二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「自殺増加 内閣府が背景調査へ」


a0037706_1984.gif去年1年間の自殺者数は「3万4427人」で、その主な原因は、「経済的問題」と「生活問題」、40~50代の働き盛りの男性が多いことは7月24日にもコメントした通り。

内閣府に「経済社会総合研究所」などという組織があったことを、このニュースで初めて知った。韓国なども、最近は「ひきこもり」青年が増えてきているというから、多少は国民性が似ているのかもしれない。

小泉首相は、「自殺者が増える理由が分からない」と言っているそだが、日本には、心が疲れた時に癒せる場が無いことが理由の一つではないだろうか。
女性はわりあいと、ストレスに強いというか、ストレスとの付き合い方を心得ているというか、アロマやエステ、美味しい料理を食べに行ったり、お芝居やコンサートを観たり、旅行をしたり、自分で自分を癒す術を知っている。

男性は、お酒や友人同士のグチのこぼし合いなどでストレスを解消しようとする人が多いのかもしれないが、アルコール量が過ぎると身体にも良くないし、グチを言ったところで、問題は解決しないし、かえって気分が落ち込んだりするのではないだろうか?

現実はしっかりと直視しながらも、「これは自分の力では無理やりねじ曲げることはできない」と思ったら、しばらく“流れ”に身を任せてみるのも良いかもしれない。近視眼的に思い詰めている時には、良いインスピレーションは降りてこない。肩の力を抜いて、深呼吸、瞑想・お祈りするのも、お金がかからずお手軽では?
  <参考>
 「ウツな気分が消える本」 高田明和著/光文社刊

~~~~~~~ ~~~~~~
◆自殺増加:内閣府が背景調査へ 他国との比較など
 〔毎日新聞 2004年8月12日 03時00分〕

 内閣府は11日、昨年1年間の自殺者が過去最悪を記録したことを重視、背景も含めて調査・研究を本格化することを決めた。社会病理現象として取り組むべき政策課題との判断からで、来年度から同府にある経済社会総合研究所が国民の意識調査や他の主要国との比較などに着手する。
 (以下略)
[PR]
by rabbitfootmh | 2004-08-13 01:11 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite