二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「どこまでも底意地の悪い国」


同じ民族なら厚遇するが、日本人には冷酷でいて平気・・・というような単純なことではないのだろうが、なんとも後味の良くない「感動の再会」である。

◇金英男さんと母姉再会 めぐみさん新情報焦点Excite エキサイト : 国際ニュース
横田めぐみさんの夫の可能性が高い韓国人拉致被害者の金英男(キムヨンナム)さん(44)が母の崔桂月(チェゲウォル)さん(78)、姉の金英子(キムヨンジャ)さん(48)と28日午後、北朝鮮の金剛山で28年ぶりに再会した。めぐみさんの娘キム・ヘギョンさん(本名・ウンギョン?・18)や、英男さんが再婚した妻パク・チュンファさん(31)とその間に生まれた息子チョルボン君(7つ)も同席した。
再会の崔さん「死んでもいい」 ヘギョンさん涙
 〔アサヒコム 2006年06月28日〕
 改めて英男さんが床に頭をつける朝鮮民族独特のお辞儀をした。続いてチュンファさんが「平壌の嫁です」とお辞儀。チョルボン君が自己紹介すると、桂月さんは「本当にお父さんにうり二つだ」。最後にヘギョンさんが「私のお辞儀を受けて下さい」と言って深々とひざまずいた。
 桂月さんはヘギョンさんたちを見つめて「かわいい娘と賢い息子。嫁もきれいだし。よく授かった」とほめた。


a0037706_1965794.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-06-28 19:07 | 外交・国際問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite