二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「フェミニン・ワンピで仕事はしてないんじゃ・・・?」

滝川麻衣子記者が出会う「ばりばり働く中堅社員や女性社長」はそうなのかもしれませんけど、オフィス・ワークに就いている多くの「一般職の女性社員」は、無個性な制服を着て仕事をしているんではありませんかね?

ヒラヒラワンピで仕事をされたら、男性たちは煩悩が燃えさかり、気が散って仕事が手につかなくなるのでは?(笑)

【勿忘草】スカート・ワンピース姿が増える理由
 〔SANKEI EXPRESS 〕
 世代は問わない。街を歩く若い女性から取材で出会うばりばり働く中堅社員や女性社長も、体のラインをはっきり見せるデザインや、やわらかで女性的なスカート・ワンピースを好んで着ていることが多い。
 もちろんかっちりしたパンツスーツの女性が消えてしまったわけではない。でも、職場フェミニン派は確実に増えている。

 これは一つに「男性並みに」ときには「男性以上に」仕事中心になりがちな女性が、自身の中でバランスをとっているからではないか。
ま、サンケイさんとしては、「男は男らしく、女は女らしく・・・日本の社会も普通の状態になりつつある」というヲチにもっていきたいんでしょうが、女性が仕事をすることが当たり前になりつつあった時代、カラフルなワンピなんぞ来たら「職場は遊び場では無い」とか「仕事のできない女」とか、貶してませんでしたか、上司のオジさんたち?

今、若い女性が憧れる女性の上司は、「篠原涼子」なんでしょ?


でもなあ・・・日本全国で「セクハラ事件」が起きている現状を鑑みれば、「フェミニン」なファッションは、自らの身を危険にさらすことになるだけかもしれませんけどね。



a0037706_1305747.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-05-19 23:55 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite