEI NET 2005年2月25日〕

ポータル(玄関)サイト運営のエキサイトは、FMラジオで流している楽曲をウエブサイトからリアルタイムにダウンロード購入できるサービスを25日開始した。3月25日から開催される愛知万博(愛・地球博)公式のラジオ「FM LOVEARTH(エフエム ラヴァース)」と協力した。

エキサイトさんが、こういうサービスを初めていたとは知りませんでした(^^;

ライブドアとニッポン放送とのゴタゴタで、「インターネットとラジオやテレビがどう融合するのか説明しろ」ってやってますが、「こう融合できる」らしいです。

愛知万博開催中(2月25日から9月25日)、愛知・岐阜・三重の総世帯の65%をカバーする地域だけの限定サービスのようですが、おもしろいですね。
車で移動しながらの仕事をされてる方は、やはりラジオからの情報は生活の一部のようです。トラックの“運ちゃん”やってる友人は、「耳から情報」で、かなりの博識です。ラジオから流れてきた曲が「いいなあ」と思ったときに、すぐ検索をかけてダウンロードできたら、新しい音楽ファンが増えるかもしれないし、楽曲を提供している企業側も収入増が期待できるのかもしれない。

もし、今回のサービスが成功すれば、提供される地域が拡大される可能性も出てくるわけで・・・がんばってください、エキサイトさん!


◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■NIKKEI NETより


「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-02-28 08:59 | 日本の社会問題

「宮崎カントクのご意見を聞いてみたいものです」

石原知事ババア発言、「憲法理念と相入れず」 東京地裁 - asahi.com : 社会

裁判の判決が出たというニュースをテレビを見ていて、「不当判決」と書いた模造紙(?)を高々と掲げながら、「納得できません」と記者会見を開いた数名の女性たちの姿を見て、失礼ながら吹き出してしまったのですけれど・・・ ヾ(´▽`;

国会議員のセンセイ方の発言は、すぐに「失言」だの「放言」だのと揚げ足をとって、社会的な信用を失わせたり、権力の座から追い堕とすのに、石原慎太郎東京都知事の発言は、どこのメディアも絶対に(?)「失言」とは報道しない。日本のメディアの「七不思議」かもしれません(笑) アメリカだったら、「ポリティカル・コレクトネス」に反すると、突き上げを食らって当然の「失言」だと思います。(つい最近も、ハーパード大の学長発言(↓)でひと騒動起きてましたね)
 ■発信箱:女性と科学 元村有希子(科学環境部)
 ■「女性と科学」ハーバード大学長発言が広げた波紋

たぶん、「失言」なんて取り上げたが最後、「失言だぁ?! なあにバカなこと言ってんだヨ。本当のことを言って、何が悪いんだ。自分たちだって、コワクて口に出して言えないだけで、ホンネではそう思ってるんだろ? オレが代わりに言ってやってるんだから、感謝しなきゃならないくらいじゃないの?」・・・なぁんてリベンジされるのが恐いだけでしょう。

判決によると、石原都知事は「週刊女性」01年11月6日号のインタビューで「これは僕がいってるんじゃなくて、松井孝典(東大大学院教授)がいってるんだけど、文明がもたらしたもっともあしき有害なものはババアなんだそうだ。女性が生殖能力を失っても生きてるってのは、無駄で罪ですって」などと述べた。

松井孝典教授の「おばあさん仮説」の「真意」は、なかなかビミョーな感じですが(苦笑)、要点は「哺乳類のなかで、生殖機能を失ったメスが、その後も長生きするのは人類だけで、その“おばあさん”が孫や群れ全体の世話をするので、人類は個体数を増やして繁栄した」ということで、その弊害として生じたのが「人口爆発」なのだ、ということらしい。
それだと、不要な人口増加に加担していることは「罪」かもしれないけれど、「無駄(な存在)」だとは言ってないように思いますが?

それにしても、「ババア」が世話をする「孫たち」になるタネをばら播いてる“無節操”な張本人たちには、ぜーんぜん、責任は無いのかい?(苦笑)

世界的にその実力を認められた宮崎駿氏のアニメには、豊富な人生経験と、民族(種族)の長い歴史から営々と受け継いだ知恵と、「女の直観」を発揮し、成長途上の少年少女に「安心感」を与える魅力的な「おばあさん」が、必ずといっていいほど登場する。『コナン』くらいかな、出てこないのは? 『もののけ姫』では、「モロ」でしょうね。『ラピュタ』では、ドーラがシータに対して「あたしの若い頃にそっくりだよ」と褒める言葉を聞いて、マザコン息子たちが「あの可愛い娘が、ママみたいになっちゃうの?!」と、びっくりするシーンがあったが・・・たぶん、「なっちゃう」んでしょうね(^^;

もちろん、子供の才能を認めて導く、魅力的な「おじいさん」も必ず登場するが、「おばあさん」たちに比べると、なんとなく「無力感」の漂う老いた人、という印象だ。「地球の未来のことは、キミたち(子供たち)に任せるよ」という感じで、身を引いてゆくことが多い。(宮崎氏の分身みたいな人たちかな?)

ここはぜひ、宮崎カントクに「ババアは人類にとって有害だと思いますか?」と質問してみたいところだ。

◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■アサヒコムより


楽しんでいただけたなら、
ここ↓をクリックしてくだせぃ<<(_ _)>>
「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-02-25 11:36 | 日本の社会問題

「MIKUお姉さんが?!」

MSN-Mainichi INTERACTIVE 訃報

新聞の訃報欄を見てビックリした!
小さかった娘といっしょにいつも見ていた「英語であそぼ」で、いつも元気に「HELLO!」と笑顔で歌ったり踊ったりしていた「MIKUおねえさん」ではないの?!

30歳って、若すぎるよねえ・・・。産経新聞の記事では、葬儀委員長を務めるのが「婚約者の五十嵐渉氏」とありましたので、「これから」って思っていたでしょうに。

天国では、あの明るい笑顔と声で、思いっきり飛び回ってください、とお祈りしたいと思います。

◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■毎日インタラクティブ

「ブログランキング」


 ※追加関連情報
ダフ屋:「おかあさんといっしょ」入場券を買い占め
◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■毎日インタラクティブより

4月に体操のお兄さん、お姉さん交代
◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■日刊スポーツより
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-02-25 10:45 | アニメ/芸能

「食材は“まとめ買い”が、賢い主婦の発想?」


主婦の買い物:働く女性、大型冷蔵庫…「週に1回」--味の素調査

 回数では、「週に2~3回」が最も多く37%で、97年調査で「ほぼ毎日」を上回ってから3回続けてトップ。次いで「ほぼ毎日」(26%)、「週に4~5回」(25%)の順は前回と変わらないが、差が縮まってきている。さらに「週に1回」が初めて10%になった。

私自身は、基本になる野菜類は週に2回に分けてまとめ買いをし、どうしても足りないものを(日用品とか子供の必要品とか)を買いに、あと1回・・・という感じですね。肉や魚、米などは、別に宅配で届けてもらったりしてますし。
冷蔵庫は、結婚した時に買った10年前のタイプで、それほど入りませんけどね(^^;

でも、「家計の節約術」みたいな雑誌の記事や本を読むと、ほとんどが「1週間分の献立を考えて、まとめ買いをするのがコツ」みたいなことを書いてありますよね。主婦の「まとめ買い」ブームの裏に、「節約術」あり?

 「ほぼ毎日」派を職業でみると、専業主婦(24%)より、パートタイム(32%)の方が上回っていた。パートタイムの方が仕事帰りに買い物ができるためだとみられる。

私の母もそうでしたが、大阪の主婦って、お肉屋さんでコロッケ買ったり、お店のお惣菜を買ったりすることに、あまり抵抗がないんじゃないでしょうか? 子供の時にも、けっこう冷凍食品を食べてましたよ。
特に、家族の数が少ないと、葉物の野菜なんかは、あまりたくさん買い置きできないし・・・。まあ、「下ごしらえ」の段階まで処理しておけば、1週間くらい持つのでしょうけど(メンドクサイもん)。

私の母は、毎日必ず、朝スーパーが開店する時間に出掛けていって買い物してましたね。でも、結婚して自分で買い物するようになると、大阪市内では、スーパーでも小売り店でも、夕方の5時くらいから「タイムバーゲン」をやるのが普通で、惣菜類などが値引きされる、ということを知りました。デパ地下でも、夕方はすごい混雑してますもんね。
他の地域ではどうでしょうか?

それにしても、最近の冷凍食品・・・特に、お弁当用の“おかず”って、小分けされてるとか、トレーに入れたままレンジで「チン」できるとか、便利で美味しくなってますよねえ。子供の好きそうな“仕掛け”がしてあるしね。まだまだ「進化」し続けるのでしょうか?

◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■毎日インタラクティブより

「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-02-24 17:58 | その他もろもろ

「あっちもこっちもどこでもクワックワッ・・・!」


毎日、毎日、ヘンなニュースばっかりなんで、ちょっと疲れちゃいました。
ニュースの内容自体も、疲れるんですけどね、内容そのものと、それを報じるメディアの論調に、いちいち「突っ込まずにはいられない」性分の大阪人なもんで・・・はははっ。
テレビの前では、ほとんど「ハイヒールのリンゴ」状態に陥ってますから(苦笑)

世界遺産:NHKも3月末から放送 TBSが抗議文

日本のマスコミ業界の“お庭”が、騒がしいですね(^^;

これだけいろいろと問題を抱えてるのに、どうして今までやってこれたのか、
不思議で不思議で仕方ありません。ほとんど「戦国時代」ですね。


◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■毎日インタラクティブより


「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-02-24 00:07 | アニメ/芸能

「人間の生と死の不思議」


32例目の脳死移植実施 大阪、京都で心臓と肺
                            (02/15 産経Web)
34例目の脳死判定、意思表示の柔軟解釈、初めて適用
                            (02/16 アサヒコム)
20年ぶりに「お母さん」 事故で脳損傷の38歳米女性
                            (02/14 産経Web)
「死亡」と判断、安置所に その後「生きている」
                            (02/20 アサヒコム)

マスコミの伝えるニュースも、ある時は「脳波が止まったら死んでいる(脳死)」と言い、ある時は、「致命的な脳の損傷が回復した」事例を、奇蹟として伝え、ある時は、「仮死状態の人を“死んだ”と誤診した救急隊員に責任は無かったのか?」と追求する・・・。

人間の生命力というのは不思議なものだと、つくづく思う。
それは同時に、「生命」の不思議は、現在の医学知識によってすっかり解明されたわけではない、ということのあらわれではないのだろうか?
もっと、人の生命について、私たちは謙虚に考えるべきではないのか?


◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■32例目の脳死移植実施 大阪、京都で心臓と肺
 ■34例目の脳死判定、意思表示の柔軟解釈、初めて適用
 ■20年ぶりに「お母さん」 事故で脳損傷の38歳米女性
 ■「死亡」と判断、安置所に その後「生きている」


「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-02-21 14:45 | 医療/生命倫理

「自分の趣味で政治やってもらっては困る」


自民党:政治家のあるべき姿語り合う「夢づくり道場」開き

「郵政民営化PR紙芝居」といい、自分の趣味を周囲に押しつけるのは止めてもらいたいです。
あのまっさらの畳、何畳分だか数えられませんでしたが、いくらかかってるんでしょうか? 幹事長が、まさか“自腹”で敷いたとは思えないし。飲食費は、自民党が出してるの?

先輩議員が若手議員に「政治家の心構え」や選挙のノウハウを伝える
・・・のが目的ということだけれど、テレビに移った顔ぶれを見た限りでは、50代以上の議員ばかりのようでした。アルコールで、頭までピンク色に染まってましたけど(笑)、あれって、「勤務時間内」にやってるわけ? というか、「国会議員の仕事の一貫」という扱いなんだろうか?

もひとつ、テレビ映像に映っていた中で気になった「画」は、若い?女性の議員だか秘書だかが2名ほど、どっかりと腰を下ろして盛り上がってるオヤジ議員たちの間を回って、「お酌」をしている様子。オヤジ社会なんだねー。

1回生議員はこの日、武部幹事長らと鍋をつつきながら話し込んだが、党内には「発想が古い」(中堅議員)との声もある。
・・・そりゃあね、新人さんたちは、幹事長に顔を覚えてもらわないとね(苦笑)

だけど、シラフで後輩の育成とか、「ブレスト」のできない組織なんて、寿命は長くないと思いますよ。こんな政党に、大事な国政を任せたくないです。
マスコミも、ご立派なセンセイたちの、こんな恥ずかしい姿を嬉しそうに流すんじゃない。日本の恥だよ。


◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■毎日インタラクティブより


「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-02-19 22:12 | 日本の社会問題

「大まじめ、世界初の“悪魔払い講座”」


悪魔払い:世界初の「講座」に聖職者100人出席(ローマ)
(毎日インタラクティブ)

私が子供のとき、映画『エクソシスト』が流行りましたが、あれが、霊的な現象を扱った「ホラー映画」の元祖だったのでしょうか・・・。

キリスト教は、大まじめに「悪魔払い」をずっとやっていると思いますし、キリスト教だけではなくて、仏教だって「加持・祈祷」だの「悪霊払い」だのは、お得意だったはずです。
そういうのを純粋に信じる人たちの“弱み”につけこんで、悪い事をしてラクにガッポリ儲けようなどというがいるから、「宗教」というのはヘンな目で見られてしまうのですけど、それは「宗教」そのものが悪いんじゃないでしょう。

日本人は「宗教音痴」で、宗教というものを重視するような考え方も、宗教を軽視したり蔑視したりするような考え方にも無関心ですけど、外国ではどちらもみなさん「大まじめ」で議論しています。
ブッシュ米大統領が、「同性愛者の結婚」に反対しているのも、宗教上の理由からだし、映画の内容に敏感になるのも、自分たち(の国)が信仰している宗教(宗派)を侮辱されていないかどうかが気になるから。
 ※「キアヌ・リーブスの新作映画、ブルネイで上映禁止に」

近頃、日本でも多発している(というか、マスコミが言及するようになった)「神の声に従った」という“動機”の殺人事件の容疑者も、ひょっとしたら「悪魔払い」してやった方がいいんじゃないかと、私は大まじめに考えたりしています・・・・。

◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■「悪魔払い:世界初の「講座」に聖職者100人出席 ローマ」 (毎日インタラクティブより)
 ■「法の華三法行:福永元代表に詐欺罪で懲役13年求刑」
 (毎日インタラクティブより)
 ■「キアヌ・リーブスの新作映画、ブルネイで上映禁止に」
 (CNN.co.jpより)

「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-02-18 23:37 | その他もろもろ
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite