二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「自殺者、過去最多の3万4千人」


a0037706_055480.gif
あくまでも警察の統計に上がった数字なので、もしかしたら、実数はもっと多いのかもしれません。ほんとうに残念なことです。物質的な豊かさでは、世界のトップクラスに入っている日本という国で、いったい、何が狂ってしまっているのでしょうか?

このニュースが報じられた7月23日の読売新聞・社説は『「心の病」への対策が必要だ』と訴えていました。
アメリカ人などは、精神的な不調を感じると、まるでカゼでもひいたような感覚でセラピストの診療を受けるようですが、日本では、「心の病」に対する偏見がまだまだ強いこともあってか、精神的な問題を抱えることに対する後ろめたさを感じたり、プライドを傷つけられるような感覚を覚える人が多いのではないでしょうか?

ストレスを発散するためとして、アルコール依存やタバコ依存などに陥って肉体を害したり、あるいは、「心の問題」がそのまま、肉体的な病気を引き起こすこともあるでしょう。例えば、心労がたたって心臓疾患になったり、不眠症から過労で倒れてしまったり・・。

「心も病むことがある」という真実に、日本人は早く気づかなければならいのではないかと思います。
 (み)
--- --- --- --- ---
==参考サイト==
特定非営利法人(NPO)「蜘蛛の糸」

「あなたは一人じゃない、会社だけが人生じゃない。
 1%の可能性があれば、解決できない問題はありません。
 死ぬ勇気があったら再度挑戦!

 会社倒産は人生の終わりじゃない。生きている自分がいる
 じゃないか、生きてさえいれば人生のリターンマッチが
 できる。」
~~~~~~~ ~~~~~~

◆自殺者、過去最多の3万4千人 昨年、経済的動機が増加

 〔アサヒコム 2004年7月23日 6時6分〕
 昨年1年間の自殺者は、前年より2284人多い3万4427人に達し、統計が残る78年以降の26年間で最多になったことが、22日付の警察庁のまとめで分かった。自殺者は99年の3万30
48人をピークに5年連続で3万人を超えていた。昨年は、負債や生活苦などの「経済・生活問題」が動機とみられる自殺が大幅に増えたのに加え、99年以降減り続けていた「健康問題」に絡むとみられる自殺も大幅な増加に転じた。年齢別では、30代、40代が計1274人増と急激に割合が増えた。

 *** 自殺の動機 ***

経済・生活問題 25.8%
健康問題    44.8%
家族問題     8.5%
勤務問題     5.4%
(失業など)
その他     15.5%

 *** 自殺者の内訳 ***

男 性 72・5%
年齢別 60歳以上 33・5%
    50歳代  25・0%
    40歳代  15・7%
    30歳代  13・4%
 ※大半が働き盛りの中高年男性
  小中学生も増えた
[PR]
by rabbitfootmh | 2004-07-24 00:07 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite