二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「女児誘拐未遂で保釈中の小学教諭逮捕」


a0037706_0273213.gifまずは、この容疑者の年齢に驚く。大学を出てすぐに教諭となっていたとすれば、30年以上も“聖職”についていたことになる。いつごろから“道を踏み外したのか”は分からないが、これほど常習性があるならば、ここ1~2年のことでは済まないように思われる。今回の一件で、ようやく懲戒免職処分となったそうだが、まったく遅きに失したという感じだ。

この男、未成年者の誘拐だけではなく、窃盗の前科も1度ならずあるという報道もあり、呆れるというより憤りを感じる。窃盗被害にあったことのある人は、「形相や格好が普通じゃなかった」と証言していたが〔20日夕のMBSテレビ〕、勤務先の小学校の保護者などから、問題視する声は出なかったのだろうか。

日本の公立学校では、児童・生徒やその保護者からの「クレーム」がフィードバックされるシステムが無い。よく「子供が人質に取られているから、問題を起こせない」というような言葉で、子供や保護者の立場の難しさが表されるが、たとえ勇気を出して“声”を上げたところで、学校や教育委員会でもみ消されてしまい、かえって保護者の中でも孤立してしまうという事態に陥ることが予測されるので、「あと1年、あと2年我慢すれば・・・」と、問題は先送りされてゆき、数年もすれば問題教諭が他校へ転勤して、「ああ、良かった・・・」と保護者たちが胸をなで下ろす、ということの繰り返しなのではないだろうか。
それで、その問題教諭の「問題」が解決されたかというと、もちろん、転勤先の学校で同じ状況が起きることは自明の理である。

もっと、子供たちのことを真剣に考えてもらわなければ困る。子供は国の宝なのだから。きっと、天国から下界をながめながら誕生の順番待ちをしている子供たちの魂は、「こんな国には生まれたくないね」などと、日本人に生まれることを忌避し、コウノトリに「日本へは降ろさないでね」と頼んでいるのではないかなどと、ヘンな想像をめぐらせてしまうのである。


楽しんで読んでいただけたなら、このボタンをクリックしてくだせぃ <<(_ _)>>
a0037706_139860.gif



~~~~~~~ ~~~~~~
◆女児誘拐未遂で保釈中の小学教諭逮捕
 〔産経Web 2004年8月20日 15時06分〕

 大津市のレンタルビデオ店で19日午前、小学2年の女児(7つ)
が男に声を掛けられ、連れ去られそうになる事件があり、大津署は
20日、未成年者誘拐未遂容疑で、大阪府池田市立小教諭、川瀬正
博容疑者(55)を逮捕した。
 (中略)
 川瀬容疑者は7月11日、大阪府能勢町で女児2人を車で連れ去
ろうとしたとして府警豊能署が逮捕。起訴後、保釈されて自宅謹慎
中だった。
 (中略)
 川瀬容疑者は、乗っていた自転車は盗んだものと供述しており、
同署は裏付けを進める。

[PR]
by rabbitfootmh | 2004-08-21 00:38 | 子育て/教育
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite