二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「これまでの有識者会議の実情も同じ?」

これまでの「有識者会議」とか「審議会」なんかの提案なども、結局は「事務局(役人)」が、骨抜きにして作文してきたんでしょうね。

「ゆとり教育の見直し」が削除されたのは、いただけないですね。
高校の「未履修問題」も、小・中学校の「ゆとり」の“しわ寄せ”の結果ですもんね。



「まるでヒトラー」 迷走続く教育再生に有識者委員反発
 〔アサヒコム 2006年12月22日〕
 「まるでヒトラーのようだ。事務局の案と私たちの言っていることが全然違う」

 劇団四季の代表である浅利慶太氏は総会後、吐き捨てるように言い、首相官邸を後にした。原案作成が、官僚中心の事務局の「独裁」で決められたとの受け止めで、不満が収まらない。
 (略)
 当初の素案に盛り込まれた「ゆとり教育の見直し」の文言も消えた。歴代文相・文科相の決定を否定しかねないだけに事務局が配慮した。大半の委員が賛同した「教員の量の確保」も「予算の裏付けがない」と事務局が難色を示した。

 第1次報告の素案や原案は、総会や分科会での各委員の発言をもとに事務局がたたき台をつくり、運営委員会で意見を言い、事務局が書き直す――を繰り返し、最終的には事務局がまとめた。
 (略)
 事務局は政策決定過程を熟知する官僚出身者が仕切る。教育改革には、与党の文教族議員や文科相の諮問機関の中央教育審議会、規制改革・民間開放推進会議などが絡むため、慎重になりがちだ。伊吹文科相も21日、「皆さんがおっしゃったことを国会に出すか、まず行政が判断する。その上で立法の判断がある」とクギを刺している
なんなんでしょう、この文科相は・・・(^^;

それだったら、官僚があちこちの「識者」に話を聞いて回って、「こんな意見がありました」とリポートを出すのと同じことじゃないの

お金をかけて、たくさんの委員を集めて、時間をかけて会議させて・・・もったいない!

教育再生会議:素案了承見送り 与党への譲歩に委員反発
 〔毎日新聞 2006年12月21日〕
 「担当室がわれわれの議論の是非を判断するなら結構だ。ただ、会議はすべて公開すべきだ」

 渡辺美樹委員(ワタミ社長)は同日の会議で、政治家の顔色をうかがう官僚主導の運営に厳しく注文をつけた。再生会議は8、9両日、泊まり込みで集中討議を行ったが、そこで確認した教員免許更新制の厳格化や「ゆとり教育」見直しなどが素案からは抜け落ちており、小野元之・元文科事務次官ら他の委員からも「明記すべきだ」と不満が相次いだ。

 首相主宰・出席の会議が、これほど紛糾するのは異例だ。安倍首相は「激しい議論もあったが、具体的な取りまとめをお願いしたい」とあいさつし、委員たちの不満に理解を示しながらも、議論の集約を低姿勢でお願いするしかなかった。
 (略)
 学校運営の権限を持つ教育委員会は、いじめによる自殺や未履修問題で不手際が多発。見直しは教育改革の「核心」(文教族幹部)となっているが、文科省と自民党が作業をリードし、再生会議は排除されつつある。伊吹文科相は21日の再生会議の終了後、記者団に「会議の意見はいいアドバイスとして活用すればいい」と冷たく突き放した。【竹島一登】

 ■教育再生会議中間報告素案のポイント■

・教育内容を充実して授業時間を増やし、習熟度別指導を推進
・いじめを許さず、反社会的行動をとる子どもは出席停止措置を検討
・社会人の教員への中途採用と、教員の適性判断の厳格化
・保護者による学校評価と、教育委員会の情報公開の推進
・「放課後子どもプラン」の着実な実施と企業の子育て支援の充実
やっぱ、安倍ちゃんの“ひ弱さ”が目立つ書き方されてますよねー。


a0037706_239596.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-12-22 23:10 | 子育て/教育
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite