二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

「子供の学習能力じゃなくて、先生の指導力が下がったんでしょ?」


MSN-Mainichi INTERACTIVE 教育ニュース
小学生漢字調査:「川下」「米作」…なじみ薄い言葉に
 (毎日新聞 2005年1月27日)
<小学校漢字調査>苦手な読み書き、時代を反映 初等教育研
 (毎日新聞 2005年01月28日)


「読本」だの「食が細る」だの、40代の私でも使ったことねぇ・・・。
使わない言葉が忘れられてゆくのは、当然のことじゃないの?
「とんや」を「豚屋」と書いた子はエライ! 「豚」って、大人でも書けそうで書けない字だよ(笑)

それと、「きちんと漢字が読めない、書けない」のに、なんで学校の先生は“ほったらかし”にしてるんでしょう? 1年生で習う漢字は1年を終わるときに、全部覚えているかどうかテストして、覚えてない子には、2年生になるまでに補習させて覚えさせるべきです。

算数や数学だって、小学校2年生で覚えることになっている「九九」ができないまま中学生、高校生になってゆくのを放置しているから、「算数ができない大学生」が登場するわけでしょう? 分数・小数が理解しきれないまま、“流しそうめん”のごとく小→中→高→・・・と流していって、自分のところだけ通りすぎれば「あとは知りません」という、いい加減な指導をやってる教師たちの「指導能力」を、マスコミ各位は声を大にして問題として取り上げるべし!

調査を監修した青山学院大の小森茂教授(国語教育)は「漢字の力は落ちていないが、環境の変化を反映して書き言葉と話し言葉がかい離している。家庭で言葉を使うようにしてほしい」と話す。

・・・書き言葉と話し言葉は、いつの時代も乖離してると思いますが(そうそう、「かい離」なんてへんな仮名・漢字混淆体の文章を使わないでよね)。で、書き言葉は、話し言葉の方へ寄って行くもんなんですよ。

でも、矛盾しているようだけど、日本語の語彙の豊かさとそれによって生まれる表現力の細やかさは、できれば失いたくないですね。
最近、ハリウッドの映画俳優(女優)さんたちの、日本語字幕付きのインタビュー番組を見て、日本語の表現力っていうのは、簡潔かつ美しいな、と再認識したもので。

それから、日本の漢字の「音読み」っていうのは、中国に「漢」とか「呉」とかいう国があった頃の中国語の発音を真似たものですからね。いい加減、“多少”は変化してもよろしいんじゃないでしょうか?(苦笑)


「ブログランキング」


◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■毎日インタラクティブより
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-01-28 15:21 | 子育て/教育

「他人の手柄を横取りしてんじゃないの・・・?」


タッキー新潟激励、児童生徒869人と握手
 (Excite エキサイト : 芸能ニュース)

タッキー(滝沢秀明)が、中越地震の被災地を訪れて、子供たちを励ましたという。

ジャニーズのタレントを代表して支援金も届けた。昨年11月に所属タレントが総動員で実施したチャリティー野球大会や、電話メッセージ募金、「義経」カレンダーの収益の一部などを集めた結果、合計6155万7601円に達した。

NHKのニュースでは、「NHK大河ドラマの“義経”役の滝沢秀明さんが、被災地を訪れて・・・」と言っていた。「所属事務所の代表として・・・」とは説明していたが、NHKでは固有名詞は出されない。なんだか「大河の主役に抜擢してやったんだぞ」と、恩きせがましく聞こえた。
でも、今放映されてる分には、牛若時代の子役の男の子が出てるだけで、タッキーはまだ出てないよね? そんなにNHKを出したいなら、「義経カレンダー」の収益を“全部”寄付すれば良かったんじゃないの? ケチくさいことをなさる(苦笑)

でも、当の子供たちは正直だ。「“義経”に会えて嬉しい」とは言ってなかった。数人の女の子たちのインタビューでは「タッキーに会えて嬉しかったー!!」と言っていた。

ま、タッキーの過密スケジュールのせいで、収録にも支障が出てるというウワサもあるけど、そんなタッキーを新潟へ行かせたというのは、寛容なところを示したつもり?
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-01-27 22:36 | アニメ/芸能

「“国家”を成り立たせるのは、人の思想(想念)だ」


都国籍条項訴訟:門戸開放の流れに水差す 最高裁判決


チラッとテレビでニュースを見た時は、「この年齢の女性なら、日本人だってなかなか管理職にはしてもらえないだろうね」と思ったんだが、ご本人の会見の言葉を聞き、ちょこちょこっとググってみたら、たとえ「日本国籍」を有していたとしても、こういう思想(ルサンチマン)の持ち主は公務員になっていただきたくない・・・と強く思った。(実際にいっぱいいますよね、日本国籍を持ってるけど、思想的には“外国人”というか“非日本人”という人は)
「強制的日本臣民」って、また「無理やり日本へ連れてこられて・・云々」の人かと思ったら、「韓国では思想犯とされて生きられないから、仕方なく日本へ逃れてきてそのまま暮らしてた」ということらしい。

60年も経って、日本の国自体も国際社会の各国の関係も激変してしまったのだから、在日韓国人に限らず「外国人」の日本国内での処遇について、真面目に、根本的に考え直した方が良いだろう。
「外国人」について考えるということは、同時に「日本人とはなにか?」ということについても考え直さなければならないということを意味する。

「国家」とはなにか・・・?
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-01-27 09:09 | 日本の社会問題

「死んでも生き返る・・・アンケートの設問に苦笑」


小中学生3600人調査 「人は生き返る」15%--長崎県教委
(毎日新聞 2005年1月25日 西部朝刊)


ブログ界でもあちこちで話題になっているニュースだけれど、『週刊朝日』の2月4日号に、その「アンケート調査」の設問が全部掲載されていた。
大まじめに調査した長崎県教委の人たちには申し訳ないと思いつつ(?)、吹き出してしまった。小学生の低学年くらいならまだ真剣に取り組むかもしれないが、中学生たちくらいになると、読みながら「おちょくっとんのか?」と思わなかっただろうか(苦笑)

アンケートの設問は以下に・・・
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-01-26 11:51 | 日本の社会問題

「J・K・ローリングさんが3人目を出産」


ハリポタ作者ローリングさん、女の子を出産
(CNN.co.jp  2005.01.25)


「速報!」ですね。

前夫との間に11歳の娘が一人。
再婚相手との間にもうすぐ2歳になる男の子が一人。
今回生まれた女の子は3人目です。
再婚した方とは、順調に行っているようで・・・(^^)

・・・といっても、私自身は『ハリー・ポッター』にも、原作者の私生活にも
ほとんど興味が湧かないので、何もコメントできませんが。

そういえば、『ハリ・ポタ』ブームで、中高生が本を読むようになった、と
いう“ウワサ”がありますけど、本当なんですか?
出版業界では、『ハリ・ポタ』の販売戦略は嫌われてるようですし、
小売店は、在庫の山を抱えて喘いでるという話も聞くし・・・。

分からん。小説は、海外のSFと教科書に載っていたもの以外は、
いまだにほとんど読んだことのない私なので、流行とは無関係な
世界にいますから。

ただ、娘が「宿題」ということで、教科書の音読をするのをチェック
しないといけないのですが、つまらん話が多いよなあ・・・。
あれでは、「本好き」の子供は作れないと思う。

ヨロシク(^o^)//
「ブログランキング」


◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■CNN.co.jpより
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-01-25 17:36 | アニメ/芸能

「母子家庭&父子家庭」


離婚による母子家庭・父子家庭が増えているとのデータが出てきた。
最近は、「ひとり親家庭」と呼ぶそうであるが・・・。(“片親”という言葉もイケナイらしい)

母子家庭の問題は、収入が少ないこと。平均年収は210万円だという(月平均17.5万円)。
で、7割近くは、元父親からの養育費を受けとっておらず、受けている家庭でもその平均額は、4.5万円弱。
悩みのトップである「子供の教育・進学問題」は、おそらく「学費」などの経済問題と直結したものだろうと思う。

一方、父子家庭の最大の問題は「家事」(35%)と「相談相手がいないこと」だという。
離婚後、女親側が子供を養育することを選ぶことが多いのは、家事・育児能力があるから、ということなのだろう。だが、男親の「家事・育児」問題は、経済的な余裕さえあれば、「お金」で解決できるものだろうし、最近の家電製品の“進化”は、男親家庭にも恩恵を与えていると思われる。

新聞記事では、「相談相手がおらず、孤立しがちな父子家庭」ということが強調されているが、母子家庭だって、そんなに相談相手がいるとは思えないし、客観的な所感では無い気がする。父子家庭の数が“激増”したとはいえ、母子家庭の14%ほど。
なんにせよ、しわ寄せ・トバッチリを受けているのは子供たちである。「幸福な家庭」の数が増えること祈りたい。

今日もよろしくお願いします <<(_ _)>>
「ブログランキング」

~~~~~~~ ~~~~~~

◆母子家庭、5年間で3割増 過去最多の122万世帯に
(アサヒコム 2005年1月19日)

 全国の母子家庭は、推計で122万5400世帯と5年前より3割近く増え、過去最多になったことが19日、厚生労働省の調査でわかった。離婚の増加が要因。母親の半数はパートや臨時職員として働いていて、不安定な雇用や不況で平均年収は17万円減っている。
 (以下略)

◆シングルファーザーも過去最多
(産経新聞 2005年1月21日)


◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■アサヒコムより
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-01-23 13:42 | 日本の社会問題

「慢性硬膜下血腫はトミーズ雅とおんなじですからぁ・・・」


今朝、在阪民放局の「せやねん!」という番組を見ていたら、冒頭のシャベリでトミーズの雅が『冬ソナ』の話をしていた。

「いまさら・・・」と思いつつも、妻もハマっている『冬ソナ』を無視することができずに、ついにビデオを見始めたという。で、クライマックスで、チュンサンの病名を聞いた雅はビックリ。なんと、昨年10月に、突然体調不良を訴えて入院した自分(雅)と、おんなじ病気だった!(苦笑)
「えーっ!? オレの病気って、そんなにコワイもんなんか? それにしてもなんで病名が分かるまでに4日もかかんねん。オレの時は○○病院で、たったの10分で分かったゾ! はよ○○病院へ行け!」と言ってました。

雅は、チュンサンと同じ「慢性硬膜下血腫」といって、脳ミソをおおっている硬膜の内部で出血し、その血が脳を圧迫するためにさまざまな障害が起きてくる病気だったが、大阪市内の某有名病院〔あの赤井秀和が、九死に一生を得た脳外科病院〕に入院し、頭蓋骨の左右に“穴”を開けて管を通し、頭蓋内の血液を外へ出す・・・という処置をしたそうで、確か、1週間か10日ほどで元気になって復帰したと記憶している。
別に、「オソロシイ不治の病」ではないと分かって、ちょっと(?もとから興味は無かったらしいけど)興醒めしてしまったそうだ。

で、雅の家では、今、子供たちが波多陽区にハマってるのだそうで、その子たちが真似をして歌うのだそうである。
「チュンサンの病気は、硬膜下血腫って言うじゃな~ぃ? ・・・それって、トミーズ雅とおんなじ病気ですからぁ! 頭に“管”付けられますからぁ・・・ザンネーンっ!!」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-01-22 21:30 | アニメ/芸能

「浜崎あゆみ は イタい・・・」


「ハガレンとアユ」by rabbitfoot


「浜崎あゆみ」を論じるほど、彼女についての情報を持ち合わせているわけでもなく、知っている彼女の歌も、ほんの3~4曲しかない。オバさんの戯言と思いつつも、なんとなく心から離れないので、頭の外へ出すために書いてみる・・・。

「CAROLS」を聴きながら思う。「あゆの歌はイタい・・・」と。
切羽詰まったココロの叫びがイタい。
あれは、白い雪が降り積もる景色をバックにした“クリスマス・ソング”じゃないの?
 ♪いつか過去を許せる日が 来るといいのにと思ったら 涙溢れた・・・

20代半ばの“女の子”に、「許せない過去」があるというのは、ナマイキじゃないのか。初めて聴いた時にふと思った。

私自身の知っている知識の中で表現するとしたら、浜崎あゆみは、「中森明菜と松田聖子を足して2で割った」ようなイメージだ。

傷ついて、人を信頼しきれず、他人を寄せつけようとしない明菜の痛々しさ。誰かに愛して欲しいという叫びを全身から発しながら、言葉では決して「淋しい」と自分の心の内を見せる勇気が出せないから、どんどん孤独になって追い詰められてゆく。このあいだの「ベストテン」にも出てたけど、なんだかますます痛々しく見えたなあ・・・。

一方の聖子ちゃんは、自分のポリシーは言葉に表現しないし、できないんだろうと思うが、自分の気持ちや生き方をさらけ出してしまえる。彼女を好きな人と嫌いな人は、極端に分かれるのではないだろうか。私も若い頃は、あまり好きではなかった。
けれど、実人生においてどちらが強かったかというと、聖子ちゃんだった。多様な「女の生き方」を体現して生き続けている。
今も「現役」でバリバリ活躍してテレビ画面に登場する彼女を見ながら、娘に「聖子ちゃんって、おかあさんと同い年なんだよ」というと、「ウッソー!?」と、娘の目がテンになった。

同世代の女の子たちに、「生き方」を示し続けているという点で、あゆは松田聖子に近い。
ただ、聖子ちゃんの根っからの天衣無縫さが、あゆには無い。

浜崎あゆみは、これからどんな風に変わってゆくのだろう。それとも変わらないのだろうか。
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-01-21 12:22 | その他もろもろ

「思い立ったがチャリティーの日」


ハリウッドセレブの衣装をネットオークション 被災地支援
(CNN.co.jp)


アメリカ人は、どうしてこんなに「チャリティー(慈善事業)」がすきなんでしょう?
キリスト教の奉仕の精神? 税金対策? でも、日本みたいに「なさねばならぬ!」というような“肩肘張った”雰囲気はなくて、「善いことをするのを楽しんでいる」というか、「チャリティーすることに自然な喜びを感じている」というのが、傍目にも嬉しい。
「どうして寄付をするかって? 私がしたいからするのよ」という、単純明解さと言おうか・・・。


第62回米ゴールデングローブ賞の授賞式に出席したハリウッド・スターたちが、インド洋津波の被災地支援に、着ていた衣装をオンラインのチャリティーオークションに次々と寄付している。(中略)全ての売上金は、ユニセフを通じて津波被害の救援活動に送られるという。

主催者は「Clothes Off Our Back Foundation(脱いだ服財団)」。女優ジェーン・カズマレックさんと夫で俳優のブラッドリー・ウィットフォードさんが2002年に設立したもので、俳優や女優が寄付した衣装や貴金属をオークションにかけ、慈善事業への寄付金を募ってきた。



ジェーン・カズマレック&ブラッドリー・ウィットフォード夫妻は、テレビドラマで人気のある俳優さんたちのようだが、これまで、エミー賞に出席した俳優さんたちが身につけていた衣装や貴金属をネット・オークションにかけて、集まったお金を寄付していたとかで、それが今年からさらにパワーアップ。アカデミー賞、グラミー賞、ゴールデングローブ賞、SAG賞といった他の賞にも舞台を広げて行われるようである。

日本で、こういうことやる俳優さんて、いないんでしょうかね?

※参考サイト
 ■海外ドラマ&海外番組より
 ■「愛しのダン・クエール様」(exblog)より
 

◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■CNN.co.jpより
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-01-21 11:14 | 外交・国際問題

「公立学校の授業は効率が悪い・・・ってこと」


総合的な学習時間:文科相見直し発言 実施3年早くも逆風(毎日インタラクティブ)

この話題は、ここ数日マスメディアで盛り上がっているが、上記の毎日の記事に、やっと日本の公立学校の抱える問題の本質が出てきたように思う。
・・・・ただ、フィンランドの教育事情に詳しい都留文科大の福田誠治教授は、学力と授業時間は必ずしも比例しないと言う。国立教育政策研究所の「学校の授業時間に関する国際比較調査」(02年)によると、・・・・「時間ではなく、授業の質こそ問われるべきだ」と話す。
そうそう、そこなんだよね!
日本人てのは、「時間をかけることが良い」という思い込みがないか?
大人の社会でも、ダラダラと効率の悪い仕事の仕方をしてるから、しなくてもいい残業の時間が増えるとか、「長時間働かないと、サボってると思われる」という“常識”が、いまだに通用している。
それって、仕事の質や実績を不問にして、「1日8時間」働けば(職場に存在していれば)同じだけ給料をもらえるという「社会主義」の発想でしょう。公立学校もおんなじなんだよね。

うちの娘は、某私塾の教材を使って英語の勉強を始めて半年経ったところだが、週2~3時間くらいで、中学1年の2学期あたりの内容まで進んでしまった。英語のしゃべれない、教科書を書き写す宿題しか出せない三流教師に英語を3年間も学んでいた私は、「うおぉぉっ! 青春の日々を返せー!」と叫びたいところだ。

今ここで、学校での授業時間数を増やしても、その中身が伴わないなら、「さらに効率の悪い」授業になるだけだろう。
もっと根本的な改革を考えないと、日本の子供たちはおバカになってゆくばかりだ・・・。


◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■毎日インタラクティブより
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-01-20 09:16 | 子育て/教育
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite