二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「一澤帆布のお家騒動~長男提示の遺言はニセモノ!?」

もう一つ、自分の記事にTBです >^_^<

京都の老舗かばん店、「一澤帆布」の相続問題については、以前にこのブログでも取り上げたことがあるのですが、なんと、長男の出した遺言が「偽物なので無効」という判決が下ったそうです。

サスペンス・ドラマのような展開になりましたね。

今、長男さんと、三男さんのところは、目と鼻の先の場所で、別々に店を構えていたはずですが、「ニセモノ」の方の商品は、これからも需要があるのでしょうか?

一澤帆布:前会長の遺言「偽物」…三男側が高裁で逆転勝訴
 〔毎日新聞 2008年11月28日 22時32分(Excite エキサイト)〕
 人気ブランドかばんの「一澤帆布(いちざわはんぷ)工業」(京都市東山区)の前会長で01年に死去した故一澤信夫氏が作成したとされる遺言を巡り、信夫氏の三男の妻が、長男と四男に遺言の無効確認などを求めた訴訟の控訴審判決が27日、大阪高裁であった。大和陽一郎裁判長は、有効と判断した1審・京都地裁判決(07年5月)を取り消し、三男の妻の逆転勝訴判決を言い渡した。長男は判決を不服として上告する方針。

 三男が起こした同様の訴訟では、三男の敗訴が04年12月、最高裁で確定している。今回は逆の司法判断となった。

 遺言は、長男と四男だけに同社株を相続させるとの内容。判決は、遺言書の印影が普段使わない「一沢」だった点が不自然で、経営を任されていたのは三男だったと指摘した。その上で「経営に関与していない長男に同社株の大部分を相続させるとの遺言内容は著しく不自然で不合理」と認定し、「信夫氏が作成したとは認められない」と判断した。【北川仁士】



<TB元記事>
「一澤帆布がかばん製造休止 相続めぐり対立、分裂も」
 〔by rabbitfoot 2006/03/01〕


a0037706_925543.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2008-11-29 09:21 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite