二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「イチロー、今季2度目、通算3回目の月間50本安打を達成」


a0037706_20385597.gifアメリカにおける「サムライ・ブーム」のきっかけを作ったのは、イチローではないのだろうか。
小柄な彼がアメリカ大リーグに乗り込んで行った当初は、バッターボックスに入って、バットを握った右腕をピッチャーマウンドの方向へグイと伸ばし、ユニホームの袖をスッと引き上げるクセが、「挑戦的だ」と言われたようだが、今ではすっかり「イチロー流」として受け入れられ、彼に憧れる子どもたちが、ちょっと照れくさそうにマネするほどだ。

アメリカの大リーグが、何の問題も抱えていないとは言わないが、少なくとも、する人にとっても観る人にとっても、「私の愛する野球」が素晴らしいものであって欲しいとの願いを実現するため
に、絶えず試行錯誤を繰り返しているのではないだろうか?

「試行錯誤」に対する“耐性”の弱いらしい日本では、今、球界が大荒れである。必要なのは、知恵とお金と人材と、「何はさておいても野球!」という、野球そのものへの「愛」かもしれない。

~~~~~~~ ~~~~~~
◆イチロー:今季2度目、通算3回目の月間50本安打を達成
 〔毎日新聞 2004年8月1日 09時27分〕

 【ニューヨーク 松本照雄】マリナーズのイチローは31日のエンゼルス戦で本塁打を含む3安打を放ち、7月の月間安打数を自己最多タイの51安打とした。イチローは5月にも50安打を放っている。マリナーズ広報によるとシーズンに2度の月間50安打は、1936年のジョー・メドウィック以来、68年ぶりの大記録。
 (以下略)
[PR]
by rabbitfootmh | 2004-08-01 20:44 | その他もろもろ
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite