二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「不祥事・お詫び会見の続く日々・・・興毅は?」 

毎日毎日、角界のもめごとだの、不祥事だの食品の製造販売にまつわるウソだの、よくもこれだけ続くもんだと、テレビを見るたびにうんざりしてますが、どの「謝罪会見」でも、当事者が口にする“紋切り型”の文句にも、うんざりというか、呆れてしまうというか・・・。

  「皆さま(消費者・関係者)にご迷惑をおかけしてすみませんでした」
  「(世間を)お騒がせして申し訳ありませんでした」

彼らが一番気にしているのが、「世間をお騒がせしたこと」である、というところが、なんとも「日本的」というか、進歩がないです。

ほんとうに必要なのは、「私は悪いことをしました。その悪いことで、○○に損害や不安を与えて申し訳ありませんでした。罪を認め、反省し、同じ過ちをしないよう心を改めて、今後、まっとうに生きてゆくよう努力します」と、自分で自分のしたことへの責任を感じ、その償いを誓うことではないかと思うのですが。

・・・などと、ずっと考えていたところ、今朝は、またまた「亀田家」の謝罪会見です。
「もう、おなかいっぱい」という気がしたんですが、見てみたら、長男坊の興毅が、ネクタイを締め、フラッシュをバンバン焚きながら、弱りきった獲物にハイエナのように群がる記者たちの顔をじっと見据えて、ちゃんとした「謝罪」をしたじゃありませんか。

亀田興毅の会見 詳報(2)「亀田家代表として」
 〔産経ニュース 2007.10.26 10:11〕
 興毅「まず、内藤選手におわびしたい。ほんまにすみませんでした。自分も含め、大毅とおやじの言動など、ほんまに深く反省しています、自分たち亀田家のせいで、ボクシング業界全体のイメージが悪くなり、ボクシング関係者、ファンの方に申し訳ない。亀田家代表としておわびしたい」

「自分たち亀田家のせいで」という一言は、「亀田家のこれまでの言動についての責任」を感じて「悪かった」と考えているということの表れだと思うし、起こした騒ぎは騒ぎとして、きちんと振り返って反省しつつ、一方で、「父親」への恩義を忘れず、感謝もしているし、立派なもんです。

角界も、この潔さを見習ったらどうでしょうかね?



a0037706_12465562.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-10-26 12:49 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite