二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:日本の社会問題( 425 )

「具体的に何をしてくれるのか、何ができるのかを知りたいのよ」  

今日、参院選の公示日ということで、テレビでは「各党リーダーの第一声」を流してましたけど・・・十年一日というかなんというか・・・一番「迫力」があったのは、綿貫さんかなあ?(^^;

田舎で「格差解消」を訴える小沢さんは、もう旧時代の選挙しかできないんだなぁ、という感じですし、社民党・福島さんの「安倍総理辞めなさい選挙」には、失笑しか出ません。

第21回参院選公示、各党首らが第一声≪動画≫
 〔イザ! 2007/07/12 19:39 〕

安倍さんも、いったいなにがポイントなのか、聞けば聞くほど分からなくなってきます(笑)
今夜NHKに出てたのも聞きましたけど、「消費税アップ」について聞かれると、「できるだけ歳出削減をする」と言っておきながら、しゃべるうちに「でも、それで足りなければ税率を上げないと仕方がない」みたいな話になってきて尻すぼみ・・・優秀なスピーチ・ライターがついてないの?

あの古舘さんのツッコミを遮るド根性は、褒めて差し上げますが、裏を返せば、「人の話を理解できてませんし、理解しようと努力してませんね」ってことですね?

それでは、国民のホンネも分からないんだろうなあ・・・(T_T)

参院選に何を問うか(前編)
 〔NBonline 2007年7月12日〕
いよいよ参議院選挙が公示される。国民はこの選挙で政治に何を問えばいいのか──。安倍政権の実績と自民、公明、民主各党のマニフェスト(政権公約)に対して厳しい評価を下した言論NPOの工藤泰志代表に聞いた。(聞き手は、日経ビジネス オンライン副編集長=水野 博泰)

(抜粋)
 各党の“公約”を見ると、公約とは名ばかりで単なる“課題”の羅列に過ぎない。政治の約束には、明確な目標、実行を担保する財源とか具体的な工程が伴うものだが、それらがほとんどない。

 ただし、政治批判ばかりしていても仕方がないんです。こういう政治を生んだのは僕たち有権者ですから。有権者の眼力が問われている。有権者はこういうマニフェストを受け入れていいのかをしっかり考えなければなりません。
 (略)
 言論NPOでのマニフェスト評価は、感想や感覚に基づくのではなく、精緻な評価の体系と基準を組み立てて行っています。その結果、安倍政権の実績評価は100点満点で39.35点、自民党のマニフェストは26.94点、公明党は17.06点、民主党は27.88点となりました。小泉政権が誕生してから初めての評価は60点でしたから、安倍政権の立ち上がりはかなり厳しい評価です。また、各党のマニフェストは公約の体をなしていない低水準です。
そうそう。

いったい、選挙後、1年後、3年後、日本の国の何がどう変わるのか変わらないのか、ぜんぜん見えてこないんですよね。どの党の「公約」を聞いても。
民主も、図体はデカイけど、結局は「万年野党」でしかないし・・・。

補足
参院選に何を問うか(後編)
 〔NBonline 2007年7月12日〕
 どういう国が美しい国なのか。故郷の美しい自然ということだけではない。安倍さんの言動からは、「誇り」とか「公」とか私利私欲ではない社会が見えてくる。しかし、競争社会の中で努力すれば報われるというグローバリズムの現実と整合性をもって彼は語らなければならない。

 「戦後レジームからの脱却」もいいでしょう。しかし、過去を振り返って“戦後”を語るのではなくて、未来の日本をどのような国に作り直していくのかを必死になって考えることこそが「戦後レジームからの脱却」に違いありません。憲法や教育の問題に入り込んでしまったことが、逆に閉塞感を生み出している。

サンケイさんも、各党の「採点」してますが・・・。
阿比留記者ら、参院選の各党マニフェスト採点
 〔イザ! 2007/07/11 21:26 〕


それにしても、ガックリしたのは、大阪選挙区の候補者の顔ぶれ。

与党は、「公明党候補」が一番の顔で、自民党の候補はイケてな~い・・・ヽ(゚∀。)ノ
大阪は「公明の御領」なんか・・・ちゃんと若手を育ててやれよ、自民党!

JANJAN全国政治家データベース(大阪府)



a0037706_017035.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-07-12 23:57 | 日本の社会問題

「社保庁 労使の“100”の覚え書き ( ゚д゚)」   

先週、大阪・毎日放送の『ちちんぷいぷい』という番組で、元社会部デスクの石田英司氏が「こういうもんを手に入れました」と、社保庁の、地方採用の末端(と呼んでは失礼かな?)職員の9割が入っているという「全国社会保険職員労働組合(全国社保労組、旧国費評議会)」が、社保庁との間に交わした『覚え書き』について言及していたんですが、その内容について、一昨日の放送で詳しい説明をしてくれました。

下の記事にある「45分コンピューターの作業をしたら15分休む」とか、コンピュータ操作の「キータッチ数は1日5000タッチまで」とか、「昼休みには接客しない」とか・・・民間では考えられないような業務の仕方を、98項目も認めさせていたというのです。(反合理化闘争っちゅーやつです)

しかも、コンピュータのキーボードは「JIS配列のものを導入すると、たくさん仕事ができるようになるから、“あいうえお順配列”のものを使う」とか、「いかに仕事をしないで済むようにするか」ということに腐心した内容なのです。

まさに、「社会主義体制下の役所仕事」のお手本ですね。
その「覚え書き」は、つい3年前まで有効だったそうです。
さらには、そうしたバカバカしい項目のほとんどが取り決められたのが、「バブル」がはじけて以降、民間企業がリストラに血眼になっている頃だというから、もう、呆れたというよりも、「驚愕」という気がします。

社保庁改革、届かなかった警告
 〔NBonline 2007年7月9日 馬場 完治〕
(抜粋)
 実は、社保庁改革の議論がスタートした段階から、今日の問題を見抜き、警告していた人物がいる。2004年8月に発足した「社会保険庁の在り方に関する有識者会議」のメンバーを務めた、香川県坂出市の松浦稔明市長だ。松浦市長は、労組問題が社保庁問題の本質ととらえながらも、改革の要は職員の働かせ方にあると主張した。

 「社保庁と労組がいかなる協定を結んでいるかを、まず出していただく」

 有識者会議の初日。松浦市長は先制パンチを繰り出した。

 (中略)

 市立病院の給食担当の臨時職員が退職する際、本来は出ないはずの退職金が支給される――。こうした覚書の存在を些細な出来事から知った。覚書=ヤミ協定こそが、組織を非効率にし、機能不全に追い込む元凶と気づいた。

 その経験があるから社保庁問題でも、まず覚書に切り込んだ。調べてみると、労組が社保庁と結んだ覚書は約100件。「45分コンピューターの作業をしたら15分休む」というものまであった。最後まで残っていた、このオンライン実施についての覚書を次の会議で指摘しようと準備していると、会議前日に「本日、破棄しました」と連絡が入る。書面を読むと、自治労が覚書を破棄することを一方的に通告する内容。社保庁内部が労組に実権を握られていた様子がうかがえた。
「社会保険庁の在り方に関する有識者会議」って、そんなものがあったんですねぇ。知らなかった。

こんな、杜撰でダラダラの組織のトップにいるのは、ほんの30人ほどの「キャリア官僚」で、しかも、年金のことなんか何にも分からない、2年ごとくらいに入れ代わる「お客さん」なのだという。

学校での「いじめ」の問題が、いじめが行われていることを知りながら「見て見ぬふり」をした者も「共犯」だと言うなら、職員の杜撰な仕事を「見て見ぬふり」をしていた人たちも、立派な共犯でしょう。

・・・でもって、今騒がれてる「年金問題」というのは、自民党の責任というよりは、「ダラダラ」を見て見ぬふり」をしたどころか、ガンガン煽っていただろう「野党」の責任なんじゃないでしょうか?



a0037706_12185429.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-07-11 12:26 | 日本の社会問題

「アベちゃん、アキバでどんな演説を?」     

PTAの仕事と、プライベートの仕事で身動きがとれず、久々の更新となりました m(_ _)m


さて、安倍首相、「麻生閣下」のように上手くいくとはとても思えないので、戦術を変更した方が良いのでは?(笑)

「戦後レジームからの脱却」がキャッチコピーなんですから、「昭和」をよく知らない若者たち相手にしても、話が通じないと思うし。なにをしゃべるつもり?

憲法改正、教育改革、国際的な温暖化対策・・・目指す方向は間違ってはいないと思うんですが、どーも人材の使い方と戦い方がマズイって感じがするんですよねぇ。

参院選:党首第一声…安倍首相はアキバ、小沢代表は山間部
 〔毎日新聞 2007年7月10日〕
 参院選公示日の12日に各党党首が第一声を上げる場所が10日、ほぼ決まった。安倍晋三首相(自民党総裁)はアニメやゲームソフトなどの情報発信地で「オタク」文化の拠点、東京・秋葉原で街頭に立つ予定。一方、民主党の小沢一郎代表は東京を離れ、山間部の岡山県新庄村から遊説をスタートして地方重視をアピールする予定で対照を描く。

 年金や閣僚の事務所費問題などを抱え支持率低迷に悩む首相は、若者が集まる秋葉原を選び、無党派層を意識した。
それにしても、「小沢→岡山の山間部」「公明・太田→名古屋駅前」「志井・福島→新宿駅前」「綿貫→有楽町」っていう図式は、分かるような分からないような・・・(^^;



a0037706_11405594.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-07-11 11:41 | 日本の社会問題

「『忠臣蔵』と『総長賭博』と・・・日本人のメンタリティー」  

少し前、 『14歳の子を持つ親たちへ』 (内田樹・名越康文の対談/新潮新書)という本を読んで、個人的にツボにハマって笑い転げたんですが、その中で、内田先生が、『日本人って、とにかく極限まで突っ走ってから、いきなり違う方向に急転換、というところがありますよね。』『僕はこれを『総長賭博』的メンタリティーと呼んでいるんですけどね。』というところがあって、納得してしまいました。
『忠臣蔵』でも、我慢して我慢して我慢して・・・最後にワーッとキレて爆発して散ってゆく、みたいな感じ。

恨みつらみが、サラーッと水に流してしまえる問題はいいんだけど、流してしまえないものは、本当は関係ないところまで巻き込んでブッ壊してしまう。

確かに、伊勢神宮の周期的な遷宮とか、古いものを壊してもう一度ゼロから建て直すというのは、ある意味で“合理的”なのかもしれません。
年月を経るうちに緩んだり、歪みが生じたりしたものを、「修正」をかけて維持するのではなく、最初から組立て直す・・・でも、その方法が有効に働くのは、「最初の形」をずっと保全する場合だけ。

建物や組織の形そのものを変えてしまわなければならない場合は、「ガラガラポン」は無駄が多過ぎるような気がする。

つづきを読む....
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-07-05 12:04 | 日本の社会問題

「日本人は野獣化してる・・・?」  

深夜の街中で、人間が次々と猛獣に変身するという大手警備会社のCMは物議を醸したようですが、あれを「間違ってはいない」と思ってしまうようなニュースが、毎日報道されていて悲しいですね。
 ※CMの方は、問題になった一部分をカットして、また放映されてますね。


18歳の女の子が、夜中の3時半にコンビニにいるというのも不可解な状況ですが、酔っていようがいまいが、「若い女を見てムラムラしてナニを・・・」というのは、理性を持った人間じゃなくて、肉体の本能だけで動いている「野獣」ですね。

コンビニ駐車場で下半身露出、容疑の大阪市職員逮捕
 〔アサヒコム 2007年07月04日〕
 大阪府守口市のコンビニエンスストア駐車場で女性の前で下半身を露出したとして、大阪府警守口署は4日、大阪市東淀川区菅原2丁目の大阪市水道局柴島浄水場職員、川崎剛容疑者(31)を公然わいせつ容疑で逮捕した。

 調べによると、川崎容疑者は4日午前3時25分ごろ、守口市京阪本通1丁目のコンビニの駐車場にいた18歳の女性2人の前で下半身を露出した疑い。同容疑者は酒に酔っており、「女性を見てムラムラした」と供述しているという。
先週末に、うちからそれほど遠くないところで、真っ昼間に女子小学生相手にコレをやった男がいたという情報が市教委から届いて、ゲッソリしてたところですが、ニュースにならないだけで、いっぱい出没してるんでしょうか・・・。



a0037706_1561673.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-07-04 15:06 | 日本の社会問題

「COBOL?!」   

さっき『サンプロ』をチラッと見ていたら、社保庁の年金データを蓄えてるコンビュータのプログラムは「COBOL(コボル)」だと説明されてて、イスからずり落ちました ヽ(゚∀。)ノ


二十数年前に、ちょっとコンピュータの勉強でもしておくべきか・・・という頃に習ったのが、「COBOL」でした。(CGなんかができ始めていて、やってみたかったんですけど・・・先見の明だけはあったようで・苦笑)

結局、2年近く習ったものの、ちゃんと身につかないで(苦笑)、「あたしは理数系じゃないから」とあきらめたんですが、その後のハードの進化やソフトの開発のお陰で、こうして、自宅の居間でパソコンを操っております。


・・・で? ずっと「COBOL」でやっていくわけ・・・? まさか・・・?



a0037706_11213197.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-07-01 11:22 | 日本の社会問題

「13年・・・忘れてしまってますよね」       

そういえば、まだ捕まってなかったんだ・・・という感じですね。

大阪には、オウム(現アーレフ)の道場があって、近隣住民の反対に遭ってはあっちこっちウロウロしてるようなんですけど、あんなの、最初っから犯罪・詐欺集団だと分かってる人はたくさんいたのに、マスコミやマスコミに担がれてワラワラと出てきた学者たち(注)が「宗教」だとか“解説”したばっかりに、生き延びてるんですよね。
 ◇不正受給:オウムの女性信者、詐欺容疑で書類送検/大阪
   〔毎日新聞 2007年6月6日〕


さっさと「破防法」で根絶やしにしてしまえば良かったのに。

オウム情報求めチラシ配り 松本サリン13年で長野県警
 〔47NEWS 2007/06/27〕
 松本サリン事件を風化させないため、長野県警は発生から13年の27日、長野市のJR篠ノ井駅などで、オウム真理教の特別手配容疑者に関する情報提供を求めるチラシを配った。

 午前7時、同駅のコンコースで長野南署員10人が、通勤や通学途中の人々に「情報お願いします」などと呼び掛けながらチラシを手渡した。チラシには逃亡中の高橋克也(49)ら3容疑者の顔写真が掲載してあり「忘れていませんか!」と情報提供を求めている。



a0037706_2335611.gif 「ブログランキング」

つづきを読む....
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-06-27 23:05 | 日本の社会問題

「お上の言説は信用できない、民でやります・・・宣言」

日本の「年間自殺者数」は、9年連続で3万人を超えています。
今年、劇的に状況が変わらなければ、「自殺」という不幸な死因で亡くなる人は、10年間で30万人となります。

まるで、「戦争」でも起きているのかというような数字ではないのでしょうか?
広島・長崎の原爆で亡くなった方が、およそ20万人だとのことです。

自殺の実態調査・民間団体、社会的背景を究明へ
 〔NIKKEI NET 2007/06/27〕
 年間自殺者が9年連続で3万人を超える中、NPO法人「自殺対策支援センター ライフリンク」(東京、清水康之代表)など自殺問題にかかわる民間団体は26日までに、自殺者1000人を対象に、社会的な背景、原因などについて初めての本格的な実態調査を行うことを決めた。早ければ7月にも始める。

 政府が6月にまとめた自殺総合対策大綱は、自殺の社会的背景を含め、実態把握を対策の柱の一つに掲げており、ライフリンクなどは調査を通じ有効な自殺対策や遺族支援につなげたい考え。
今回、その「ライフリンク」の清水代表が、「本格的な実態調査」をしようと考えた動機が、たぶん、ご自身のブログで5月に怒っていることなのだと思うのですが(更新がここで止まっています)。

◆ 「自殺総合対策大綱案の「削減目標」に異議あり」
  〔ライフリンク代表日記 2007年05月02日〕
大綱案の「削減目標」には、次のように記されている。

「平成28年までに、平成17年の自殺死亡率を20%減少させることを目指す。」

つまり、実数に直して単純計算すれば、「10年後までに年間自殺者数を26000人までに減らす」ということである。
これまで国としては、6年前の『健康日本21』では「2010年までに22000人以下」、2年前の『自殺予防に向けての政府の総合的な対策について』では「今後10年間で“急増以前”の水準に戻す(急増直前が97年の自殺者数24391人)」としてきたわけだから、これまでの削減目標と比較して大きく後退したことになる。

同じ大綱案の中で、「自殺は追い込まれた末の死」であり、社会的な取り組みによって防ぐことができるとしているのに、どうしてそうなるのだろうか。。。



また報道によると、内閣府は「10年間で20%減少」の根拠を「自殺対策の先進国の英国やフィンランドにならった」と説明(朝日新聞4月27日)”しているようだが、これは明らかなミスリードである。
 (以下つづく…)
安倍内閣は、どの問題についても、言うことは素晴らしいのだが、それを実行するための知恵と方法論に欠けているのではないんでしょうか?



a0037706_22112324.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-06-27 22:11 | 日本の社会問題

「中年童貞 Vs ハルヒ?」    

格差、格差って・・・コレっぽっちの自助努力もしてみないで、なんでも「時代」とか「社会」とか「制度」に責任をなすりつけてんじゃねぇよっ!・・・と、思わずケリを入れてやりたくなるような感じですねぇ。

・・・いや、読んではいないですけど、これって、結局、フジサンケイの「提灯記事」じゃない。
せっかくなんだから、著者名もちゃんと紹介しておけよなっ!

それにしても、扶桑社新書のカバー・・・趣味悪いよね(^^;


私が「お年頃」だった時代でも(大昔)、女子が「20歳過ぎて処○」だったら、「天然記念物」とか秘かに呼ばれてたんじゃなかったっけ?
それが、40歳過ぎて童貞?! ・・・なんて呼べばいいの? シーラカンス?(苦笑) 

40代の10%?受難の「中年童貞」 34歳“未体験”男性出版
 〔サンケイイザ! 2007/06/25〕
 ■恋愛も厳しい格差社会
 興味深い本が登場した。その名も『中年童貞』(扶桑社新書)-。あからさまなタイトル通り、中年にいたるまで性交渉の経験のない男性の存在と実像を紹介して、中年童貞の生きる道を模索する。著者は34歳で童貞の渡部伸さん。女性との性交渉を望みながら、なぜ中年まで果たせない男性が生まれるのか。個人に起因する問題も大きいだろうが、「恋愛資本主義」に覆われた日本女性の意識にも原因を求めることができそうだ。(桑原聡)
『中年童貞』渡辺伸・著
著者のことは、まだネット世界には、あまり情報が流れてないようです。

そんな中で、一人、大爆笑してしまったブログが----

出版評論~blog版
 「扶桑社新書『中年童貞』&明日はサンシャインクリエイション」
 この本は、「学者が中年童貞について偉そうに語る」本ではなく、中年で童貞である著者自身が語る本です。
 正直、この本に結論とか展望とかはありません!
 最後まで著者は童貞のままです!!(どうも、商業的には、仮想敵は『電波男』っぽい……)

 ただ、「中年童貞の実態」についてはとてもよくわかるし、面白く読めます。エンタメとしても充分楽しめます。データも豊富です。

 私的には、これと『涼宮ハルヒの憂鬱』を合わせて読むことをオススメしたいです。
 いやもう、なぜハルヒがウケたのか、いろんな意味でよくわかりますので。

 というわけで、今日はお仕事します。せっせせっせ。

もう、最近の若者の「恋愛観」とか「人生観」とか、ワケ分からん。

 ※『涼宮ハルヒの憂鬱』(Wikipedia)
 渡部さんは言う。「バブル期の三高の条件では、背は無理でも学歴と収入は努力でカバーできました。いまでは、経済力に加えてセンスや雰囲気、コミュニケーション能力が要求される。これは生来のもので、スキルアップは難しい…。中年童貞の問題は少子化の問題に直接つながっているとも思うのですが、どうでしょう
 〔上記イザ!記事より〕
「コミュニケーション能力は生来のもので、(後天的な)スキルアップは難しい」だって?!


だからアンタは「童貞」のままなんだよっ!

女の気持ちなんかぜんぜん感じも考えもしない、ジコチュー・ワタナベ・ズンイチ御大をお手本にしなさいw

・・・ウソ、ウソ!

スポーツ界の「W王子」をお手本にしてください <<(_ _)>>




a0037706_19281827.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-06-25 19:29 | 日本の社会問題

「最先端の科学や医療も、一種の信仰ですが・・・」     

夫が破門された腹いせに、妻が教会の建物に放火しちゃうなんていう信者を抱えているのでは、「まともな宗教」であるとは考えられないんですけどね。

その宗教(の教義、団体・組織)が正しいかどうかは、その果実(信者の言動)を見れば分かる・・・らしいです。

15歳未満、親拒んでも輸血…5学会指針案
 〔読売新聞 2007年6月24日〕
 信仰上の理由で輸血を拒否する「エホバの証人」信者への輸血について、日本輸血・細胞治療学会など関連5学会の合同委員会(座長=大戸斉・福島県立医大教授)は、15歳未満の患者に対しては、信者である親が拒否しても救命を優先して輸血を行うとする指針の素案をまとめた。

 「信教の自由」と「生命の尊重」のどちらを優先するかで悩む医療現場の要請に応えて検討を始め、「自己決定能力が未熟な15歳未満への輸血拒否は、親権の乱用に当たる」と判断した。
「臓器移植ドナー」の改正案でも争点の一つになっているのが、ドナーになれる「年齢」です。

現在、提案されているのが「年齢制限無し、家族の同意のみでドナーにできる」という案と、「現在の15歳以上の年齢制限を12歳以上に引き下げる」という案。
 ※参照 山陽新聞WEB NEWS 特集記事「揺れる移植医療」
  第5部 足踏み 7 二つの改正案 節目の年 行方見えず

「15歳以上」というのは、日本で「遺言書」の有効性が認められる年齢に合わせた基準らしいです。

上記の読売の記事は、こう締めくくられています。
 子どもは社会の宝であり、その命は最優先で守るべきだという考え方が強まっている。新しい指針素案は、そうした流れにも沿った判断といえそうだ。
子供は、産んだ親の「所有物」という発想が、まだまだ強いらしい日本の親子関係ですが、「社会の宝」という発想に切り替えてゆけば、「こうのとりのゆりかご」も許容範囲だと思えますね。



a0037706_13265533.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-06-25 13:29 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite