二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「臓器移植募金で“祭り”・・・?」


「臓器移植」問題がからんでいるので、気にはなりつつ、“遠巻きに”様子をうかがっていたのですが、この「祭り」の発端は、「臓器移植」でも「多額の募金」でもなさそうです。

だって、これまでだって、外国で臓器移植を受けるための費用を捻出するための募金というのは少なからずあったのに、こういう「事件」が起きたという話は聞かなかったんですから。
・・・というわけで、下記の記事の『善意も大金が絡むと・・・』という解釈は、「見当違い」ということになります。おたくの“得意分野”なのに、しっかりお調べあそばせ(^_^)

ちなみに、この記事には4日間で「104」ものトラックバック記事がつきました(9/30 午後4時半現在)。




女児の難病移植募金めぐり2ちゃんで「祭り」
 〔産経iza 2006/09/27〕
 重い心臓病に侵された4歳女児の救済募金をめぐり、巨大掲示板サイト「2ちゃんねる」が連日、「祭り」となっている。女児を救おうと両親と有志が手術に必要な1億3600万円を目標に募金活動を始めたが、サイト上では募金呼びかけの内容に疑問を投げかける声が相次ぎ、さらに別の難病患者の募金活動でも経緯や収支に不透明さがあったとの書き込みも。「巣食う会」との揶揄も飛び出すなど、善意も大金が絡むと思わぬ火の手が挙がるようで…。
なんと早くも『死ぬ死ぬ詐欺 まとめサイト』というサイトが立ち上がっております。批判の詳しい内容はソチラでどうぞ(^^)

おまけで?この記事へのTBや言及されたブログから、いくつかピックアップしますと・・・

 「さくらちゃんを救う会」事務局の代表は、さくらちゃんの両親が勤めるNHKの倉森京子・永井浩三のお二人ですが、この永井氏が、NHKの「女性国際戦犯法廷」を扱った番組のプロデューサーであったことが、「2ちゃんねらー」を刺激した一番の理由のようです。
ついでに日本の司教も批判しようよ〔一口コメント 2006/09/30〕

さくらちゃんの父親の高橋昌廣(本名・上田)氏は、『冬のソナタ』や『英語でしゃべらナイト』のチーフディレクターとか。最初は、「NHK職員」と明かさなかったのが疑惑を生んだみたい。(テレ朝の番組に出演したらしい・苦笑)
法則発動か〔ニーチェ曰く 2006/09/30〕
難病移植募金を巡って2ちゃんねるで祭り騒ぎとか〔Y's WebSite : Blog ~日々是好日~ September 29, 2006〕
【上田さくらちゃん問題】女児の難病移植募金めぐり2ちゃんで「祭り」
〔HY YAMASAK.AC 2006年09月28日〕

いろんな「有名人」に声をかけられる「肩書」や、それにともなう豊富な人脈を利用するのは「ズルイ」みたいな、嫉妬交じり?の意見もあります。

募金活動を手伝っている「トリオジャパン」のお金の流れが「不透明(疑惑アリ?)」だという指摘もあります。

目標額「1億3600万円(うち3000万円は自腹)」の内訳には、渡航・滞在費、入院・手術費用の他に、移植後に一生使い続ける必要のある「免疫抑制剤」の費用も入っています。
別の移植患者さんの話で、「1カ月に約8万円」という数字を見たことがあります。「胆道閉鎖症」の場合は、特定疾患の認定を受けられるので、20歳未満には助成金が出るようですが。

「臓器移植」については、もっと幅広く、多様な視点から、深い議論が行われると良いと思っています。

巨人に骨髄移植推進財団から感謝状
 〔nikkansports.com 2006年9月29日〕


a0037706_1639539.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-09-30 17:23 | 医療/生命倫理
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite