二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「タバコが“カッコイイ”の象徴だった・・・」     

古き良き時代には、「成人の誓い」の一つに、「20歳になったらタバコを止めます」なんてジョーク(というか本気だったんだけど)がよく使われたもんですが、今やタバコは「百害あって一利なし」だし、自分だけではなくて周囲にまで健康被害を与えるし、火事の原因ランキングのトップに君臨しつづけているし、どんどん人気が無くなってるんですね。

タバコのCMは、すっかり絶滅した?

ただ、日本はまだまだ、ドラマなどで人気タレントがスパスパタバコを吸うシーンが、けっこう出てくるように思います。
昔は、若い女性は、イメージが悪くなるので、人前ではあまり吸わなかったもんですが、ドラマでは「カッコイイ悪女」的な雰囲気を作る道具の一つとして、よく使われてますしね。

ちなみに、アメリカでは、映画やドラマでは「御法度」です(R指定になる?)。
若者に人気のあるタレントなんかは、絶対に喫煙しません。
韓国もそうなのかな?

少し前の『コンスタンティン』では、アメコミのヒーローを演じたキアヌ・リーブスが、スパスパやってましたが、「肺ガンで寿命が尽きかけている」という設定で、映画の最後には、「禁煙ガム」を噛んでましたっけ(笑)

非喫煙者が88% ことしの新社会人
 〔47NEWS 2007/05/31〕
 ことしの新社会人の88%は非喫煙者で、4分の1が就職活動で企業の禁煙への取り組みを重視した。医療用品のジョンソン・エンド・ジョンソンの調査でこんな結果が出た。

 調査は今春就職した20-25歳の男女500人にインターネットを通じて4-5月に実施。

 それによると「喫煙をしたことがない」が76%、「喫煙をやめた」が12%、と計88%がたばこを吸わないと回答。



a0037706_1925066.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-06-03 18:46 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite