二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「どうして先のことばかり心配させて脅すのさ?」

もうさあ、「年金保険料徴集」は止めて、その分を「税金」で取れば?
未納者の数も、結局は減ってないわけでしょう?
税務署なら、「取り忘れ」はないですよ(苦笑)



出生率1・26に大幅下方修正、55年に8993万人
 〔読売新聞 2006年12月21日〕
 少子高齢化がさらに予想を上回って加速することで、現役世代が高齢者を支える公的年金などの設計の見直しを迫られそうだ。
 (略)
 少子化が加速した主な要因は、結婚しない女性の増加だ。1990年生まれの女性の生涯未婚率は、ほぼ4人に1人の23・5%と推計した。計算方法は異なるが、前回推計の生涯未婚率(85年生まれ)は16・8%。晩婚化も進み、平均初婚年齢は前回より0・4歳遅い28・2歳だった。
 (略)
 厚生労働省は今回の推計結果を受け、来年1月にも、年金財政への影響の暫定的な試算を公表する予定だ。
knockla さんの、
結婚は当然女性一人ではできませんから
この場合 単に結婚しない「人」の増加でいいんじゃないの
というご意見は、まったくその通りで、「結婚しない女性の増加」のウラには、「出産適齢期の女性と結婚しない男性の増加」があるわけでしょう?

小倉千加子さんの過去の調査によると、女性の意識は、上・中・下の階層ごとにぜんぜん違うのに、男性の結婚に対する意識が昔も今も、階層の違いがあっても、ずっと一緒だから、「意識のミスマッチだらけ」なんだそうですよ。〔『ザ・フェミニズム』筑摩書房/2002年刊〕

同じ本には、「結婚している夫婦の平均の子供数は、2.1強」とあります。
うちの子の小学校でも、2~3人兄弟が多いですね。
実感として、「少ない」とは思いません。ファミリー向けマンションがガンガン増えてることが、子供人口の増加に寄与しているようですが。

一夫一婦制の「契約結婚」?というのは、育児する女性の生活の安定のためにできた制度だと聞いたことがありますが、そうなんでしょうね。
3人も産んだら、足掛け30年くらいは、まともな収入を得る仕事はできないんだもの。
子供は、18歳くらいで「成人」と見なして、さっさと親の家から放り出していけば、母親もラクになるのかもしれません。


a0037706_0412088.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-12-21 23:55 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite