二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「なにもかも野村の責任なの?」

報道では、野村証券の責任を問う論調が強いですが、「つい出来心で」ということではなく、入社して4ヶ月後には、不正取引きを「計画的に」始めていたということなので、きっと、「入社」も計画的なものだったのでしょう。
それを見抜けずに採用したのは野村証券の「甘さ」だったのかもしれませんが、やはり、一番悪いのは、性根の悪い「元社員たち」でしょう。

じゃあ、全国各地の社会保険事務所の窓口で、年金保険料を自分のポケットに入れるような職員を雇って、何十年も放置して、国民の利益を損なっている社会保険庁は、どうやって責任を取ってくれるわけ?

野村証券社員インサイダー:資金に1500万円用意 計画的に役割分担
 〔毎日新聞 2008年4月24日〕
 野村証券社員によるインサイダー取引事件で、東京地検特捜部に逮捕された中国人の元社員、〓瑜(れい・ゆ)容疑者(30)と知人の蘇春光(そ・しゅんこう)容疑者(37)が計約1500万円を用意し、株の買い付け資金に充てていたことが分かった。特捜部と証券取引等監視委員会は、3人が役割を分担し計画的に不正な取引を繰り返したとみて調べている。
 ※れい=がんだれに萬

野村証券の「処分検討」 インサイダー事件で金融庁
 〔MSN産経 2008.4.23〕
 野村証券社員らによるインサイダー事件を受け、金融庁は23日、同社に対する行政処分の検討を始めた。野村証券に対する聞き取り調査を開始するとともに、不正取引を防止する内部管理態勢や情報管理のあり方などを中心に点検する。問題があれば、業務改善命令を含む厳しい行政処分が下される可能性がある。

 逮捕された野村元社員=22日付で解雇=は、平成18年2月の入社直後からM&A(合併・買収)などを担当する企業情報部に在籍、同年6月ごろインサイダー取引を始め、18カ月で21銘柄の不正取引に関与した疑いを持たれている。この間、野村証券は元社員の不正を見過ごした上、元社員は担当外の案件の情報も使って不正取引していたとみられ、管理責任は避けられないとの見方が強い。
 (中略)
 一方、23日の東京株式市場で野村ホールディングスの株価は、前日比27円安の1612円と続落。取引開始直後には大幅に値を下げ、一時前日比85円安の1554円まで売り込まれた。その後は買い戻しの動きも見られ、後場では1600円台前半でもみ合った。



a0037706_1483799.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2008-04-24 14:13 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite