二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「持ち去られてるのは古紙だけじゃない」

ゴミ回収の日には、朝早くから、後ろの荷台に山のように空き缶を積んだ自転車や、古紙回収業者のトラックがたくさん走り回ってますよね。

うちのマンションも、ゴミの集積場の扉が道路に面しているので、思い扉を開けて入り込み、空き缶や新聞紙をちゃっかり持ち去ってゆく人たちが後を断ちません。

先日も、堂々とトラックを前に停めて、新聞紙を積み込もうとしている回収業者の人とバッタリと出会ったので、ちょっと睨みましたら、気の弱い人だったらしく(笑)、「これ、子供会で集めてるの?」とか言いながら、すごすごと元に戻しました。

聞くところによると、うちのマンションの担当業者の場合は、段ボール紙は「お金」にならず、逆に回収手数料を取られるのだけれど、新聞紙があればチャラにして回収してくれるのだとか。
だから、新聞紙が少ないと、料金を取られてばかりになるので、勝手に持って行かれては困るんだそうです。

うちのマンションの共同ゴミ集積場の扉には、回収日以外は鍵をかけ、「関係者以外侵入禁止」のプレートを張ってありますが・・・「いたちごっこ」のようですね。

古紙持ち去り:7人無罪、5人有罪 東京簡裁判断分かれる
 〔毎日新聞 2007年5月7日〕
 東京都世田谷区のごみ集積場から古新聞などを勝手に持ち去ったとして、同区の清掃・リサイクル条例違反に問われた古紙回収業者2人に対し、東京簡裁は7日、いずれも無罪(求刑・罰金20万円)を言い渡した。

 同区は04年7月から05年2月にかけ、業者13人を刑事告発し、罰金10万円の略式命令を受けた1人を除く12人が正式裁判で争っていた。これで1審判決が出そろい、同簡裁の3人の裁判官が業者7人に無罪、2人の裁判官が5人に有罪を言い渡し、裁判官によって判断が分かれた。今後は控訴審の東京高裁で審理が続く見通し。
一方で、こんな報道もありましたが・・・。

「古紙100%再生紙は環境にやさしい」はウソでした
 〔J-CASTニュース 2007/04/28〕
製紙業界第2位の日本製紙が「古紙100%の再生紙を廃止」する。理由は環境によくないからだという。環境省はじめ官公庁や環境保護団体の多くが、「古紙100%の再生紙を使用」していることで環境問題に取り組む姿勢をアピールしているが、本当のところはどうなのか?
あと、新聞は、購読者(世帯)数以上に過剰に印刷されていて、無駄が多いし、森林破壊につながっているとの指摘もあります。

一筋縄ではいかない問題ですね。


a0037706_21331650.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-05-07 21:17 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite