二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「謝ればいいことなんじゃないの?」     

「リザーブ給食」?!

なんじゃそりゃ?(笑)
コストがかかるんじゃないのか?

口止め料:小学校教諭、給食注文ミスで児童に100円 津
 〔毎日新聞 2007年8月8日〕
 津市教委学校教育課によると、教諭は7月13日にあった「うなぎのかば焼き」か「トンカツ」を選択できる「リザーブ給食」で、担当する児童32人に事前に希望を聞いた際、おかずの数を取り違えて注文した。希望に反して「うなぎのかば焼き」を食べることになった児童のうち給食に手をつけなかった7人を後で呼び、自分の財布から100円ずつ渡したという。
いったい、何人分を間違えたのか知りませんが、トンカツを頼んでたけど「うなぎでもいいや」と、食べた子もいたわけですよね?
 ※9日の報道で、「8:24」だと分かりました。
  ほとんどがトンカツ? でもさあ、普通の給食なら、好き嫌いもなにも選べず、
  出されたものをありがたくいただいてるわけでしょ?
  単に、子供のワガママだということでは・・・?

それに、人間なんだから、「ミス」はあります。完全無欠な人なんていません。
学校の先生だって、ミスすることもありますよ。
「50代の男性教諭」だったら、いろんな経験を積んできたことでしょうに。

だから、「ごめん! 先生が間違って注文してしまった」と、その場で潔く謝って、「自分が注文したのと違うけど、うなぎを食べてもいい、っていう人はいないか?」と機転をきかせるとか、「今日はガマンして、うなぎを食べてくれないか?」と子供に言い聞かせて、事情だけはきちんと保護者に直接連絡を入れるか(でも、そういうことはしないことが多いですよねぇ・苦笑)、「場の収め方」ってのは、いろいろ考えつくでしょうに・・・。

でも、このセンセイ、校長などにも報告してなかったみたいですよね。
校長にバレるのが、一番怖かったんでしょうか?



a0037706_17205313.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-08-08 17:21 | 子育て/教育
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite