二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「発達障害の早期発見は国の責務に~議員立法で支援法案」


a0037706_16143841.gif  日歯連の贈収賄事件の“渦中の人”、橋本元首相が会長を務める超党派議員連盟の法案で、与野党の賛成多数で成立が確実だという。

それにしても、「先天的な脳機能の障害」という表現というか、医学的な“見立て”がそもそも正しいのかどうか、私は疑問を感じる。
つまりは、「一生治りません」「特別扱いにして差し上げますから、周囲の健常者には、迷惑をかけないでくださいね」というのがホンネではないのだろうか?

小学校などでは、1クラスの生徒数が30名程度と減ってきたこともあるのか、この議員連盟が指摘するところの「LD」や「ADHD」にあてはめられるであろう児童が増えているような気がする。身近な友人たちに聞いてみても、「いるよ、いるよ。クラスに2~3人は絶対にいる」という声が上がる。

教育評論家や児童心理学者などは、「家庭で自由放任に育てられ、親にきちんと躾けられていない子供が増えている」と分析している。
だが、今の“問題児”たちの親に問題があるとするならば、その問題の責任は、祖父母世代にまで遡らねばならないだろう。責任の所在を、安易に決定しないでいただきたいものだ。

“普通の教員”には指導できないからといって、「授業の邪魔をしなければいい」と放置され、ほとんど1日中、学校内をマイペースで走り回っている「LD児童」(と見なされている)たちの姿を目にするたび、彼らの「学習を受ける権利」と「学習を受けさせる義務」〔日本国憲法第三章 第二十六条〕が、学校教育の現場で堂々と無視されていることに、私は憤りを感じている。

このような法律を作る前に、まずは「発達障害」についての深く、幅広い研究を進め、障害を抱えていると思われる人たちに対する、適切な指導法や指導を受けられる環境作りを優先すべきではないかと思うのだが。それに、すでに確定したらしい8億5千万円の予算は、いったい何に、どう使われるのか曖昧過ぎる。(使えもしないハコ造りと、天下り議員の人件費だったら怒るよ!)

などと考えていたら、次の「金八」のドラマの“柱”が「自閉症児」なのだという記事を読んで、思わずのけぞってしまいました・・・。
「連帯」ねぇ・・・連帯ならテロリストでもできるよね (ノ-_-)ノ
(夜型の子どもが増えて困るとお嘆きの諸氏よ、「最近の子どもたちの生活時間の変化に鑑み、午後10~放映します」というテレビ局の利益第一主義に、激しく突っ込めよッ!)
・・・失礼しましたm(_ _)m

楽しんでいただけたなら、
ここ↓をクリックしてくだせぃ <(_ _*)>
「ブログランキング」

~~~~~~~ ~~~~~~
◆発達障害者:議員立法で支援法案 早期発見、国の責務に
 〔毎日新聞 2004年9月5日 03時00分〕

 超党派の「発達障害の支援を考える議員連盟」(会長・橋本龍太
郎元首相)は4日、自閉症などの「発達障害」の早期発見、支援に
ついて定める「発達障害者支援法案」(仮称)を秋の臨時国会に議
員立法で提出する方針を固めた。与野党とも賛成の方向で、成立は
確実とみられる。法整備を見込んだ厚生労働省は来年度予算概算要
求に支援体制整備費など8億5000万円を盛り込んでおり、本格
的な支援の枠組みが整うことになる。

 発達障害は先天的な脳機能の障害で、対人コミュニケーションに
問題がある自閉症のほか、・・・・
 (以下略)
--- --- --- --- ---
◆金八先生:“最強B組”誕生
 〔スポーツニッポン 2004年9月5日〕

 今年で25周年を迎えたTBSの人気ドラマ「3年B組金八先生」
第7シリーズの生徒役が4日、都内のホテルで発表された。
 (中略)
・・・・今回は、「第3回ラズベリー読者オーディション準グラン
プリ」の岩田さゆり(14)演じる自閉症の生徒が3年B組に転校
してきたところから物語がスタート。紆余(うよ)曲折を経て、ク
ラスが1つにまとまって一緒に生きていく連帯感がテーマになって
いる。
 (以下略)
[PR]
by rabbitfootmh | 2004-09-05 16:22 | 子育て/教育
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite