二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「マスコミの“支持率”も計ってみたら?」

発言の内容が的確なのか、発言の“TPO”が適切だったのかどうかは、ひとまず置いておくとして…

マスコミが、政治家や官僚などの発言を、いちいち「失言」だの「暴言」だのと叩いて、「弱者保護」・「人権尊重」の立場と対立する意見を、一切封じ込めてしまうような風潮は、困りものだと思う。

特に、政治家の場合は(最近は、官僚でも処分されるケースが出てきてはいるけれども)、マスコミに作られた負のイメージによって、次の選挙で議員生命を断たれることもあるから、正論であっても、発言するにはかなりの勇気が要る。

また、近ごろは、割合と小さな会合や会食の場での、“非公式な”発言が、関係者のリークなどで(?)マスコミに流され、揚げ足取りをされることも多いような気がする。

こうして、どんどん政治の力が弱体化してゆくと、日本の国自体が、シロアリに食われた家のように、見えないところで腐っていって、気づいた時には崩壊…という、恐ろしいことになるのではないかと、心配である。

家の柱を食い尽くしたシロアリは、また別の家に引っ越ししてゆけばよいだろうが、日本という国の体を食い尽くすマスコミは、瓦解した日本の国の下敷きになって、自らも滅ぶ運命だということが、まだ分からないんだろうか?

もう一つ言えば、そんな「おバカ・マスコミ」が吹かせる「お上を倒せ!」という追い風に乗って、「政権奪取」などという時代錯誤的な政治活動をしている民主党も、いざ、自分たちが政権を握った時に、今の自民党と同じ目に遭うだろうことを予想し、覚悟していないのではないか、ということも、ご心配申し上げているところである。

野党各党が更迭要求 坂本総務政務官発言で
 〔47News 2009/01/06 17:27〕
 野党各党は6日、年越し派遣村をめぐる自らの発言を撤回、謝罪した坂本哲志総務政務官について「人の心を傷つけた発言は、撤回して済むものではない」(民主党の鳩山由紀夫幹事長)として政府側に対して一斉に更迭を求めた。鳩山邦夫総務相は記者団に「(批判を)真摯に受け止め反省しているから問題ない」と辞任の必要性を否定したが、麻生太郎首相は新たな難題を抱え込んだといえる。

 鳩山幹事長は、国会内で記者団に「野党4党が一致して行動し、早期の罷免を求める」と強調。共産党の市田忠義書記局長は「自公政権が進めた雇用政策への反省がまったくない。政務官の資格はない」と反発した。

 社民党の福島瑞穂党首も「懸命に生きている人に対する許し難い侮辱だ」と指摘し、国民新党の亀井久興幹事長は「発言に責任を感じているなら自ら辞任するべきだ」と述べた。
【共同通信】

派遣村「真面目な人なのか」発言 ネットでは擁護論目立つ
 〔J-CASTニュース 2009年1月6日 19時47分(Excite エキサイト)〕



a0037706_191135.gif 「ブログランキング」
 
 




派遣村「働こうとしている人か」 坂本総務政務官発言に批判
 〔47News 2009/01/05 22:11〕
 坂本哲志総務政務官(衆院熊本3区、当選2回)は5日午後、総務省の仕事始めのあいさつで、東京・日比谷公園の「年越し派遣村」に集まった失業者らについて「本当にまじめに働こうとしている人たちが集まってきているのかという気もした」と発言した。

 坂本氏は派遣村での様子について「学生紛争の時の戦略のようなものが垣間見える」とも述べた。

 坂本氏の発言は5日夜の民主、国民新両党の役員懇談会で話題になり、出席者から「派遣村に来ていた方々に対して本当に失礼な発言だ。不信任決議案にも値する」などの批判が出た。

 年越し派遣村は、派遣契約の打ち切りなどで年末年始に行き場がない人たちを支援しようとボランティアらが昨年12月31日に日比谷公園に開設。今月4日夜には派遣村のテントと厚生労働省の講堂に約500人が寝泊まりした。
【共同通信】

坂本政務官が謝罪、発言撤回 「関係者に迷惑かけた」
 〔47News 2009/01/06 11:38〕
 坂本哲志総務政務官は6日午前に総務省で記者会見し、東京・日比谷公園の「年越し派遣村」に集まった失業者らをめぐり「本当に働こうとしている人か」とした自らの発言について「関係者に迷惑をかけた。発言を撤回して深くおわびしたい」と謝罪した。責任の取り方については「地方をもっと活性化させる意味で職責を全うしたい」と述べ、辞任を否定した。

a0037706_1859361.jpg「年越し派遣村」に集まった失業者らをめぐる自らの発言について、記者会見に臨む坂本哲志総務政務官=6日午前、総務省

 発言に関しては「(派遣村に)大人数がいて雇用が深刻なのかもしれないが、そうではない人もいるのではないかという思いも頭をよぎった」と説明。また「本当のことを言った」「(失業者は)もっとたくましく生活しないといけない」という激励の電話があったとも強調した。

 坂本氏は5日の総務省仕事始めのあいさつで「本当にまじめに働こうとしている人たちが集まってきているのかという気もした。学生紛争の時の戦略のようなものが垣間見える」と発言した。
【共同通信】

[PR]
by rabbitfootmh | 2009-01-05 23:57 | メディア
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite