二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「プロバイダの協力で、未知のメル友の命を救う」

a0037706_20293464.gifこんな報道していいのか・・・な?
メルアドから住所が割り出せるのか。
〔専門家の方には自明の事実なのでしょうが〕

自殺を図った人が救助されたのは、喜ばしい
ことだ。インターネットの技術が進み、普及すると、
いろいろなことが可能になってくる。悪いことをする人間も増えてくる。

人間が科学技術に“使われる”ことなく、技術を“使いこなす”ことが
重要だ・・・なんて陳腐なオチだろう(^^ゞ


今日も、ここ↓をクリックしてくだせぃ<<(_ _)>>
「ブログランキング」

~~~~~~~ ~~~~~~
◆メル友から「死にたい」…プロバイダー協力し救助
 〔アサヒコム 2004年8月28日 16時38分〕

 住所を知らない知人から自殺をほのめかすメールが届いた――。
東京消防庁が今月24日、こんな119番通報を受けた。プロバイ
ダーの協力で東北に住む知人の住所を突き止めて、現地の消防署員
が現場に急行、一命を救った。プロバイダー側は「個人情報は法的
根拠がない限り原則的に出さないが、今回は人命がかかわる緊急事
態と判断した」と話している。
 (以下略)
[PR]
by rabbitfootmh | 2004-08-28 20:28 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite