二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「ググる・・・日本の辞書には入ってる?」


日本でもすでに「市民権」を得ている(高年齢層はまだかな?)と思われる「ググる」(動詞)という言葉が、『ウェブスター辞書』に入ったそうです。

『ウェブスター辞書』は、万延元年に咸臨丸でアメリカに渡った福沢諭吉が、中浜万次郎(ジョン・万次郎)と購入して、初めて日本に「輸入した」英語辞書らしいですが、日本の『広辞苑』とか『大辞林』のようなものにあたるんでしょうか?

グーグル、ついに動詞で登場~ウェブスター辞書最新版
 〔U.S.FlontLine 2006年07月07日〕
 検索エンジン最大手の固有名称だったGoogleが、今秋発行されるメリアム・ウェブスター・カレッジ辞書の11版に小文字で始まる動詞「google」として加えられた。

 ロサンゼルス・タイムズによると、googleの定義は「ワールド・ワイド・ウェブで情報を得るために検索エンジンのグーグルを使うこと」。例文として「Let me google that.(グーグルしてみるね)」が挙げられている。
広く使われるようになった言葉でも、数年で忘れ去られてしまうのでは困るので、日本ではまず、『現代用語の基礎知識』や『イミダス』『知恵蔵』に入って、それから・・・という感じかもしれませんが、英語文化圏では、「google」というシステムの永続性が、すでに認知されたということなんでしょう。

 ※Googleとは?(Wikipediaより)
 ※『ウェブスター辞書』に関するアメリカン・ジョーク
  〔高知大学 杉谷隆研究室HP Joke Archives (Bilingual)〕
No. 0417 : Source/Copyright: Joke A Day (jokeaday@jokeaday.com)

Like a lot of husbands throughout history,Webster would sit down and try to talk to his wife. But as soon as he
would start to say something, his wife said, "And what's that supposed to mean?" Thus, Webster's Dictionary was born.


いつの時代の亭主族のご多分にもれず,ウェブスターも腰を落ち着けて妻に話しかけようと努力したものだった。だが彼が何か言うやいなや,妻が「で,何が言いたいわけよ?」 かくしてウェブスター辞書が生まれたのである。

Japanese version by T. Sugitani


a0037706_11274857.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-07-08 11:28 | その他もろもろ
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite