二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

『華氏911』・・・見る? 見ない?


a0037706_012833.gif今日は「13日の金曜日」・・・といっても、キリスト教徒ではない日本人にとっては、別に何ということのないキーワードではある。(あ、14日になってしまいましたね・苦笑)

しかし、イラク戦争はもちろん、その戦争の向かう方向を決めると思われるアメリカの大統領選挙、現大統領・ブッシュJr.と挑戦者ケリーの演説やそれぞれの支持者の顔ぶれとその発言などを聞いていると、日本人の“宗教音痴”は、かなりのハンディ・キャップであることを思い知らされる。

世界の覇権を握りたいアメリカ。経済を動かす“血液”とも言える中東の原油の利権争奪に絡む、水面下の攻防。イスラエルを中東から追い出してしまいたいアラブ諸国。自分たちの国家を、旧約聖書の予言通りに成就して建国・繁栄させたいイスラエル(ユダヤ人)。
アメリカの政治・経済の中枢で活躍するユダヤ系アメリカ人。その裏には、数千年にわたる根深い宗教的対立が横たわっている。

そうした宗教と民族の対立の根っこをについて、日本のメディアはほとんど伝えない。いや、たとえ伝えたくても、彼の国々の宗教について深い理解や知識・情報を持った人材がいないのだろう。

『華氏911』をどう見るか? それは、日本国内で対立する二つの政党の代表者の「感想」を対比させて伝えるだけでは、はなはだ不十分と言わざるを得ない。

蛇足ながら、この映画のタイトルは、「『華氏451』から勝手に盗み、数字を入れ換えただけのものであり、その内容は著者の政治的見解とはまったく相容れない」と、著者のレイ・ブラッドペリ氏は憤慨しているとのことである。

日本では8月14日の東京での先行上映に続き、21日から全国で公開の予定。

~~~~~~~ ~~~~~~
◆岡田代表:「華氏911」首相に鑑賞勧めたい
 〔毎日新聞 2004年8月12日〕

 民主党の岡田克也代表は12日、東京・有楽町で開かれた話題のドキュメンタリー映画「華氏911」(マイケル・ムーア監督)の試写会に姿を見せ、記者団に「いろいろ考えさせる映画だ」などと
感想を語った。
 (以下略)
--- --- --- --- ---
◆小泉首相:映画「華氏911」拒絶
 〔毎日新聞 2004年8月3日〕

 小泉純一郎首相は2日、ブッシュ米大統領に対する痛烈な批判で注目されているマイケル・ムーア監督の映画「華氏911」について「政治的に立場の偏った映画は、あまり見たいと思わない」と述べた。記者団の質問に答えた。
 (以下略)
[PR]
by rabbitfootmh | 2004-08-14 00:19 | その他もろもろ
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite