二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「いじめ緊急提言・・・賛否」

「愛国心教育」もなんですが、「あれよ、あれよ」という間に、出てきたような気がしてますが、Web上に「全文」を掲載してくれているのは、中国新聞という意外な?ところ。

いじめ緊急提言全文
 〔中国新聞スポットニュース '06/11/29〕
 すべての子どもにとって学校は安心、安全で楽しい場所でなければなりません。保護者にとっても、大切な子どもを預ける学校で、子どもの心身が守られ、笑顔で子どもが学校から帰宅することが、何より重要なことです。学校でいじめが起こらないようにすること、いじめが起こった場合に速やかに解消することの第一次的責任は校長、教頭、教員にあります。さらに、各家庭や地域の一人一人が当事者意識を持ち、いじめを解決していく環境を整える責任を負っています。教育再生会議有識者委員一同は、いじめを生む素地をつくらず、いじめを受け、苦しんでいる子どもを救い、さらに、いじめによって子どもが命を絶つという痛ましい事件を何としても食い止めるため、学校のみに任せず、教育委員会の関係者、保護者、地域を含むすべての人々が「社会総掛かり」で早急に取り組む必要があると考え、美しい国づくりのために、緊急に以下のことを提言します。
確かに、これまでの「事なかれ主義」の日本の教育現場と、子供をとりまく大人に対しては、かなり具体的に踏み込んだ「対処法」という感じなのですが、「“国”がここまで踏み込むのか?」「現場の教員がさらに忙しくなるのではないか?」と思いました。



それと同時に、高度成長期から後、「大人」が自分のことばかりに精一杯で、子供たちの“顔色”というか様子について、注意や関心を払ってこなかったツケが、今頃回ってきたのかな・・・という気もします。

提言で、「立派なこと言ってるけど、ホンマに実行できるん?」と思うのは、5つ目。

(5)学校は、いじめがあった場合、事態に応じ、個々の教員のみに委ねるのではなく、校長、教頭、生徒指導担当教員、養護教諭などでチームをつくり、学校として解決に当たる。生徒間での話し合いも実施する。教員もクラス・マネジメントを見直し一人一人の子どもとの人間関係を築き直す。 教育委員会も、いじめ解決のサポートチームを結成し、学校を支援する。教育委員会は、学校をサポートするスキルを高める。

これが、現在のところぜんぜんできていないから、「いじめ」に限らず、学校内での問題がややこしくなっている元凶なんだろうと思うのですが、現場の声を無視して、決められることなの?
人間関係を築くのが苦手な人が多そうな「教員」が、クラスの子供たちの「人間関係」を築いてやれるの? それよりまず、職員室の人間関係を築き直した方がいいんじゃないの?(苦笑)

こんな発表があった昨日、うちの子の小学校では、放課後の午後4時には職員室は教頭独りが“留守番”状態・・・校区の中学校で行われた「人権問題」の研修会へ出払っていたのでした・・・「にんげん」という名称の、同和や在日への差別問題の研究会です。


ところで、教育再生会議から出された「いじめ緊急提言」に対して、新聞記事も賛否両論。

【主張】いじめ緊急提言 問題児童に奉仕は良い薬
 〔産経新聞 2006年11月30日〕
 いじめの事実が把握された場合、まず、いじめられている子といじめる側の子らを切り離す必要があるが、それだけでは解決にならない。問題児童を立ち直らせるためには、社会奉仕などを通じて人々の役に立つことの大切さを実感させる必要があろう。
産経さんは大好きですね、「勤労奉仕」が(^^;

いじめ緊急提言:舞台裏 急浮上した社会奉仕
 〔毎日新聞 2006年11月30日〕
 「出席停止といっても、その子の面倒を誰が見るのか。緊急避難だけでは解決にならない」。陰山英男委員(立命館小副校長)は再生会議終了後、記者団に強い調子で出席停止措置を批判した。

 原案段階で検討された出席停止は、最終案で社会奉仕と個別指導、別教室での教育という3点に切り替わった。出席停止を主張していた「ヤンキー先生」こと義家弘介委員は「別教室もある意味では出席停止だ」と述べ、委員間の認識の違いが浮かび上がった。
「社会奉仕」ってのは、中曽根内閣時代の「臨教審」(86年)で出てきたものなんですね。今回の再生会議のメンバーの中では、浅利慶太氏が“お気に入り”なのだとか。

毎日の記事は、どの委員がどういうスタンスなのかを書き分けてくれています。

産経izaの記者ブログでは、こんなエントリーも・・・
「いじめもいろいろ」。
 〔東京23区「外」通信 11/30〕

その他参照ブログ
いじめられたら何が出来る?(イギリス)
 〔おにばばたちのいるところ 2005年09月15日〕

この「緊急提言」が、自分の子供の通う学校で、どんな風に活かされ、効果を出すのか、関心を持ち続けて見守っていきたいですね。


a0037706_17263753.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-11-30 17:30 | 子育て/教育
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite