二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「驚いたのは、それだけじゃなく・・・」

同じ秋田の藤里町の事件との酷似性も指摘されていますが(秋田では、畠山姓って多いのでしょうか?)、藤里の事件でも、個人的に「なんかヘン」と思ったのは、この母親たちの母親・・・殺された子供たちの祖母の存在です。



今回の大仙でも、最初の夫との間にできた娘は、祖母の元でずっと育てられているらしいし、児童相談所が間に入った時は、亡くなった男の子も祖母の元へ預けられたとか。「娘」が何をやっているかぐらい、知らないはずはなかろう。

「問題母の母」も、子育てが苦手な女性だったということではないのだろうか?

ironyt さんも、同じような疑問を抱かれたとか。
「相変わらず読みの甘いお役所」
 〔空の森  2006-11-14〕

秋田・大仙の男児死亡:殺人容疑で母と知人逮捕 用水路に放置--秋田県警
 〔毎日新聞 2006年11月14日〕
 秋田県大仙市大曲住吉町の保育園児、進藤諒介ちゃん(4)が農業用水路で遺体で発見された事件で、県警大仙署は13日、諒介ちゃんの母親で無職、進藤美香(31)と、交際相手の同県大館市十二所一の地、県立大館高校非常勤校務員、畠山博(43)の両容疑者を殺人容疑で逮捕した。進藤容疑者は動機について「(諒介ちゃんが)言うことを聞かなかったから」と供述している。同署は進藤容疑者が日ごろから諒介ちゃんを虐待していたとみて、動機や詳しい殺害の経緯などを追及している。
ニュースを聞いていて、もう一つ「えっ?」と思ったのは、子供を「捨ててこい」と言った男が、「県立高校の非常勤校務員」だったということ。

毎日、子供たちと接する仕事をしていたわけでしょう?
なんかコワイですよね・・・・学校の内に「オオカミ」がいるようなもんじゃないですか。
 ※15日の『ワイドスクランブル』でやってましたが、畠山容疑者は、秋田県の「まごころ大賞」というのを受賞しかけたという、「親切な青年」として有名な人物だったらしい。
 ◆「畠山博容疑者 奥入瀬君 秋田まごころ大賞」
  〔ニュースでポン 2006/11/13/Mon〕


それからね、厚労相の発言にも「何を今さら」の、間抜けた感が拭えません。

秋田・大仙の男児殺害:児相運営指針、見直し検討も--柳沢厚労相

これまで、いったい何人の子供たちが、実の親やその愛人の虐待で殺されてきたと思ってるんですか? 「運営指針の見直し」ぐらいで、いったい何が変わるというんでしょう。
人手が足りないなら、人手を増やす。子供の保護や親の指導のために必要な指針を、きちんと全国の児童相談所に伝えなければ、効果なんて見込めませんよ。

ほんとにもう、政府と役所に頼らず、自分でサバイバルする道を考えた方が良さそうですね、日本は。


a0037706_04139100.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-11-15 00:41 | 子育て/教育
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite