二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「戦争知らない 子供と孫たちさ~♪」


思わず吹き出してしまった・・・oneearthさんの「散歩道」のエントリーの文章に。

「日本は侵略戦争をしたの?」
「首相が靖国神社に参拝すると、なぜ問題になるの?」
朝日新聞が問題にしたから。
「侵略」と「責任」見据えて 親子で戦争を考える
 〔朝日新聞【社説】 2006年08月13日〕
 「日本は侵略戦争をしたの?」「A級戦犯って、なあに?」「首相が靖国神社に参拝すると、なぜ問題になるの?」

 子供に問われ、困っているお父さん、お母さんも多いことだろう。

 戦後61年の夏。今や親も子も戦争を直接には知らない。しかし、戦争の体験がないからこそ、わだかまりなく歴史を見つめることもできる。

 日本の敗戦で終わった、あの戦争は何だったのか。その責任は、だれにあるのか。いろいろな本を手がかりに、親子で語り合ってみてはどうか。
うちの父は昭和5年生まれですから、あと2~3年戦争が長引いていたら、私は生まれられなかったかもしれません。

戦地へは赴いていませんが、大阪城近くの砲兵工廠で働いていたので、一歩間違えば死んでたかもしれないような体験はしたらしいです・・・そういう話を聞いても、やっぱり実感としては分からないですね、その「恐怖感」は。くぐり抜けてきた人は(うちの父などは、半ば自慢げに語りますし)、想像するだに恐ろしい光景を、淡々と話しますし。

ただ、朝日新聞あたりの「反戦の御託」の欺瞞には、ツッコミを入れずにはいられないようです。だもんで(?)、実家はずーっと、産経新聞購読です(苦笑)


a0037706_22433493.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-08-13 22:43 | 外交・国際問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite