二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「ゆるみ教育と総合学習とは、切り離して考えてくれ」

私自身は、昭和36年(1961年)生まれで、「ゆとり教育」が始まる直前?に小・中学校を通過しているようですが、「詰め込まれている」という感覚は、ぜんぜんなかったですよ。
「5教科7科目」の共通一次試験は、ちょっとついてゆけませんでしたけど(苦笑)、勉強し過ぎて人間性が歪んだこともなく、歪んじゃった友人も見たことありません。

とにかく、基礎の基礎の「読み書き・算数」の力を身につけさせるためには、今の授業時間数と公立学校の教授方法ではダメだということだけは、はっきりしているんですよ、米長先生。

総合学習のモデル授業なんかやってる小学校じゃなくて、ごく普通の小学校を、予告無しに訪問して、1週間分の授業を見学されてみることをお勧めします。

【正論】米長邦雄 「ゆとりある」教育をなくすな
 〔産経新聞 2007年1月17日〕
・・・勉強する時間を増やして、知識をつめこみさえすれば「学力」は向上すると思うのはあまりにも単純すぎる。その程度で向上した「学力」は、すぐに役に立たなくなる。
 (略)
 学力が向上すれば「いじめ」は減るとお考えか。近頃の学校内外の奇怪な目をそむけたくなるような事件は、学力低下がもたらしたものであろうか。そうではあるまい。
 心の涵養こそ、現在最も求められている焦眉の急である。それを承知で「ゆとりある」環境の中で「人間らしく育成する」ことを目的とした総合的な学習の時間をなくしてしまっていいというのであろうか。
「総合学習」の時間に、何をやってるかご存知ですか?
力量のある先生や積極的な学校では、確かに成功例もあるんでしょう。でも、たいていの学校や教師は、何をして良いか分からず、時間を持て余しているのが実情でしょう。計算や漢字の練習などやってるのは、まだマシな方です。

音楽の時間に「君が代」は歌わせないくせに、韓国の民謡とかを韓国語で歌わせたりしてるんですよ? 「反戦平和」、「自虐史観」で、「日本人は中国や韓国で悪いことばかりしてきた」と教えてるんですよ?
あるいは、地域の人たちを学校に招こうと言って、小学校で文化祭まがいのイベントをやって、そのときに出す模擬店の飾りつけや、手作りゲームなどを、何時間もかけて作ってるんですよ。

算数や数学で100点を取れるようになれば、精神的に安定して、愛国心について考える時間的「ゆとり」も生まれることでしょう。

「ゆるみ教育」と化した「ゆとり教育」を即刻止めて、きちんと集中して勉強できる子供を増やさなければ、将棋なんて高度なゲームのできる日本人が、そのうちいなくなってしまいますよ。


a0037706_1762493.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2007-01-17 17:00 | 子育て/教育
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite