二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「26ドルの飲食代に1万ドルのチップ・・・」


ニコラス・ケイジ主演の『あなたに降る夢』では、当選番号がまだ分かっていない宝くじの賞金をチップとして「山分け」しようと、コーヒー・ショップのウェイトレスと約束したクソ真面目な警官が、200万ドルの賞金を本当に渡してしまうという話だったが(実話らしい)、こちらは、バーで26ドルの飲食代に、授業員の女性に1万ドルのチップを渡しちゃったオジさん(年齢不詳)の話。

食事代金3000円にチップ117万円、店員びっくり
 〔CNN.co.jp 2006.09.01〕
8年前からこの店で働いているキーナウさんによると、多額のチップをくれたのは、月に数度やってくる常連客。いつも、天気や世の中の出来事など世間話をする間柄だという。

「このお客さんは、支払い時に小切手でチップを払ってくれる。いつもなら小切手を裏返してテーブルに置くのに、この日は金額を書いた方を上にして、『これは冗談じゃないよ』と言って、渡してくれた」という。

キーナウさんは、「金額を見て、体が固まってしまった。何て言っていいか分からずにいると、お客さんは『何かすてきなものが買えるよね?』と声をかけてくれて、わたしも『もちろん』と答えた」と話している。
小切手でチップって・・・(^^; お金が余ってしょーがないのかなあ。

 ※後日談…この1万ドルのチップは、3700ドルの税金が差し引かれたとか。


a0037706_1433620.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-09-02 14:33 | その他もろもろ
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite