二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「“記述式”が裏目に出たようで・・・(^^; 」    

小中学生のプリント採点のバイトをやってますが、大人が予測もしないような答えや、「書いておけばいい」と、トンチンカンチンな文章を書く子は、珍しくありません。

それに、男の子の文字が乱雑!
女の子は、たいてい丁寧に書いてますが。
ケータイのギャル文字のように、漢字の偏と旁がバラバラのものとか、それそこ、「ミミズがのたくったような」筆圧の弱々しいのとか、筆順がめちゃくちゃというか、まるで図形を書くようにツギハギで漢字を書いて平気ですから、びっくり。
数字でも、「4と7と9」の区別ができないとか、ゼロを、時計の「6時」の位置からグルっと書くとか、「8」を逆回りに書いてるとか・・・(苦笑)

昨日も、ある男の子に「学校でもこんな字を書いてるの?」と訊くと、「うん!」
「先生に注意されないの?」 「先生は別になんも言わんから、それでええんちゃうかー」

オーマイガッ・・・あとで可哀相な目に遭うのは、子どもたちなのに・・・初等・中等教育の質が下がると、きちんと教育されなかった人たちの面倒をみる社会全体のコストがより大きくなるそうですよ(そりゃあそうだわね)

学力調査の中3記述式、採点難問 ×が○に、作業も中断
 〔アサヒコム 2007年06月15日〕
 小学6年と中学3年の約233万人が参加した全国学力調査の採点で、中3の記述式問題で正誤の基準が途中で変わったり、作業現場の責任者の判断が食い違うなど、混乱が生じていることがわかった。人材派遣会社から派遣された複数の採点スタッフが明らかにした。スタッフは「採点が肝心なのに、あまりにいい加減だ」と口をそろえている。
詳しい話は、元ネタの記事を読んでいただきたいのですが、なぜこういう「内情」がバレたかと言うと、『採点作業に参加した派遣労働者から、「事前に示された勤務数が大幅に削られ、見込んだ収入が得られなかった」との相談が「派遣ユニオン」に舞い込んだのがきっかけで、採点現場の一端が明らかになった。』ということで、「ねんきんあんしんダイヤル」と同じ構造ですわ。

急ごしらえで「スタッフ」を調達したり、横の連携がぜんぜんできてなかったり・・・。

そんなこんなで生じた「誤差」の合計や平均値は、データとして信頼に足るものなんでしょうか?

骨折り損のくたびれもうけ・・・っちゅーやつになるの?
「税金返せ!」ですよね。

ちなみに、コチラ↓は、東京都の独自調査の結果です。
学力テスト:平均正答率7割 都教育庁「おおむね良好」--1月実施 /東京
 〔毎日新聞 2007年6月15日〕



a0037706_16165162.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-06-16 16:20 | 子育て/教育
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite