二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「中国産・・・どこまで避けられてるのか分からない」


半加工品というか半調理品というのか、水産物でやたら安価なものは、ちとコワイ。

最近も、行きつけのスーパーで「乾燥わかめ」を買おうと数種類を見比べて、「安いもの」をカゴに入れかけて、「原そう(藻)中国産」とパッケージに書いてあるのに気がついた。
で、「原そう(藻)国内産」とか、「原そう(藻)鳴門産」とか書いてあるのは、中国産よりずっと高い。

長生きしたいので(笑)、できるだけ「中国産」と表示してあるものには手を出さないようにしてるんだが、「BSE牛」と同じで、加工品・半調理品には、原産国を示さなくてもいいらしいので、消費者が個々に確実に判別するのは、不可能だと思う。

中国産ウナギ:ずさんな輸入検査 5機関が無作為抽出怠る
 〔毎日新聞 2006年9月3日〕
 中国産の加工ウナギを輸入する際に、食品衛生法で義務付けられている「命令検査」を担当する厚生労働省の登録検査機関の5法人が、サンプルを無作為抽出せずに検査していたことが分かった。中国産の加工ウナギは命令検査を通らないと国内での流通は認められない。厚労省は輸入食品の安全性確保に影響を与えかねないとして、5法人を行政指導した。
これって、「耐震強度偽装」と同じ構造じゃないのかい?

その問題の「5機関」とやらの名前を出しちゃいけないわけ?
どういうルートで、小売り店へ流れて行ってるかも、教えてもらいたいです。これは、マスコミの怠慢? それとも、どこかからの“口封じ”?

ちゃんと国民の健康と安全を守ってくださいよね。


a0037706_024173.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-09-04 00:03 | 外交・国際問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite