二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「警備の皆さま、報道関係の皆さま、お疲れさま!」


「靖国参拝は是か否か」という二元論でしか議論されていないのですが、「はたして靖国(日本神道)が、近現代の国家のあり方と合致するのかどうか?」を論じてはいけないのでしょうか?

神道というのは、もともと“天皇”を最高神官として「祭政一致」を前提とする宗教ですから、それを“まな板”に乗せて「政教分離」をあれこれ言うことからして、矛盾じゃないのでしょうか?

飛び交う歓声、外国メディア懸念も 首相参拝の靖国神社
 〔アサヒコム 2006年8月15日〕
 この日は早朝から、参拝を見届けようと多くの人が詰めかけた。「英霊にこたえる会」などが配った日の丸を手にした人たちも。小泉首相が姿を見せると参拝者が押し寄せ、「万歳」の歓声が上がった。神社近くの路上では、靖国に合祀(ごうし)されている台湾の先住民の遺族らが、合祀の取り下げや首相の参拝反対を訴えて座り込みをした。
「分祀は理論的に不可能」と靖国関係者の方は説明されていますが、それもどうかと・・・死んだらみんな「デイダラボッチ」みたいな集合霊になっちゃって、もう一人ひとりの個性を持った「霊(魂)」として分離できないという論理は、どうにも原始的すぎるように思います。




「オカルトと議論することの不毛」
 〔5号館のつぶやき  2006-08-15〕
 普通の論理で考えるならば、人為的に合祀されたものならば、人為的に分祠することが可能なはずだと思いますから、当然にも合祀をご破算にして分祠してはどうかという意見が出てくるわけです。(抜粋)


野党の批判も、「なんのこっちゃ?」って感じですしね(^^;
野党各党が反発 首相の靖国神社参拝
 〔アサヒコム 2006年08月15日〕
 ・民主党の鳩山幹事長…「たつ鳥、後を濁しに濁して行くということで、無責任
                 極まりない愚行だ」
 ・共産党の志位委員長…「侵略戦争と植民地支配への反省の日を最後(の参拝
                 の日)に選んだのは、問題をさらに深刻にした」
 ・社民党の福島党首…「8月15日を、平和の誓いの日から再び国のために死ぬ
                誓いの日に変えようとしているのではないか」

・・・瑞穂さん、マジで言ってるんスか?(◎_◎)
志位さんも、「国益に反することをしてはいけない」とか言ってましたが、共産党が「国益」に言及するとは思いもよりませんでした。

中・韓の反応は相変わらずですが・・・なんで日本の大使を「呼びつける」ことができるんでしょうか?(日本のマスコミが勝手にそういう表現にしてるんでしょうが)
中韓反発、大使呼び抗議・小泉首相の靖国参拝
 〔日経新聞 2006年8月15日〕
 首相の過去5回の参拝時の対応に比べ、参拝の約30分後の声明発表は異例の早さといえる。(中国の)李肇星外相は現地時間の午前、宮本雄二駐中国日本大使を呼んで直接抗議した。

 声明は「意地を張って参拝することは国際正義への挑戦であり、人類の良識を踏みにじる」と首相の行動を非難。・・・・
ほ~お。宗教弾圧して人権無視の「臓器摘出」やってるのは、「人類の良識を踏みにじる」行為ではないと言うんでしょうか?


ところで、この記事の見出しにツッコミ入れたいんですが・・・
「飛び交う」と言えば「怒号」と「罵声」ではないのかなあ? 歓声は「(湧き)上がる」でしょう。記事本文の方には、ちゃんと『「万歳」の歓声が上がった』とありますし。


a0037706_1916141.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-08-15 19:18 | 外交・国際問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite