二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「子供“だけ”に評価させるわけじゃないのでしょ?」

下記の記事で梶田叡一先生がおっしゃるように、さまざまな視点の評価の中に、「子供」からの評価も加える・・・ということなら、そんなに問題ではないと思います。
なにか、子供の「純粋さ」とか、“王様”が裸であることを見破れる「素直さ」のようなものが、買いかぶられて出てきたアイデアのような気はしますが(^^;



それから、どうして、同じ学校で働く教諭同士や、校長・教頭などの評価の話が出てこないのでしょうか? あるいは、教育委員会の委員とか、「教育のプロ」の目による評価は、当然あるという前提での話なんでしょうか?

教員の評価、誰が…教育再生会議きょうから審議
 〔産経Web 2006/12/08 〕
 教員評価を誰に委ねるかという問題がクローズアップされている。政府の教育再生会議が来年1月にまとめる中間報告の素案に、「児童・生徒らによる教員評価」が盛り込まれたためだ。「ダメ教師の排除につながる」という期待がある一方、教育関係者からは「子供や保護者に迎合する教員が増えてしまうのでは」という慎重論や批判が相次いでいる。教育再生会議では8、9日に都内で合宿審議を開き、議論する。
 (略)
 『教育評価』の著書がある梶田叡一・兵庫教育大学長は「子供、保護者が評価して教員の処遇に生かすこと自体は賛成だが、子供が教師を追い出す形になってはいけない」と制度設計に慎重さを求めたうえで、「『仲良し』だけが評価されれば、教師は子供に迎合してしまい、本来あるべき師弟関係が崩れる。教員評価は親、子供、教師の3者の信頼関係を強める形で行うべきだ」と主張する。
 (略)
 11月30日の教育再生会議でも「子供、保護者にこびる先生が出てくる。学校の秩序が保たれない」との声が上がった。

 教員の評価は誰がすべきか。難しい問題をテーマの一つに、きょうから合宿審議が始まる。
「子供や保護者に媚びる先生」が出てきたら、そんな教師は真っ先に退場してもらえばいいんじゃないの?(苦笑)
だって、子供のためではなくて、自己保身のために汲々としている、志の低い人間であることを証明しているようなものじゃないですか。


a0037706_213610.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-12-08 21:04 | 子育て/教育
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite