二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「“鈍感力”発揮のマスコミ・・・KY」

学校教育の問題については、「グーグル アラート」を利用してニュースのチェックをしているのですが、「いじめ」のキーワードで引っかかってくる記事の中に、ときどき入ってくるんですよね・・・プロ野球関連の「いじめ」が。

上位いじめ評価で土肥現状維持
 〔スポニチAnnex 2007年12月05日付 紙面記事〕
 横浜の土肥が現状維持の年俸5400万円でサインした。今季は首痛や背筋痛の影響で3度の出場選手登録抹消。しかし7勝(8敗)のうち5勝を巨人、中日から挙げたとあって「上位の強いチームに苦しいところで勝ったのは評価してもらった」と納得顔だ。来季は1年間ローテーションを守ることを誓い「2ケタという数字を明らかにしてやっていきたい」と05年以来の10勝を狙っていた。

子供たちの「いじめ」の問題が深刻に語られているそばで、「上位チームをいじめた。エライ!」という表現が、常套句として使われるというのは、鈍感過ぎじゃありませんか・・・と。

こういう本()も出てるようですし、テレビや新聞から発信されてくる「情報」は、ぼんやりと受け取っていてはいけませんね。
 ※『スポーツニュースは恐い』 ~刷り込まれる〈日本人〉
   (森田 浩之著/日本放送出版協会)

テレビのニュースを聞いていて、最近、個人的に気になっているのは、記者・アナウンサー・芸能レポーターなどが「現場リポート」でしゃべる日本語のデタラメさです。
耳から「刷り込まれる」言い回しは、けっこう記憶に残るので、教育上、悪い影響があるのでは、と心配ですね。


a0037706_12524562.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-12-10 12:53 | 子育て/教育
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite