二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

中国「赤ちゃん売買&一人っ子政策“ムチ”から“アメ”へ」


a0037706_2223078.gif
日本では、子どもがたくさん生まれて欲しいのに生まれない「少子化」が問題になっているという
のに、中国では、「一人っ子政策」で出生数を抑えようとしても効果がなく、総人口は13億人ほどに膨れ上がっている。

国の能力を超える数の人間は養えないので、切って捨てようという政策をためらいなく実施できるのは、共産主義国ゆえだろうか。宗教や神仏の存在を認めない国では、「人の値段」も安い。

中国では、避妊も人工中絶も少ないのだろうが、労働力にも家の後継ぎにもならない女の子は、ヤミからヤミへと売買され続けている。下記のニュースで摘発された数など、氷山の一角で、実際は1ケタも2ケタも大きいのではないかと勘繰ってしまいたくなる。

女の赤ちゃんのほとんどは、約15000円(1200元)以下で“取引き”されているとか。最低では500円程度という価格もあるようだ。
そうして売られた赤ちゃんたちが、いったい「どこへ」消えてゆくのかについては、まったく報じられていない。

「人の生命」の値段が安い国は、戦争で国民の数が減ることなど、痛くも痒くもないだろう。中国が“暴走”しないことを祈るばかりである。
 (み)

~~~~~~~ ~~~~~~

◆中国:赤ちゃん118人売買、主犯6人に死刑

 〔毎日新聞 2004年7月26日 19時50分〕

 【北京・大谷麻由美】中国広西チワン族自治区や安徽省、河南省
などで赤ちゃん118人を売買していたグループが摘発され、26
日までに、事件に関与した被告52人のうち主犯格6人に死刑、
45人に無期懲役などの判決が言い渡された。25日付の中国紙
「北京晨報」が伝えた。また、中国中央テレビによると、内モンゴ
ル自治区フフホト市でも5月、赤ちゃん76人を売買していた別の
グループが摘発され、102人が逮捕された。
(以下略)
--- --- --- --- ---

◆中国:一人っ子政策“ムチ”から“アメ”へ

 少産夫婦の老後に年1万5000円

 〔毎日新聞 2004年7月25日 東京朝刊〕

 【北京・大谷麻由美】中国が70年代末から始めた一人っ子政策
を農村部でも浸透させるため、政策の転換が図られている。これま
では「多生(たくさん産む)」を処罰してきたが、「少生(少なく
産む)」の家庭に補助金支給を始めた。中国政府は一人っ子政策の
推進以外に、極端な男女比のアンバランス解消も狙っているようだ。
(以下略)
[PR]
by rabbitfootmh | 2004-07-26 22:28 | 医療/生命倫理
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite