二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「とりあえず50年ほどは思考停止でいく・・・?」


今朝の9時半頃から、ずーーーーーーーっと、このニュースですね。
いろんな番組が、吹っ飛んでしまいました(T_T) 今週いっぱいは、ワイドショーでずっとやるんでしょうね。来週には、お名前が決まるそうなので、来週もかな・・・(苦笑)

ほかに大事なニュースは無いわけ?

紀子さまご出産:皇室典範問題の行方は 切迫感薄れる政界
 〔毎日新聞 2006年9月6日〕
男児誕生で、政府が改正案提出に動けば男系維持派の猛反発は必至。自民党総裁選での優位が動かない安倍晋三官房長官も「皇室の存在意義は伝統の継承にあり、それは男系維持と考えている」(安倍氏周辺)とされ、小泉首相とは明らかに立場が異なる。



 安倍氏は、有識者会議の報告書について「法的な拘束力はなく、新首相が別途検討を始めることができないわけではない。政治の判断だ」との認識を示し、6日の記者会見でも「考えに変わりない」と語った。これらを総合すると、次期政権が女性・女系容認の改正案を提出する可能性は少ないとみられる。
安倍さんは、「男系天皇維持派」なので、今日、お生まれになった方がお妃を迎えられて、その第一子がご誕生になるまでは、政界は「思考停止状態」に陥るのでしょうか?

ただ、
 昨年11月に女性・女系天皇容認の報告書をまとめた小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」のメンバーの1人は「誕生した男児が即位するのは50年後。現行典範のままなら、女性皇族はすべて皇室を離れており、皇室に天皇ご一家しか残っていない状況も考えられる」と典範改正の必要性を強調する。(同記事)
というシュミレーションもあるので、愛子様、眞子様、佳子様がお年頃になられるまでに、多少の改正は考えなければならないのでは?

愛子様と年齢の近い男子が、「旧宮家」に3名ほどいらっしゃるそうなので、愛子様の自由意志を無視して「婚約」させるとか、ご誕生になられた男子の方には、早いうちに結婚していただいて、5~6人のお子様をもうけていただくとか、あくまでも「男系維持」に執着するならどこかで「無理」をするか、あるいは、涙を呑んで「2000年の伝統」を捨てるか・・・ですよね。

まあ、あと50年も経てば、「頭のカタイ学者先生」たちも、この世にご存命かどうか分からないので、なるようになる・・・のかもしれませんが。


a0037706_1841246.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-09-06 18:41 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite