二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「憲法20条と政教分離・・・靖國参拝を考える」


読めば読むほど、わけが分からなくなってしまう条文ですよね。憲法20条って。

日本国憲法
第二十条【信教の自由、国の宗教活動の禁止】
1 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。
  いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を
  行使してはならない。
2 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを
  強制されない。
3 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もして
  はならない。
「1」の二つの内容は、分けた方が良くないかい?

まずは「信教の自由は保障する」と。
そうしたら、「2」の「何人も・・・強制されない」は、特別にわざわざ書き記さなくてもいいような気がしますよ。ただ、日本人の多くは「無宗教の(特定の宗教・宗派に属さない)」人が多いので、「私は仏教徒ですから、神社で参拝はしません」と主張することはほとんど無いかもしれませんが(あ、仏教はそんな堅苦しいことは言いませんかね。一神教の宗教は厳格ですが)



この条文を読む限りでは、総理大臣だろうと他のどんな肩書や地位・身分にある人だろうと、「信教の自由」は保障されていることになりますよね。小泉首相が「神道の崇拝者」だとは聞いたことがありませんが、このへんは日本人が“ええ加減”すぎるのが禍いしているような気が・・・きちんと洗礼を受けたクリスチャンなら、「拝礼・拍手」はしないかもしれませんけど。

そして、「2」で、「いかなる宗教団体も・・・」を入れて、政教分離を定める。
これも、もうずいぶん長いこと、「S教」が支持母体の「K明党」が与党で政治権力を握ってますから、本当は「憲法違反」だけど、実際には機能してないということですが(^^; (早く与党から追い出した方がいいですよね)

「3」がねえ・・・戦後の日本人のモラルを崩壊させた元凶だと思います。
もし、敗戦の時に、日本人が全部クリスチャンに改宗しちゃったら、GHQは、こんな“ありえねぇ”条文を押しつけたりはしなかったかもしれない・・・かな?

だって、「まともな国」では、いろいろと工夫して、「個人の信教の自由」を保障しつつ、公立学校などでも宗教教育をやってますしね。
「その他いかなる宗教活動も」って、具体的に何なの? 伝道・布教? 仏教経典の研究? 聖書の解説? それがはっきりしないから、給食の前に、児童・生徒に「合掌」スタイルで「いただきます」と言わせちゃいけない・・・とか、ヘンなことが起きてくるわけでしょ? 公共施設の工事で、地鎮祭の「玉串料」をどっから出すか、とかいうことでモメるんでしょ?

それよりなにより、「命を大切に」なんて、宗教でやらなきゃ、教えられないでしょ?
追悼・供養・鎮魂・慰霊・・・宗教でなきゃできないでしょ?

この、政治家の靖國参拝に関する問題をきっかけに、「宗教とはなんぞや?」ということを、深く考えなければならないと思いますよ、日本人は。

 ※参照ブログ
 ◆詛呪装置としての靖国神社
 ◆A級戦犯の合祀と靖国 呪詛装置としての靖国2
  〔ひろしこむ 出張Blog


a0037706_0141915.gif 「ブログランキング」
 
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-08-17 23:49 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite