二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「本多勝一・・・今でも“威力”を持つ名前だった」


本多勝一」と聞いて思い出すのは、国語の教科書に載っていた『カナダ=エスキモー』の話か『日本語の作文技術』くらい。
わりとつい最近まで(苦笑)ドキュメンタリー作家かと思っていたくらいなので・・・昭和30年代生まれの私が・・・この“手”を使ってNHKの受信料を支払ってくれそうな相手というのは、50代以上で、若い頃にサヨク系の思想にかぶれた人だけじゃないのかな?
もちろん、集金業務にあたったスタッフもご同様でしょう(沖縄かぁ・・・)。

NHK:集金でウソ…「本多勝一さんも受信料払っている」
 〔毎日新聞 2006年6月23日〕Excite エキサイト : 社会ニュース
 NHK沖縄放送局営業部のスタッフが今年1月、受信料集金の際に「NHK受信料拒否の論理」の著書があるジャーナリスト、本多勝一さんの名前を持ち出して「本多さんはもう受信料を払っています」などと虚偽の説明をして、集金しようとしていたことが分かった。NHKは事実関係を認め、本多さんに文書で謝罪した。



・・・・
不審に思った視聴者が本多さんに連絡を取り、事実でないことが分かった。
・・・・
 本多さんは朝日新聞記者だった73年に著書を出版し、支払い拒否を公表した。本多さんが編集委員を務める「週刊金曜日」には数年前から、同様の問い合わせが複数あるという。本多さんは「そういう使われ方をするとは予想していなかったので、驚いた。私は受信料を支払わないとは言っていない。NHKが本当の公共放送であれば払う」と話している。
この「不審に思った視聴者」も、自分が受信料を払うべきかどうかを判断するためではなく、「本田さんが受信料を支払っている(転向した)のかどうか?」に、もっと関心があったんじゃないかと思いますね(苦笑)

それにしても、ご本人に直接訊いたんでしょうか? 勇気ありますね。


a0037706_22221781.gif 「ブログランキング」
 
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-06-24 22:19 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite