二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「運転免許取得をもっと難しくする?」


「赤信号を避けるために、知らない裏道に入った」って、アンタ・・・。
んでもって、不慣れな道で50㎞/hで走ってた上に、脇見してただぁ? その“想像力の無さ”が大問題でしょう。

自動車を運転することが、いかに危険なものかを十分に認識していない輩には、免許を渡すべきではないのかもしれない、と思う。厳格に「適性試験(心理テスト)」をやった方がいいんじゃないのかなあ。
これだけヤイヤイ毎日報道されてるのに、飲酒運転する不埒な輩はいっこうに減らんし。





埼玉・川口の園児死傷事故:さらに3人重体 男供述「カセット操作で脇見」
 埼玉県川口市の「小鳩保育園」の園児らの列に乗用車が突っ込み2人が死亡した事故で、県警武南署に業務上過失傷害容疑で逮捕された同県栗橋町南栗橋、運送業手伝い、井沢英行容疑者(37)が「助手席のカセットプレーヤーのカセットを裏返そうと脇見していた。ブレーキをかけたが間に合わなかった」と供述していることが分かった。同署は脇見運転が事故原因とみて容疑を同致死傷に切り替え追及する。
私自身は、常に、「次の瞬間に起こるかもしれない危険」を想像しながら車を運転してるつもり。20年以上ずっと車を利用しているけど、「自分の運転は上手く無い」と思っているし(縦列駐車とか、たぶんもう出来ないと思う)。

運転免許の更新講習の時、「危険予測」を練習するスライドを見ますよね?
見通しの悪い路地から、人や自転車が飛び出してくるかもしれない、とか、前方に停まっている車のドアが、突然開くかもしれない、とか(友人の一人が、突然開いた車のドアに原チャリで突っ込んで、血まみれになったことがあると聞いて、怖くなった)。

狭い生活道路で、子供やお年寄りが歩いていたりしたら、「ひょっとして転ぶかもしれない」と考えたりね。(想像力たくまし過ぎる?)

それでも、ほんと、ここ数年はコワイです。特に、住宅街の中にある、いわゆる生活道路での運転は。

進行方向が赤信号なのに、左右の確認もせずに堂々と自転車で横断してくるとか、車の気配を感じてちょっと振り向くこともしてくれないとか、停車中の車の影から蛇行して自転車を飛ばしてくるとか。中高生が数人自転車に乗ってわーわーふざけながら、だらだら道路を走ってるとか。この前ビックリしたのは、広い道路から信号の無い生活道路へ左折して入ろうとしたら、数メートル先をのんびり自転車で走っていたジイさんが、私の車に先んじようと、突然スピードを上げて(と言っても、ぜんぜん速くなってないしぃ・・・)横切ってきたこと。「そんなに急いでどこへゆく (→_→)」

ヨーロッパでは、幅の広い自転車専用道路を設けている街がありますが、日本でももっと、自動車と自転車、歩行者の道路を分離して整備することを考えた方がいいんじゃないかと思うのだけれど。


a0037706_2315994.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-09-26 23:16 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite