二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「親子の絆とは?」


高田総統は、完全に「おまけ」状態ですね(^^;
記者会見でも、所在なさげにはじっこに座ってました。

代理出産で品川区が許可抗告、「頑張る」と向井さん
 〔読売新聞 2006年10月10日〕
 向井さんは、夫で元プロレスラーの高田延彦さん(44)と会見に臨み、「(区側が抗告して)次のステージに進むことを予想していた。最高裁の場に行けるのは良いこと」と話した。その上で、「今はいろいろな方法で、赤ちゃんが生まれるようになっている。親や母とは何なのか、もっと話し合われるようになったらうれしい」と、笑顔を見せながら語った。



 高田さんは、「子どもの福祉を大前提に、子どもが幸せになれるような結果を出してもらえるよう待つばかり」と、最高裁の判断に期待を寄せた。
「親や母とは何なのか」って、「戸籍上の実親(母)」じゃないといけない、という考え方だとしたら、特殊な事情を抱えた親子関係を結んでらっしゃる方たちに、失礼なんじゃないですかね?

医療の進歩にともなって、倫理的な問題や法律上の齟齬は解決されてゆくべきだとは思いますが、特殊な事例のために、「一般論」の部分を急激に大きく変えてしまうのは、いかがなものかと・・・。

「5号館のつぶやき」の Stochinai さんが、科学者としての立場から発言しておられます。
生物学的には100%親子でも〔2006-10-11〕

「私の雑記帳ー読書ノートと経済・社会・投資」の watarajp さんのご意見も、理解できます。
芸能人だから〔2006-10-02〕


a0037706_0354036.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-10-10 23:57 | 子育て/教育
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite