二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「主役が誰か分かってない、困った人たち」   

「生徒のテストの点数を上げるための工夫」と表現すれば聞こえはいいが、「その心は」と問えば、「生徒の平均点が上がる→学校全体の評価が上がる→教師の評価が下がらずに済む→教師の能力が問題視されずに済む→定年まで安泰に暮らせて、退職金がきっちりもらえる」と、実に短絡的で姑息で見苦しい自己保身意識のなせるワザである・・・ということだろう。

そんなことは、国民の多くはとっくにお見通しであるはずなのに、「競争をさせては児童・生徒が可哀相」だの「点数を競わせては子供たちの純な心が荒む」だの「偏差値では子どもの個性や能力は計れない」だの、美辞麗句をならべ、それをマスコミが「そーだ、そーだ!」と繰り返し報道するうちに、「あれ? そうなのかな?」と、洗脳されてしまう人もあるのではないか、とちょっと心配になる。

校長ら6人が誤答を合図、事前演習は6校 東京・足立区
 〔アサヒコム 2007年07月16日〕
 東京都足立区が昨春実施した独自の学力テストで、小学校1校が障害児3人を採点からはずしていた問題で、区教委は16日、区内の小中学校109校を調べた結果を発表した。この小学校では校長と教員5人がテスト中に誤答の児童に合図していたほか、前年の問題のコピーを取って事前に練習していたことが新たに確認された。コピーを取っての事前練習は他に4小中学校が行っていた。

 調査によると、テスト中の児童への合図は、採点はずしが最初にわかった小学校1校だけだった。この小学校では校長のほか5人の教員が、考え込んでいたり誤答していたりした児童に対し、問題文をなぞったり指さしたりした。

 校長と副校長は「全校で指示した記憶はない」としているが、管理職の主幹は「学年会で言ったかも知れない」と話しており、「校長らから指示があった」と言う教員もいるという。
この問題が発覚したきっかけは、どうやら、障害児たちのテストの点数を、平均値を算出する際に含めなかったことが知れ渡ったためらしいのだが、うーん・・・誤解を恐れずに言えば、ごく一般の児童・生徒の学習到達度を知るためのテストなのであれば、その中に障害児の点数を含めないというのは、「正しい」のではないかと思う。

この問題については、大阪日日新聞が特集記事を連載している。

問題が発覚した足立区立の某小学校では、テスト本番の3カ月前から、児童に過去問の練習を何度も繰り返させていた。中には、計算問題の答えを暗記してしまった子どもたちもいたそうである。

結果、同小学校の成績順位は、前年の44位から一挙に1位に・・・バレバレですよね(笑)

児童・生徒の「真の実力」を把握したいなら、テスト対策なんかやるのは邪道だし、発想そのものがおかしい。

それぞれの生徒の点数が、その生徒の「能力」のすべてを表すものではない。ただ、その時点での、子どもたちの「理解度」と「習熟度」を表しているだけで、もし、多くの子どもたちの点数が低いなら、「教えている教師の教え方が悪い」ということが分かるわけで、「じゃあ、もっと分かるように教える努力や工夫をしなければ」と、教師が発奮すれば良いだけのこと。

高校生ぐらいになれば、生徒自身の努力や勉強の仕方が成績に出るのだろうけれど、小・中学生の成績の善し悪しの主な要因は、教師の指導の仕方・・・ではないのだろうか?



a0037706_0275337.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-07-20 00:28 | 子育て/教育
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite